私の診療所では、寒天を積極的に食べるように指導しています。寒天をとることで、患者さんたちの肥満が改善し、血圧や血糖値、コレステロール値も改善しているのです。寒天は、ほかの食材と併せてとるのもおすすめで、「酒かすゼリー」は画期的な摂取法です。血糖値が気になる人は、ぜひ食前にとってください。【解説】杤久保修(神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長・横浜市立大学名誉教授)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

杤久保修(とちくぼ・おさむ)
神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長。横浜市立大学特任教授・名誉教授。医学博士。日本高血圧学会功労会員。日本循環器病予防学会名誉会員。1968年、横浜市立大学医学部卒業。専門は予防医学、循環器病学、高血圧、医療情報システムなど。30年以上にわたり寒天療法の研究を続け、メタボ対策に活用している。

血圧や血糖値、体脂肪率が改善すると実験で判明

※酒かすをとってかゆみが出たり不調を感じたりした場合は、アルコールアレルギー、もしくは酵母アレルギーの可能性がありますので、摂取を控えてください。

私の診療所にはメタボ外来があり、寒天を積極的に食べるように指導しています。寒天をとることで、患者さんたちの肥満が改善し、血圧や血糖値、コレステロール値も改善しているのです。

では、なぜ寒天が、これらの症状に有効なのでしょうか。

その秘密は、寒天に含まれる豊富な食物繊維と、その独自の性質にあります。

食物繊維はメッシュ状の構造になっており、その網目に水分を保持することで、腸の中で多くの働きをします。寒天は、この網目が、ほかの食物繊維と比べて、非常に細かいのです。

そのため、寒天1gでなんと100g、つまり100倍もの水分を保持できます。この保水力は、食物繊維のなかでも群を抜いています。比較的構造の似ているコンニャクでも、せいぜい30倍程度です。

大量の水分を保持したまま胃に入ると、胃壁が刺激され、満腹感を得やすくなります。腸の中でも大幅な体積を占めるので膨満感も生まれ、食べ過ぎを防げます

このときの食物繊維は、ドロドロのゲル状になっています。ゲル状の食物繊維は、腸内での糖の吸収を遅らせて、血糖値の急上昇を抑制します

すると、膵臓から出るインスリン(血糖値を調節するホルモン)の過剰分泌を抑えて、膵臓の機能を守ることができます。これが結果的に、糖尿病の改善につながるのです。

寒天は、高血圧や脂質異常症の予防・改善にも役立ちます。

内臓脂肪が増えると、そこからアディポサイトカインという物質が大量に分泌されて、動脈硬化が進行。高血圧や脂質異常症の発症リスクが高まります。

寒天は、その内臓脂肪を減らす働きがあるので、血圧やコレステロール値も下がるというわけです。当然、内臓脂肪が減れば、肥満も改善されます

私は、30年以上にわたり、医学的見地から寒天の研究を続けています。2004年には、生活習慣病予防における寒天の有効性を検証するために、次のような臨床実験を行いました。

まず、76名の糖尿病患者さんを、二つのグループに分けました。

そして、Aグループには従来の食事療法を実践してもらい、Bグループには従来の食事療法に加え、毎日夕食前に200g弱の寒天(粉末寒天で2g相当)を摂取してもらい、3ヵ月後の変化を調べました。なお、どちらのグループも、摂取カロリー(エネルギー)は同じです。

その結果、寒天を食べていたBグループは、Aグループよりも、血圧、血糖値、コレステロール値、体脂肪率のすべてにおいて、数値が改善されました。寒天が、前述のような働きをすることが、まさにこの実験で証明されたのです。

厚生労働省の調査では、近年、日本人の食物繊維不足が指摘されています。1日当たりの食物繊維の目標摂取量は、成人男性が20g以上、成人女性が18g以上です。しかし、どの世代においても、推定される平均摂取量は、15g以下なのです。

食物繊維たっぷりの寒天は、確かな健康効果が実証されているので、ぜひ多くの人に、積極的にとってほしいと思います。

カロリーが低いのに満腹感が得られる!

寒天は無味無臭なので、どんな食材とも好相性です。

そして、寒天は、ほかの食材と併せてとることで、前述のゲル状の食物繊維の働きにより、その消化・吸収が緩やかになります。これにより、胃腸の負担が減るほか、血糖値の急上昇を抑えられます。

さらに、栄養豊富な酒かすと組み合わせて作る「酒かすゼリー」は、画期的な摂取法です。

酒かすは、アミノ酸が多く含まれているほか、ビタミンB群ミネラルなども豊富です。さらに、水溶性食物繊維レジスタントプロテイン(難消化性たんぱく質)も豊富なため、腸内環境を劇的に変える手助けとなるでしょう。

酒かすゼリーは、無糖の場合、夕食前に180~200gくらいとるのがお勧めです。

日本人は、1日のうち、夕食のカロリーが最も多くなりがちです。その点、酒かすゼリーはカロリーが低いうえ、満腹感も得られるので、夕食のカロリー制限がしやすくなります。

無糖の酒かすゼリーの場合、基本、何gとっても問題ありません。血糖値が気になる人は、ぜひ食前にとってください。

なお、甘みを加えた酒かすゼリーの場合、健康な人なら、1日100g以下を食後にとる分には問題ないでしょう。

寒天には、粉寒天や棒寒天、糸寒天などの種類がありますが、酒かすゼリーを作る際には、どれを用いてもけっこうです。

ただし、寒天はゼリー化することが重要です。例えば、水分に粉寒天を入れて混ぜて飲んでも、食物繊維の働きは享受できませんので、ご注意ください。

画像: どんな寒天を使ってもOK!

どんな寒天を使ってもOK!

画像: この記事は『壮快』2019年11月号に掲載されています。

この記事は『壮快』2019年11月号に掲載されています。

This article is a sponsored article by
''.