留守電と伝言メモの違いは?Androidでの設定方法は?

Android

「留守電」機能は、月額330円程度の有料オプションで、利用するにはキャリアとの契約が必要となる。「伝言メモ」は端末内にメッセージを保存する簡易留守電機能で、無料で利用可能。ここでは、Galaxy S10を使って解説する。

疑問と悩み 電話編
留守電や伝言メモを使うにはどうすればいい?

まず、「留守電」機能は、月額330円程度の有料オプション(※)であり、利用するにはキャリアとの契約が必要となる。
契約さえ済めば、伝言再生は「1417」といった具合に、規定の番号に発信することで留守電を確認できる。

一方、「伝言メモ」は端末内にメッセージを保存する簡易留守電機能で、無料で利用可能(※)。

設定方法は端末によって異なるが、電話アプリの設定から行える場合がほとんどだ。

伝言メモ機能の利用方法(Galaxy S10の場合)

Galaxy S10の場合、伝言メモ機能は電話アプリの「通話設定」にある「伝言メモ設定」から利用できる。

伝言メモ機能からは自動応答の有無や応答時間の設定のほか、録音メッセージの再生も行える。

◆解説/篠原義夫(ガジェットライター)
※価格は記事作成時のものです。

Androidスマホ知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース