「留守電」機能は、月額330円程度の有料オプションで、利用するにはキャリアとの契約が必要となる。「伝言メモ」は端末内にメッセージを保存する簡易留守電機能で、無料で利用可能。ここでは、Galaxy S10を使って解説する。

疑問と悩み 電話編
留守電や伝言メモを使うにはどうすればいい?

まず、「留守電」機能は、月額330円程度の有料オプション(※)であり、利用するにはキャリアとの契約が必要となる。
契約さえ済めば、伝言再生は「1417」といった具合に、規定の番号に発信することで留守電を確認できる。

一方、「伝言メモ」は端末内にメッセージを保存する簡易留守電機能で、無料で利用可能(※)。

設定方法は端末によって異なるが、電話アプリの設定から行える場合がほとんどだ。

画像1: 留守電と伝言メモの違いは?Androidでの設定方法は?

伝言メモ機能の利用方法(Galaxy S10の場合)

画像2: 留守電と伝言メモの違いは?Androidでの設定方法は?

Galaxy S10の場合、伝言メモ機能は電話アプリの「通話設定」にある「伝言メモ設定」から利用できる。

画像3: 留守電と伝言メモの違いは?Androidでの設定方法は?

伝言メモ機能からは自動応答の有無や応答時間の設定のほか、録音メッセージの再生も行える。

◆解説/篠原義夫(ガジェットライター)
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.