機種選びは、メモリーの搭載量、CPU、ディスプレイ、ストレージ、サイズなどのスペックをよく検討しよう。ここでは目的別のおすすめ機も紹介するので参考にしてほしい。

パソコンが買いたい。何に注目すればいい?

まずは、スペックに注目しよう。中でも、メモリーの搭載量が目安となる。8Gバイト以上あれば、CPUやストレージなどもそれに見合う構成となっていることが多く、極端な性能不足に悩まされることはないはずだ。

さらに、CPUはインテルの第10世代Core iかAMDのRyzenシリーズを選択。あとは用途に応じて、ディスプレイやストレージ、サイズなどをよく検討しよう。以下では、条件に合った目的別のおすすめ機を紹介していこう。

●主要スペックはここに注意

メモリー
快適な動作には8Gバイト以上が必須。4Gバイト以下は避けたい。メモリーが増設可能なパソコンなら、後から追加する手もある。

CPU
性能面を重視するならインテルのCore iシリーズが手堅い。AMDのRyzenシリーズも人気。価格優先ならCeleronになるが、性能は劣る。

ストレージ
特段の事情がない限り、高速アクセスを誇るSSD一択。録画重視など、大容量優先で速度はある程度妥協できるなら、HDDを選ぶのも手だ。

ディスプレイ
一般的な用途なら解像度はフルHDで十分。画質にこだわったり、クリエイティブな作業に使ったりするなら、4Kディスプレイも検討したい。

目的別おすすめ機種
とにかくコスパ充実の万能ノートパソコン

日本HP
15-da2000
ベーシックプラスモデルG2
実売価格例:11万9680円

画像1: 目的別おすすめ機種 とにかくコスパ充実の万能ノートパソコン
画像1: 【Windows10パソコンの選び方】まずはスペックに注目!目的別におすすめ10機を厳選
日本HP
ノートPC
15-da2000
▼OS:Windows10Home64▼CP:インテル Core i5-10210U▼メモリ:8GB ▼ストレージ:256GB SSD(PCIe NVMe M.2)▼オプティカルドライブ:DVDライター▼Web カメラ:HP TrueVision HD Webcam (約92万画素)(Amazon)

ちょうどいいA4スタンダードモデル
第10世代のCore i3プロセッサーを搭載した15.6型ノート。DVDドライブのほか、有線LAN端子や、全3基のUSB端子を備えるなど、機能面もソツがない。ストレージは256GバイトのSSDを搭載し、体感速度も良好だ。

CPUCore i3-10110U
メモリー8GB
ストレージ256GB SSD
ディスプレイ15.6型 1920ドット×1080ドット
幅377㎜×奥行き247㎜×高さ23.0㎜・2.0㎏

マウスコンピューター
mouse X4-B
実売価格例:11万1980円

画像2: 目的別おすすめ機種 とにかくコスパ充実の万能ノートパソコン
画像2: 【Windows10パソコンの選び方】まずはスペックに注目!目的別におすすめ10機を厳選
マウスコンピューター
ノートパソコン
mouse X4-B
▼マグネシウム合金採用で薄く・軽く・丈夫!赤をアクセントカラーにしたナローベゼルデザインの14型フルHD(1920x1080)ノングレア液晶ノート(Amazon)
CPURyzen 5 3500U
メモリー8GB
ストレージ256GB SSD
ディスプレイ14型 1920ドット×1080ドット
幅320.2㎜×奥行き214.5㎜×高さ17.5㎜・1.13㎏

マウスらしい高コスパモデル
第2世代のRyzen 5プロセッサー搭載の14型ノート。1.13キロの軽量筐体ながら、バッテリーのもちは最大9.4時間と健闘している。グラフィック機能に描画性能の高いRadeon Vega 8を採用している点も魅力だ。

