最近のミラーレス用交換レンズは、高性能化・大型化・高価格化が目立つ。最新のミラーレス用レンズは、一眼レフ時代のレンズと比べ、確実に画質が向上している。そのぶん、サイズは大きく、価格も高価だ。ここでは、キヤノン「RF28-70㎜ F2 L USM」とタムロン「28-75㎜F2.8Di Ⅲ RXD」を紹介する。

交換レンズの最新動向

最近のミラーレス用交換レンズは、高性能化・大型化・高価格化が目立つ

ミラーレスは、一眼レフよりも交換レンズの設計の自由度が高く、高性能なレンズが作りやすい。

例えば、ズームレンズなのに全域でF2という明るい開放F値を実現したキヤノンの「RF28-70㎜F2」は、一眼レフ用ではありえないスペック。このほか、最新のミラーレス用レンズは、一眼レフ時代のレンズと比べ、確実に画質が向上している。そのぶん、サイズは大きく、価格も高価だ。

●ズーム全域でF2を実現

キヤノン
RF28-70㎜ F2 L USM
実売価格例:41万4700円

画像: 最大径は103.8ミリ、全長は139.8ミリと大きい。重量も1430グラムある。

最大径は103.8ミリ、全長は139.8ミリと大きい。重量も1430グラムある。

そんな中、注目なのがレンズメーカーのタムロンだ。ソニー・α用の標準ズーム「28-75㎜F2.8Di Ⅲ RXD」は、ほぼ同スペックの純正レンズより軽量で、価格も相当リーズナブル。広角や望遠もシリーズ化されており、ミラーレスの入門用レンズとして最適の製品となっている。タムロンには今後、ソニー以外のメーカーの各種マウントにも対応してくれることを願いたい。

●レンズメーカー製はリーズナブル

タムロン
28-75㎜F2.8Di Ⅲ RXD
実売価格例:9万6250円

画像: 最大径73ミリ、全長117.8ミリ、重量550グラムと、比較的小型で軽量。ソニー・α用。

最大径73ミリ、全長117.8ミリ、重量550グラムと、比較的小型で軽量。ソニー・α用。

解説/岡田清孝(カメラマン)

※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.