この製品は、インターネット上の翻訳エンジンを使う「オンライン翻訳」と内蔵エンジンを使う「オフライン翻訳」の両方に対応しているのが特徴だ。電波の届かない場所でも有効活用できる。使い方もわかりやすく、会話ボタンを押して本体に話しかけるだけ。通信方法は、無線LANとモバイルデータ通信から選択できる。

キングジム
ワールドスピーク HYP10

●価格:本体=2万8600円、グローバル対応SIM付き(1GB)=3万9600円、グローバル対応SIM付き(3GB=5万6100円、国内専用SIM付き(2年間通信使い放題)=6万1600円

キングジムが、ポータブル翻訳機「ワールドスピーク HYP10」を発売した。インターネット上の翻訳エンジンを使う「オンライン翻訳」と内蔵エンジンを使う「オフライン翻訳」の両方に対応しているのが特徴で、電波の届かない場所でも有効活用できる。

画像1: キングジム ワールドスピーク HYP10

使い方もわかりやすく、会話ボタンを押して本体に話しかけるだけ。音声翻訳に加え、画面にも表示してくれるから、視覚的にも確認可能だ。対応言語は、「オンライン翻訳」が155種類で、「オフライン翻訳」が17種類。

画像2: キングジム ワールドスピーク HYP10

なお、通信方法は、無線LANとモバイルデータ通信から選択できる。

●問い合わせ先:キングジム 0120-79-8107

※この記事は『特選街』2020年2月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.