目的別おすすめ機種
家族も個人もしっかり使えるデスクトップ

日本HP
All-in-One 24-f0051jp
スタンダードモデルG2
実売価格例:14万6080円

画像1: 目的別おすすめ機種 家族も個人もしっかり使えるデスクトップ
画像3: 【Windows10パソコンの選び方】まずはスペックに注目!目的別におすすめ10機を厳選
日本HP
液晶一体型 デスクトップパソコン
All-in-One 24
▼プロセッサー: インテル Core i7-9700T プロセッサー (2.00GHz-4.30GHz, インテルスマートキャッシュ12MB, 8コア/ 8スレッド)▼メモリ: 8GB (8GB×1) DDR4-2666Hz (最大16GB) ストレージ: 256GB M.2 SSD (PCIe NVMe) + 2TB ハードドライブ (SATA, 5400回転)(Amazon)
CPUCore i5-9400T
メモリー8GB
ストレージ128GB SSD + 2TB HDD
ディスプレイ23.8型 1920ドット×1080ドット
幅540㎜×奥行き201㎜×高さ419㎜・5.92㎏

デザインも性能も二重丸な優等生
奥行き20.1センチのスリム筐体を実現したオールインワンデスクトップ。ディスプレイにはタッチスクリーン対応の23.8型IPSパネルを採用。DVDドライブや全4基のUSB端子を備えるなど、機能面も申し分ない。


レノボ
ideaCentre A540
(F0EM000CJP)
実売価格例:10万914円

画像2: 目的別おすすめ機種 家族も個人もしっかり使えるデスクトップ
画像4: 【Windows10パソコンの選び方】まずはスペックに注目!目的別におすすめ10機を厳選
レノボ
オールインワンパソコン
ideaCentre A540
▼自然をテーマにして、ヒノキの木をイメージにしたバランスのとれたデザインを採用しています。 快適に利用できるパフォーマンスですので、オールインワンPCとして家庭での利用に最適です。(楽天)
CPURyzen 5 3400GE
メモリー8GB
ストレージ512GB SSD
ディスプレイ23.8型 1920ドット×1080ドット
幅541㎜×奥行き185㎜×高さ433㎜・7.3㎏

非対称のスタンドが秀逸
「ヒノキの木」をイメージしたデザインを採用した23.8型オールインワン。奥行きはわずか18.5センチとスリムさも際立っている。さらに、JBLスピーカーとウーハーを備え、高品質サウンドを満喫することができる。

目的別おすすめ機種
趣味でも仕事でもバリバリ使えるスリムノート

デル
New XPS 13プラチナ
実売価格例:17万4222円

画像1: 目的別おすすめ機種 趣味でも仕事でもバリバリ使えるスリムノート
画像5: 【Windows10パソコンの選び方】まずはスペックに注目!目的別におすすめ10機を厳選
Dell
ノートパソコン
New XPS 13
▼ブランド XPS7390▼Display Size 13.3 インチ▼プロセッサ数 4▼Memory Size 16 GB▼音声コマンド Microphone, Keyboard(Amazon)
CPUCore i7-1065G7
メモリー16GB
ストレージ512GB SSD
ディスプレイ13.4型 1920ドット×1200ドット
幅296㎜×奥行き199㎜×高さ14.8㎜・1.2㎏

超狭額縁のスタイリッシュノート
4辺フレームレスの狭額縁ディスプレイを採用した13.4型ノート。第10世代のCore i7、16Gバイトのメモリーを備えるなど、スペック面も盤石だ。さらに、指紋と顔の二つの生体認証に対応する点も、使い勝手がいい。


ASUS
X545FA-BQ140T
実売価格例:10万9800円

画像2: 目的別おすすめ機種 趣味でも仕事でもバリバリ使えるスリムノート
画像6: 【Windows10パソコンの選び方】まずはスペックに注目!目的別におすすめ10機を厳選
ASUS
ノートパソコン
X545FA-BQ140T
▼OS:Windows 10 Home 64ビット/Office:Office あり▼CPU:インテル Core i7-10510Uプロセッサー/ メモリ:8GB SSD:512GB (PCI Express 3.0 x2接続)/ インテル UHD グラフィックス(Amazon)
CPUCore i7-10510U
メモリー8GB
ストレージ512GB SSD
ディスプレイ15.6型 1920ドット×1080ドット
幅360.2㎜×奥行き234.8㎜×高さ23.0㎜・1.9㎏

