外出自粛が続きそうな今年の夏休み。おうち時間にあなたはなにをしますか?この記事では、お家にいながらスリルやハラハラドキドキの冒険気分が味わえるアニメ作品を厳選してご紹介。全部Amazonプライムで観ることができるので、気になる作品があれば是非チェックしてみてくださいね。

夏も長くなりそうな「おうち時間」

7月に入り、そろそろ待ちに待った連休や夏季休暇がやってくる!と思いきや、まだまだ新型コロナの影響で外出が難しい今日この頃。皆さんは夏のおうち時間、何をして過ごしますか?

おうち時間の過ごし方として、Amazonプライムなどのサブスクリプションサービスを使って、家でまったり映画・ドラマ鑑賞をするという方も多いのではないでしょうか。

しかし、Amazonプライムの数多くの作品の中から、まず何を観ようか迷ってしまう人も多いはず。この記事では、特選街編集部きってのアニメ好きメンバーが、Amazonプライムで見放題のアニメの中から、思わずイッキ観したくなる、スリルや冒険に満ちた作品をご紹介。

衝撃の展開に目が離せないSFホラー

新世界より

推理・ホラー小説作家、貴志祐介のSF小説が原作のアニメ。人々が「呪力」という念動力を手に入れた1000年後の日本が舞台になっています。「呪力」が使えるようになった人々は、自然豊かな村で生活し、「バケネズミ」という不思議な生物を使役して平和に暮らしています。

画像: www.tv-asahi.co.jp
www.tv-asahi.co.jp

しかし、主人公の早季が、同級生たちと町の外へ出かけた際に、先史文明が遺した図書館の自走型端末「ミノシロモドキ」と出会い、1000年前の文明が崩壊した理由と、現在に至るまでの禁忌の歴史を知ってしまいます。そこから村の平和な生活がすこしずつ均衡を崩し始めます。

わたしが最初観たときは、「呪力」を使えなくなり姿を消してしまうクラスメイトや、子どもを襲う巨大な猫の化け物・不浄猫の存在、気味の悪いバケネズミなど、謎だらけの世界観と、次何が起こるのか想像もできないハラハラの展開に怯えながら、終始布団にくるまって観ていました。しかし、最初に感じたこれらの謎は後半に向けてきれいに回収されていきます。

あなたも是非、得体の知れないものへの恐怖が、物語を観進めるにつれ、「なるほどこういう理由だったのか」とすこしずつ腑に落ちるこの感覚を味わってみてください!

美しい表現技法の新感覚和製ホラー

モノノ怪

2007年に放送されたフジテレビ「ノイタミナ」枠のホラーアニメ。2000年代の作品にもかかわらず、2020年の「ノイタミナ」15周年の人気アンケートでは、近年発表された作品に並んで7位という快挙でした。

画像: anime.dmkt-sp.jp
anime.dmkt-sp.jp

人気の秘密は、「和紙」をイメージした独特の画風や、随所に散りばめられた艶やかなテキスタイルなどの「画面」の美しさと、謎めいた主人公の「薬売り」(CV櫻井孝宏さん)のキャラクター性なんだとか。

しかし、個人的には、座敷童や海坊主、化け猫など、怪談話に登場する「怪異」の存在が物語の鍵になりつつも、結局は人間の罪や業を「薬売り」が暴いて物語が収束していくというストーリー自体も、ゾクゾクとハラハラの連続でとても見応えがあって好きです。

妖怪モノやホラーがお好きな方にとてもおすすめの作品ですが、ホラーと言っても、おぞましい怪物などは出てきません。艶やかで美しいのに、ちょっとゾクっとする…といったテイストの作品なので、グロテスクなものが苦手でも大丈夫。ヒンヤリしたい夜にどうぞ。

小学生時代の夏休みの思い出に浸れる

電脳コイル

「電脳メガネ」というデバイスを使う子どもたちが、メガネを介して現実世界に重なるよう映し出されるバーチャルな「電脳空間」を舞台に繰り広げる、都市伝説などの不思議な出来事をテーマにした物語。

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

物語は、主人公の優子(ヤサコ)が、由緒ある神社仏閣が建ち並ぶ古都でありながら、最新の電脳インフラを擁する地方都市「大黒市」に引っ越してきたところから始まります。電脳ペットの「デンスケ」や、謎の転校生「イサコ」、都市伝説の「ミチコさん」など、様々な問題に巻き込まれながら、しだいにヤサコたちは都市伝説や電脳空間の謎を解き明かしていきます。

ちょっぴり懐かしい、一昔前の「小学生の夏休み」的な世界観に、不思議なデバイス「電脳メガネ」や電脳空間という要素が加わり、「ノスタルジックなSFファンタジー」といったちょっと独特な世界観が特徴の作品です。

都市伝説「ミチコさん」の話は大人の私にとってもちょっと不気味で怖いけれど、「こういうのって小学生の時よくみんな噂してたな」と無性に懐かしい気分にもなります。謎の多い「電脳空間」でのスリル満点(たまにホラー)な冒険は大人も観ていてワクワクすること間違いなし。

緊迫のアクションと切なすぎる展開に涙

BANANA FISH

「モノノ怪」と同じくフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送されたアニメ。15周年の人気アンケートでは2位に輝いた名作です。ストリートギャングの少年「アッシュ」の過酷な運命と、日本人の大学生「英二」との心の交流を描いた作品。

画像: bananafish.tv
bananafish.tv

並外れて整った容姿と、卓越した戦闘力を持ち、ニューヨークでストリートギャングをまとめあげる少年・アッシュ・リンクスは、実の兄を廃人同然にした謎の「バナナフィッシュ」という言葉の真相を、カメラマンのアシスタントとしてやってきた日本人の少年・奥村英二と一緒に追いかけることになります。

アクションやミステリーそのものも楽しめますが、本作の魅力は何と言ってもストリートギャングのアッシュと日本の大学生の英二という、異なる世界に住む2人の少年が育む友情の物語です。マフィアの男娼をしていたアッシュの孤独な生い立ちに寄り添う英二の姿に思わず涙が…最終回を観る際はハンカチのご用意をお忘れなく!

主人公がアツすぎて脳からアドレナリンが止まらない

Dr.STONE

突如謎の現象で全人類が石化し、数千年の月日が流れた世界。そこに、超人的な頭脳をもった少年・石神千空が石化から目覚め、文明を失った「石の世界(ストーンワールド)」において科学の力を使って文明を再興するというクラフトアドベンチャー。

画像: dr-stone.jp
dr-stone.jp

キャッチフレーズ「石器時代から現代文明まで、科学史200万年を駆け上がる!」にもあるように、文明の崩壊した世界で、主人公が科学の力を使って鉄、電気、ガラス、ケータイ、はたまたコーラまで、いろんなものを復活させ、石化から蘇った人間同士の争いや、生活の問題を解決していく様子は、観ていて胸が熱くなります。

基本的な知識も含め、様々な科学の知識が紹介されているので、お子さんにもおすすめです。科学に興味を持つきっかけになるかも知れません。自由研究のヒントも見つかるかも?

まとめ

もうすぐ夏休み。長い休みの間になにをするか悩んでいる方は、是非この機会に気になっていた作品をチェックしてみてください。おうちにいてもハラハラドキドキの冒険気分が味わえますよ。アニメの力で退屈な気分も吹っ飛ばそう!

This article is a sponsored article by
''.