乗るだけで測れる体組成計としては国内で初めて「脈拍測定機能」を搭載しているから、体組成と脈拍の両方を把握することで、より総合的な体調管理を行える。また、専用スマホアプリ「ヘルスプラネット」には、筋肉量と筋質点数を組み合わせて筋肉の総合評価をする新機能も追加された。

タニタ
インナースキャンデュアル RD-910/911

●実売価格:RD-910=2万1800円程度、RD-911=2万7300円程度

タニタは、デュアル周波数計測技術を採用したハイスペック体組成計「インナースキャンデュアル」の新製品として、「RD-910」と「同911」を発売した。ともに、乗るだけで測れる体組成計としては国内で初めて「脈拍測定機能」を搭載。体組成と脈拍の両方を把握することで、より総合的な体調管理を行える。

画像: タニタ インナースキャンデュアル RD-910/911

また、専用スマホアプリ「ヘルスプラネット」には、筋肉量と筋質点数を組み合わせて筋肉の総合評価をする新機能も追加された。計測項目は、「910」が8で、「911」が11。計測結果では、標準値と比較した判定も行ってくれる。

●問い合わせ先:タニタ 0570-099655

※この記事は『特選街』2020年2月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.