性能&機能ともにスキのない一台
広視野角のフルHDディスプレイを採用したA4ノート。第10世代のCore i7を筆頭に、8Gバイトのメモリー、512GバイトのSSDなど、性能面も文句なし。DVDドライブや指紋認証機能を備える点も便利だ。

目的別おすすめ機種
外出先でもサクサク動くハイスペックモバイル

NEC
LAVIE Note Mobile
NM750/RA
実売価格例:17万5780円

画像1: 目的別おすすめ機種 外出先でもサクサク動くハイスペックモバイル
画像7: 【Windows10パソコンの選び方】まずはスペックに注目!目的別におすすめ10機を厳選
NEC
LAVIE Note Mobile
NM750/RA
▼OS:Windows 10 Home 64bit▼液晶サイズ:12.5 インチ▼CPU:Core i7-10510Y 1.20GHz▼SSD容量:512GB ・メモリ容量:8GB▼統合ソフト:Microsoft Office Home & Business 2019(Amazon)
CPUCore i7-10510Y
メモリー8GB
ストレージ512GB SSD
ディスプレイ12.5型 1920ドット×1080ドット
幅289㎜×奥行き192㎜×高さ18.0㎜・953g

あらゆるニーズにこたえる高性能
重量953グラム、厚さ18ミリの軽量スリム筐体を誇る12.5型ノート。第10世代のCore i7プロセッサーを搭載するなど、十分なハイスペックを実現しつつ、バッテリーのもちも最大11時間と、モバイル性能も上々だ。


マイクロソフト
Surface Pro X
実売価格例:16万4780円

画像2: 目的別おすすめ機種 外出先でもサクサク動くハイスペックモバイル
画像8: 【Windows10パソコンの選び方】まずはスペックに注目!目的別におすすめ10機を厳選
マイクロソフト 
2in1端末
Surface Pro X
▼OS/Office: Windows 10 Home / Office Home and Business 2019▼ディスプレイ: 13 インチ / 解像度: 2880 x 1920 (267 PPI) / タッチ: 10点マルチタッチ対応 / ペン: 対応(Amazon)
CPUMicrosoft SQ1
メモリー8GB
ストレージ256GB SSD
ディスプレイ13.0型 2880ドット×1920ドット
幅287㎜×奥行き208㎜×高さ7.3㎜・774g(本体のみ)

独自CPU&LTE搭載の新世代2in1
2880ドット×1920ドットの高精細な13型ディスプレイを搭載した2in1端末。CPUには独自の「Microsoft SQ1」を採用し、最大13時間のバッテリー持続時間を実現している。LTE機能を標準搭載している点も魅力だ。

目的別おすすめ機種
写真や動画編集もラクラクこなす高性能ノート

NEC
LAVIE VEGA
LV650/RA
実売価格例:19万7780円

画像1: 目的別おすすめ機種 写真や動画編集もラクラクこなす高性能ノート
画像9: 【Windows10パソコンの選び方】まずはスペックに注目!目的別におすすめ10機を厳選
NEC
LAVIE VEGA
LV650/RAL
▼OS:Windows 10 Home 64ビット▼CPU:AMD Ryzen(TM) 7 3750H プロセッサー▼クロック周波数:2.30GHz▼メモリ:8GB▼メモリ最大:8GB(Amazon)
CPURyzen 7 3750H
メモリー8GB
ストレージ512GB SSD
ディスプレイ15.6型 1920ドット×1080ドット
幅359.8㎜×奥行き243.8㎜×高さ17.9㎜・1.9㎏

クリエイターにも最適な高性能!
高負荷なクリエイティブ作業もソツなくこなす15.6型ハイエンドノート。広視野角フルHDディスプレイを採用し、高画質を実現。音声操作やヤマハ製スピーカーを備えるなど、機能面も贅を尽くしている。


