この記事では、ワークマンの人気商品を実際に購入して使用した感想をレポートしていきます。今回は、荷物をたっぷり収納できる「ZB7000 BlueB(ブルービー)デニムトートバッグ」をレビュー。トートバッグの選び方、同商品の基本情報、実際に着てみた個人的な感想や評価もまとめました。ぜひ参考にしてみてください。(ワークマン調査隊17)

評価者のプロフィール

画像: 評価者のプロフィール

2児の母として子育てに励むライターママ。生活を快適にするグッズ、おしゃれな最新商品に常に目を光らせている。子どもの頃から釣りが好きで、アウトドア系の商品もリサーチ中。物欲を抑えるためにものすごいパワーを使っている。

トートバッグの選び方

サイズと生地に注目してみて!

ビジネスシーンからプライベートまで、幅広いシチュエーションで使用できる“トートバッグ”。容量の大きいバッグが多く、子育て中の私も日ごろから愛用しています。でも“トートバッグ”って機能性を重視したものや“デザイン”に力を入れてるものまで種類がいっぱいで、どれを選べばいいのかわかりません。そこで今回は、簡単な“トートバッグ”の選び方をまとめてみました。自分好みのアイテムを探す時の参考にしてみてください。

トートバッグ選びでまず注目したいのが“サイズ感”。バッグの大きさがそのまま容量に繋がるため、最初にサイズをイメージしておけばセレクトの幅を絞ることができます。サイズを決める時には、バッグを使うシチュエーションを想定するのがコツ。例えばビジネスシーンで使うなら、「書類」や「ノートパソコン」を収納できるかを目安にするといいでしょう。普段持ち歩くもので、1番大きなアイテムを入れても容量に余裕があれば安心と言えそうですね。

サイズの大きいトートバッグは存在感があるのでデザイン性にも注意が必要。逆にコーディネートの一部として活用すれば、ワンランクアップしたファッションスタイルが楽しめます。「どれも可愛くてなかなか決められないよ」と悩んだ場合は、バッグの“生地”で選ぶのがおすすめ。ちなみにプライベート用には布性のバッグをセレクトすると、全体的にカジュアルな印象に仕上がりますよ。

特に生地が丈夫な“デニム”を採用したトートバッグは、“性能”と“デザイン”共に優れたファッションアイテム。カジュアルな服装ともマッチして気軽に持ち運べます。サイズ選びに失敗しなければ、あらゆるシーンで活躍するはず。

今回ワークマンで発見した「ZB7000 BlueB(ブルービー)デニムトートバッグ」は、旅行や仕事用にも使える大容量の鞄です。ペンキ風のペイントが施されたデザインが、多くの人気を集めている模様。さっそく使い心地をチェックしていきます。

画像: サイズと生地に注目してみて!

「ZB7000 BlueB(ブルービー)デニムトートバッグ」を買ってみた

「ZB7000 BlueB(ブルービー)デニムトートバッグ」の価格

バッグのサイズは34(高さ)×51(横幅)×15cm(奥行き)くらいでやや大きめ。「ペイント」と「ブリーチ」の2パターンがあるので、好みに合ったカラーをチョイスしましょう。お値段は2900円(税込)と、思っていたよりも低価格でした。

画像: store.workman.co.jp
store.workman.co.jp

「ZB7000 BlueB(ブルービー)デニムトートバッグ」の特徴

同商品最大の特徴はやはりバッグの容量です。書類やノートパソコンといったビジネス関連の荷物はもちろん、着替えやタオルなどのお出かけセットもたっぷりと収納可能。バッグの表と裏でデザインが違っていて、気分に合わせたファッションスタイルが楽しめます。

画像1: 「ZB7000 BlueB(ブルービー)デニムトートバッグ」の特徴
画像2: 「ZB7000 BlueB(ブルービー)デニムトートバッグ」の特徴

バッグには“内ポケット”や“脇ポケット”がついており、小物の出し入れがラクチン。例えば奥行きが深い“内ポケット”は、スマホや財布の収納に便利です。収納スペースが2つあるので“スマホ用”と“財布用”などの使い分けもOK。

画像3: 「ZB7000 BlueB(ブルービー)デニムトートバッグ」の特徴

バッグの脇についたポケットも、スマホやハンドタオルの収納に便利。特に“ポケットティッシュ”や“ハンドタオル”といった小物をすぐに取り出せるのがありがたいですね。

画像4: 「ZB7000 BlueB(ブルービー)デニムトートバッグ」の特徴

「ZB7000 BlueB(ブルービー)デニムトートバッグ」のフリーサイズを使ってみた

フリーサイズだから157cmの私にもピッタリ

それでは実際の使い心地をチェックしていきます。持ち手が長めになっているおかげで、肩掛けしている時の違和感はほとんどナシ。あらゆるコーディネートに馴染むデニム生地なので、服装との組み合わせには悩まなくて済みそうです。“可愛らしさ”を演出してくれるペンキ風のペイントもGOOD。バッグの存在感が全体の印象をカジュアルにまとめてくれます。

画像1: フリーサイズだから157cmの私にもピッタリ

試しに普段持ち歩いているアイテムを収納して、バッグの容量を確認してみました。財布やスマホの他、折りたたみ傘、タブレット端末といった大きなアイテムを入れてもまだまだ余裕…。これならオムツ、お菓子、お尻拭きなどの子ども用の荷物もしっかり収納できますね。マザーズバッグをお探しの人は試す価値ありかも?

画像2: フリーサイズだから157cmの私にもピッタリ

取り出し口にはファスナーがついていて、中身を見られる心配はありません。内ポケットのおかげで財布やスマホの取り出しも簡単です。大容量のサイズ感を活かして、着替えや雨具をしまう旅行カバンにしても良さそう。

画像3: フリーサイズだから157cmの私にもピッタリ

実際に購入した人からは「なんといってもデザインがいい! 内側にもストライプ生地が使われていておしゃれですよ」「荷物がたっぷり入ってありがたい。コーディネートを選らばず気軽に使えるのも気に入ってる」といった声が上がっています。

【ワークマン調査隊⑰】
購入レビューまとめ

カジュアルなデザインで使いやすいトートバッグ!

画像: 身長157cm、体重55kgの女性が持つとこんなバランス感

身長157cm、体重55kgの女性が持つとこんなバランス感

デニムを使ったグッズはカジュアルなデザインが多く、1つは持っておきたいファッションアイテム。今回ピックアップした「ZB7000 BlueB(ブルービー)デニムトートバッグ」は、使いやすさとデザイン性に優れた万能アイテムでした。

普段使いに限らず“旅行用”や“マザーズバッグ”としても活躍するワークマンのデニムバッグを、ぜひ試してみてくださいね。

画像: 【ワークマン調査隊】BlueB デニムトートバッグは荷物多めの女子におすすめ!マザーズバッグにも使える大容量トート
ZB7000
BlueB(ブルービー)
デニムトートバッグ
▼上部ファスナー▼幅広マチ付き▼小物収納に便利な内ポケット▼脇ポケット

◆文・撮影=井上琴美(編集ライター)
※価格や情報は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.