この記事では、評判のコンビニ惣菜を実際に食べた感想をレポートしていきます。今回は、セブンイレブンの「北海道産男爵芋の肉じゃが」をレビュー。ネット上でも、「出汁がさっぱりしていて、凄く食べやすい!」と大絶賛されている人気総菜です。同商品の基本情報や、実際に食べた際の個人的な感想や評価もまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

評価者のプロフィール

画像: 評価者のプロフィール

2児の母として子育てに励むライターママ。生活を快適にするグッズ、おしゃれな最新商品に常に目を光らせている。子どもの頃から釣りが好きで、アウトドア系の商品もリサーチ中。物欲を抑えるためにものすごいパワーを使っている。

定番のおかずに「北海道産男爵芋の肉じゃが」

日本の代表的な家庭料理として親しまれている“肉じゃが”。得意料理にしている人も多く、誰もが好むおかずのはずです。そこで今回は、セブンイレブンで販売されている「北海道産男爵芋の肉じゃが」257円(税込)を購入してきました。とりわけ私が惹かれたポイントは、素材として使われている“北海道産男爵芋”。北の大地ではぐくまれた男爵芋は、ホクホクとした食感が魅力のよう。SNSの反応をチェックしてみると、「ゴロッとしたじゃがいもが食べ応え抜群! コスパもいいし最高です」「素材の味が活きている。晩御飯の頼れる味方だね」と好評の声が続出。北海道産の男爵芋が入ったことで、“定番おかず”はどんな味わいになっているのでしょうか。電子レンジでしっかり温めて、さっそくレビューをしていきましょう!

画像: 定番のおかずに「北海道産男爵芋の肉じゃが」

北海道産の男爵芋から染み出す“出汁”に舌鼓!

余計なものは入れず、豚肉、にんじん、しらたき、たまねぎ、じゃがいもといったシンプルな食材で作られた同商品。パッケージを開封すると、ホカホカの湯気とともにオーソドックスな甘い香りが漂ってきました。まさに王道の肉じゃがを味わいたい人にはうってつけと言えます。

画像1: 北海道産の男爵芋から染み出す“出汁”に舌鼓!

ゴロゴロした大きな見た目の男爵芋を口に運んだところ、まず感じたのは適度な柔らかさを持った優しい歯ごたえ。舌の上に広がる、いも特有の素朴な甘さもたまりません。後味もなめらかで、よく噛んでいるうちにサッと溶けてしまいました。

画像2: 北海道産の男爵芋から染み出す“出汁”に舌鼓!

優しい食感と風味を堪能していると、続けてコク深い出汁が染み出してくるのがわかります。出汁のもとになっているのは真昆布、かつお、煮干しなど。とても上品で奥行きがある口当たりなので、一緒に食べるご飯も箸が進むはず。余った出汁をご飯にかけて食べてみてもいいかもしれません。

画像3: 北海道産の男爵芋から染み出す“出汁”に舌鼓!

塩気のしっかり効いた豚バラ肉も絶品。赤身と脂身のバランスがちょうど良く、豚肉本来の味わいを楽しめます。甘めの男爵芋と一緒に食べると肉の塩気が引き立ち、旨味がさらにアップ。出汁がよく染み込んだにんじんやしらたきとの相性も抜群でした。

画像: 何度でも食べたくなる王道おかず!「北海道産男爵芋の肉じゃが」

何度でも食べたくなる王道おかず!「北海道産男爵芋の肉じゃが」

実際に購入した人たちからも大絶賛されているようで、ネット上には「晩御飯のおかずとしてだけではなく、お酒のおつまみとしても優秀」「男爵芋の甘い味つけが、むかし食べた味を思い出させてくれる。ノスタルジーに浸れる肉じゃがだね」との声が上がっていました。親しみやすい味わいの同商品を食卓に並べれば、家族も大喜びするはずですよ。

◆文・撮影=井上琴美(編集ライター)
※価格や情報は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.