ASUS
ZenBook 14 UX434FLC
実売価格例:14万8630円

画像2: 目的別おすすめ機種 写真や動画編集もラクラクこなす高性能ノート
画像10: 【Windows10パソコンの選び方】まずはスペックに注目!目的別におすすめ10機を厳選
ASUS
ZenBook 14
UX434FLC
▼OS:Windows 10 Home 64ビット/Office:Microsoft Office Home and Business 2019▼CPU:インテル Core i7-10510U プロセッサー/ メモリ:16GB SSD:512GB (PCI Express 3.0 x2接続) (インテル Optane メモリ 32GB搭載)/ NVIDIA GeForce MX250 (NVIDIA Optimus Technology対応)(Amazon)
CPUCore i5-10210U
メモリー8GB
ストレージ512GB SSD
ディスプレイ14.0型 1920ドット×1080ドット
幅319㎜×奥行き199㎜×高さ16.9㎜・1.3㎏

オンリーワンの液晶タッチパッド搭載!
第10世代のCore i5プロセッサーを搭載した14型ノートで、最大の特徴は液晶ディスプレイ一体型のタッチパッド。各種ショートカットを登録したり、手書き入力で利用したりなど、多彩な用途で活用できる。

Macが気になる。Windowsから乗り替えても大丈夫?

Macも、できること自体はWindowsとさほど変わらない。「Office」も使えるし、フォトレタッチや動画編集なども問題なくこなせる。

ただし、操作性については、共通点も少なくないが、微妙に異なる点も多い

例えば、システム終了は画面右上のりんごマークから、アプリの起動も画面下部の「ドック」や「アプリケーションフォルダ」を利用するなど、かなり使い勝手が異なる。Windowsにどっぷり浸かっていた人ほど、何かと面食らうだろう。

さらに、当然のことだが、Windows向けアプリはMacでは動作しない。手持ちの周辺機器も使えない場合もあるので、本体だけではない部分にも、くれぐれも注意してほしい。

●MacBookはキーボードの操作も独自

最上段のTouchBarには、標準で各種機能が割り振られている。ファンクションとして使うには「Fn」キーと組み合わせる必要がある。

画像: ●MacBookはキーボードの操作も独自

●デスクトップのデザインも異なる

Macではアプリの起動は、画面下部の「ドック」や「アプリケーションフォルダ」を用いる。Windowsのようなスタートメニューは用意されていない。

画像: ●デスクトップのデザインも異なる

パソコンの端子の違いがよくわからない……

パソコンの各端子には大まかな役割があるので、種類別に覚えてしまおう。

最も重要なのは「USB」で、プリンター、HDDなどさまざまな機器がつながる汎用タイプだ。「2.0」「3.0」「3.1」などの通信速度規格と、「Type-A」「Type-C」などのコネクター規格の組み合わせで示される。

かつては、パソコン側がType-A、周辺機器側がType-Bなどの区別があったが、Type-Cでは統一された。

映像出力は「HDMI」のほか、「DisplayPort」や「DVI」などがある。

ネットワークにつなぐ際に利用するのが、「有線LAN端子」。最大通信速度により規格が分かれ、最も多いのが最大速度1Gbpsのタイプだ。

●汎用性が高いUSB端子がポイント

▼ダイナブック・dynabook C8の左側面

画像1: ●汎用性が高いUSB端子がポイント

USB3.1端子(Type-C)
最大通信速度は10Gbpsで、Type-Cは差す向きを選ばない。なお、より速い3.2規格もある。

USB3.0端子(Type-A)
Type-AのUSB3.0以上は端子が青いので、USB2.0と判別できる。最大通信速度は5Gbps。

HDMI端子
パソコンの映像を出力するための端子。外部ディスプレイと接続する際に利用する。

LAN端子
パソコンをネットワークに接続するための端子。規格によって最大通信速度が異なる。

▼ダイナブック・dynabook C8の右側面

画像2: ●汎用性が高いUSB端子がポイント

SDカードスロット
SDメモリーカードのデータをパソコンで読み書きするためのスロット。

ノートパソコンの標準的な端子構成は上のとおり。さまざまな機器の接続に利用され、端子の形状や規格が複雑なUSBの違いを押さえよう。

ディスプレイが欲しいんだけど、選び方を教えて!

