Wi-Fiルーターの設置に関して、トラブル解消に役立つ情報。設置にふさわしくないのは、下向きの電波が人のいないところに放射されてしまう1階の床や、電波の大半が屋外に放射される戸外に面した壁、熱がこもりやすい戸棚の中、電波が遮断されやすいスチール棚など金属板の近く、水滴・湿度による故障を招きやすい水回りの近く、ほかの機器の電波の影響を受けやすい電子レンジやコードレス電話の近くだ。

Wi–Fiのトラブル解消 Q&A
Wi–Fiルーターは家の中のどんな場所に置いたらいい?

Wi-Fiルーターの電波は、Wi-Fiルーターを中心に球状に出ていると考えていい。そのため、設置場所はWi-Fiを使うエリアの中央に設置するのが正解。2階建て家屋の1階に設置するなら、家屋中央の部屋で天井近くに設置するのが理想となる。

Wi-Fiルーターの設置にふさわしくない場所というのもある。下向きの電波が人のいないところに放射されてしまう1階の床や、電波の大半が屋外に放射される戸外に面した壁、熱がこもりやすい戸棚の中、電波が遮断されやすいスチール棚など金属板の近く、水滴・湿度による故障を招きやすい水回りの近く、ほかの機器の電波の影響を受けやすい電子レンジやコードレス電話の近くなどは、トラブル防止、安定した電波確保のため避けたほうがいい。

Wi-Fiルーターはこんな場所が苦手

画像: 最適な場所を探すより、 苦手な場所を避けることを優先する と、自然と設置場所は決まってくる。

最適な場所を探すより、苦手な場所を避けることを優先すると、自然と設置場所は決まってくる。

Wi–Fiのトラブル解消 Q&A
家の中でWi–Fiの電波が届きにくい部屋があるのだが

Wi-Fiの電波は、Wi-Fiルーターから距離が離れるほど電波の力が弱くなり、データ通信の速度も遅くなる。また、障害物が多いほど電波が弱くなる。そのため、広い家屋では、どうしてもWi-Fiがつながりにくいエリアが発生してしまう。

Wi-Fiルーターの設置場所を工夫することで、つながらない場所をなくすこともできるだろうが、より確実な方法として「Wi-Fi中継機」を使う方法がある。

中継機は、Wi-Fiルーターや端末からの電波を受信し、出力を上げて再送信する機器で、Wi-FiルーターとWi-Fiがつながりにくい場所の中間に置くことで、家中にWi-Fiを行き渡らせることできる。すでに、Wi-Fiルーターを設置済みの場合は、どのメーカーのWi-Fiルーターとも組み合わせられる汎用の中継機を導入するといい。

中継機を使って電波を届けよう

画像: Wi─Fiルーターと、電波がつながりにくい場所の中間に 中継機を設置 する。

Wi─Fiルーターと、電波がつながりにくい場所の中間に中継機を設置する。

◆解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.