本稿から毎月、私が観た4K/8K番組のインプレッションをお届けするが、今回はその序章として、放送開始からずうっと4K/8Kを見続けてきた私が、これまで感動した番組を4Kと8Kで、ひとつ挙げよう。

執筆者のプロフィール

麻倉怜士(あさくら・れいじ)

デジタルメディア評論家、ジャーナリスト。津田塾大学講師(音楽理論)、日本画質学会副会長。岡山県岡山市出身。1973年、横浜市立大学卒業。日本経済新聞社を経てプレジデント社に入社。『プレジデント』副編集長、『ノートブックパソコン研究』編集長を務める。1991年よりオーディオ・ビジュアルおよびデジタル・メディア評論家として独立。高音質ジャズレーベル「ウルトラアートレコード」を主宰。
▼麻倉怜士(Wikipedia)
▼@ReijiAsakura(Twitter)
▼ウルトラアートレコード(レーベル)

新4K8K衛星放送は画質追求の頂点

新4K8K衛星放送は、私が長年、夢に描いていた高画質放送だ。特選街の読者歴の長い方なら、私のことをよく知っていると思うが、私は1980年から特選街の原稿を書いている。

当初は家庭用ビデオで、どこのメーカーの製品の画質が良いか、という評価記事に始まって、レーザーディスク、テレビ、カムコーダー、CDプレーヤー……などのAV機器の性能のテスト記事を、山ほど書いた。そこでは、常に画質が良い機器、音質が良い機器が勝つ。いつの時代も、よりハイクオリティを求めてAV機器は進んできたのである。

その意味で、新4K8K衛星放送はまさに画質追求の頂点。クオリティコンシャスで突き進んできた私が、注目しないわけはない。昨年11月に、右旋も左旋も受けられる、2/4/8K・CS100度放送対応アンテナ設置を完了し、シャープの80インチ・8K液晶テレビを導入した。12月1日の放送開始日当日から、4Kレコーダーで4K番組を、8Kテレビ接続のHDDで8K番組を全録(?)している。

やはり、中心はNHKだ。左旋アンテナのBS8Kは午前10時から午後10時10分まで、毎日、12時間10分、8K番組を放送。すべて地デジ・BSなど2Kとの一体制作ではなく、ピュア8Kだ。

右旋のBS4Kは、午前6時から夜0時までの一日18時間にわたり、原則として全て4K画質番組。NHKはいかに高画質に力を入れているかが分かる。月曜から金曜は分野別の編成。内容は総合など2Kメディアとの一体制作(4K制作)番組だ。

週末は、4Kオリジナル番組を充実。さらに、大河ドラマなどのスペシャル番組を2Kよりも前に先行放送する。民放は2Kからのアップコンバートがほとんどで、ピュアな4K番組はレアだ、丹念に観ると傑作もある。

それらを片っ端からみていくと、自然、紀行、ドラマ、映画、音楽、ニュース、通販……と、およそすべての分野で、ハイレゾ映像の御利益はとても濃いことが分かる。これまで体験したこともない高画質、臨場感、そして限りない本物感……を、深く感じるのである。

画像: 写真/ステレオサウンドオンライン提供

写真/ステレオサウンドオンライン提供

4K/8K番組のインプレッション

「第三の男」(4K)

本稿から毎月、私が観た4K/8K番組のインプレッションをお届けするが、今回はその序章として、放送開始からずうっと4K/8Kを見続けてきた私が、これまで感動した番組を4Kと8Kで、ひとつ挙げよう。

それが、映画だ。4K/8Kは映画にとても合う。なぜならば、映画フィルムに含まれる、もともとの映像情報量が非常に多いからだ。これまでの4K映画では、7月20日に放映された、キャロル・リード監督の 1949年製作、「第三の男」(7月20日放映)が特に印象的だった。

「第三の男」は、第二次世界大戦後の廃墟と化したウィーン地下の下水迷路を舞台にしたサスペンス映画の名作だ。当時のウィーンの暗黒をドラマティックに描くこの白黒映画は、4Kの表現性とはこれほどのものか、を堪能させてくれた。

映画が始まって一時間以上経って、交通事故で死んだはずの闇社会の大物、ハリーが初めて、姿を見せる、この有名な場面は、まさに4Kの威力全開だ。強烈な光に当たってハリーが突然登場。回りの暗部と顔の明部の対比こそ、白黒の醍醐味。4Kは、強靭なコントラストと繊細な階調感で、ドラマティックなシーンを見事に活写し、光と影に大胆に分割された、白黒映像だからこそのサスペンスを醸しだしている。

画像1: 【麻倉怜士の4K8K感動探訪①】映画「第三の男」と「2001年宇宙の旅」深掘りインプレッション!
第三の男
4Kデジタル修復版 [Blu-ray]
▼初の4K修復マスター! 映画オールタイム・ベストに常に名を連ねる映画史上の傑作!▼陰影深い映像による緊迫感溢れる大詰めの追跡劇! 映画史上に輝く傑作! イギリス映画の名匠キャロル・リードの代表作。▼俳優としてのオーソン・ウェルズの代表作。「ボルジア家統治下30年の戦争はルネサンスを生んだが、スイス500年の平和が生んだのは鳩時計さ」は彼の演じるハリーの名セリフ。▼アントン・カラスのチターだけの音楽も誰もが知っている映画音楽の定番。(Amazon)

「2001年宇宙の旅」(8K)

8Kでは、本放送開始日の2018年12月1日に放送されたスタンリー・キューブリック監督の68年制作のSF映画の金字塔、「2001年宇宙の旅」が最高だった。これまで劇場、レーザーディスク、DVD、BD……と、すべてのメディアで「2001年~」を観てきたが、8Kの2001年は、圧倒的だった。

それは、紛れもなく8K制作の成果だ。著作権を保有するワーナー・ブラザース(ハリウッド)は、キューブリック監督がフィルムに込めた思いを、引かず、足さず、そのまま8Kに移植するため、細心の注意を払った。世界にひとつしかないオリジナルの65ミリ・ネガフィルムからヒトコマずつ8Kにスキャン。8Kでの修復は、4Kより細かなキズが認識できるので、綿密な作業が必要だ。8Kグレーディング(色編集)も作品の意図を活かすため、あえて現代風のハイ・ダイナミックレンジにせず、従来の輝度、色空間で行った。監督がデザイン、色彩、質感……あらゆる部分に出した指示とはこれなのか、と8Kを観て眼を見張った。

画像: 2001年宇宙の旅 (c)Turner Entertainment Company

2001年宇宙の旅 (c)Turner Entertainment Company

宇宙船表面の凸凹のディテール感の生々しさ、内部造作の細やかさ、時空移動のスターゲイトの不気味な色彩感、遠近法での吸い込まれ感……など、これぞ本当の「2001年~」を体験。65ミリフィルムに込めたキューブリック監督の思いは、これほど深いものであったかが、神が宿るディテールの集合から初めて分かった。

4K/8Kは素晴らしい。これから月イチで、感動した4K/8K番組を深掘りしよう。

画像2: 【麻倉怜士の4K8K感動探訪①】映画「第三の男」と「2001年宇宙の旅」深掘りインプレッション!
2001年宇宙の旅
4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター
※8K対応ではありません
▼『2001年宇宙の旅』製作50周年記念!▼4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター ブルーレイ発売!▼初! 日本語吹替収録! ▼50年前、1つの映画が全ての映画を変えた。▼“比類なき完成度。壮烈なる演出。全てのSF映画の中で最も美しく衝撃的、そして偉大な作品。▼" -Danny Peary, ALTERNATE OSCARS(R)(Amazon)

文◆麻倉怜士(デジタルメディア評論家)

This article is a sponsored article by
''.