周辺機器として人気ジャンルのディスプレイ。選ぶ際にはスペックをしっかり把握するのが肝要だ。

まず、「サイズ」は画面の大きさを示す数値で、今は24型前後が主流だが、大きくなるほど設置スペースを考慮する必要がある。

解像度」は、1920ドット×1080ドットの「フルHD」以上が必須。高精細にこだわるなら、フルHDの4倍の解像度を誇る「4K」を選ぶのもアリだ。

そのほか、「パネル」の種類も注目したいところ。視野角の広い「IPS」方式、応答速度の速い「TN」方式などの違いがある。

端子は、「HDMI」が備わっていれば、パソコンとの接続で問題になることはまずないが、2基以上あると、複数のパソコンやゲーム機器を同時につなげられるので便利だ。

●ディスプレイの主なスペック

サイズ
ディスプレイの広さを示す数値。テレビと異なり、あまり大きすぎると作業性を損なう。

解像度
画面の精細さを示す数値。フルHD(1920ドット×1080ドット)以上を選びたい。

パネル
液晶パネルは、大別するとTNとVA、IPSの3種類がある。一部で有機ELも登場している。

端子
パソコンやレコーダー、ゲーム機などと接続するための映像入力端子。主流はHDMI。

●手ごろになってきた4Kディスプレイ

アイ・オー・データ
LCD-M4K321XVB
実売価格例:5万8910円

画像: ●手ごろになってきた4Kディスプレイ
画像11: 【Windows10パソコンの選び方】まずはスペックに注目!目的別におすすめ10機を厳選
アイ・オー・データ
液晶ディスプレイ
LCD-M4K321XVB
▼パネルサイズ:31.5型ワイド▼対応機種:Windowsパソコン、Mac▼パネルタイプ:TFT31.5型ワイド/VA(Amazon)

31.5型の4Kディスプレイ。液晶パネルはVA方式だが、上下左右178度の広視野角を実現するほか、コントラストや発色も上々だ。

ストレージはSSDが人気だが、HDDとどこが違う?

パソコンのストレージには、「SSD」と「HDD」があるが、最大の違いはアクセス速度。パソコン環境によって違いはあるが、SSDのアクセス速度はHDDより約2~3倍速いとされる。

アクセス速度の差は、OSの起動時間やアプリの動作など、パソコンの体感速度に直結する。CPU性能やメモリー搭載量の強化よりも、HDDからSSDへの換装のほうが、パソコンのパフォーマンス向上に効果があるといわれるほどだ。

それに、SSDは静音性も高く、耐衝撃性能にも優れるというアドバンテージもある。

したがって、価格以外で目立つデメリットのないSSDを選ぶのが原則となる。速度はある程度犠牲にしてもいいから、手ごろな価格でとにかく大容量が欲しいというなら、HDDになる。

●SSDとHDDの特徴の違い

SSDHDD
高速速度SSDよりは遅い
静か静音性作動音がある
強い耐衝撃性弱い
少ない消費電力多い
小容量中心容量大容量も用意
やや高価価格安価

速度や耐衝撃性能など、価格以外、ほぼすべての要素においてSSDがHDDを上回る。寿命も、最近のSSDならHDDと大差ない。

●持ち運びに便利なポータブルSSD

バッファロー
SSD-PG120U3-BA
実売価格例:3300円

画像: ●持ち運びに便利なポータブルSSD
画像12: 【Windows10パソコンの選び方】まずはスペックに注目!目的別におすすめ10機を厳選
バッファロー
ポータブルSSD
SSD-PG120U3-BA
▼容量:120GB▼対応するパソコン:USB3.1(Gen1)/USB3.0/2.0 Type-A/Type-C端子を搭載するWindowsパソコンおよびMac(Amazon)

米軍仕様の耐衝撃性能を備えたポータブルSSD。USB3.1に対応し、HDDを凌駕する高速アクセスを実現。容量は120Gバイトから。

■解説/篠原義夫(ガジェットライター)

※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.