この記事では、日々の暮らしに役立つ100均グッズを実際に使用してレポートします。今回は、ダイソーの「ハンディチョッパー」をレビュー。SNS上でも、「ナッツを細かく粉砕したい時に超便利!」などと大絶賛されていた商品です。同商品の基本情報や、実際に使ってみた際の個人的な感想や評価もまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

評価者のプロフィール

画像: 評価者のプロフィール

ちょいズボラなおひとりさま女子。一人暮らし歴は10年を超え、プチプラ便利グッズの追及に磨きがかかってきた。恋人ができると必ず「100均デート」に連れていき、自分と価値観が合うかどうかを判定する。

ナッツやにんにくを細かく粉砕できるダイソーアイテム!

お菓子を作る時などに、砕いたナッツ類をトッピングすることってありますよね。私も先日料理を作っていると、レシピの中に“刻んだピーナッツ”が登場。少々面倒に感じましたが、包丁でカットすることに…。そんな出来事を思い出しながらダイソーで買い物をしていたところ、とあるキッチンアイテムを発見しました。その名も、「ハンディチョッパー」。ネット上でも大好評のようで、「いろいろな食材を粉々にできるからすごく便利」「刃が錆びることもないし、お手入れも簡単!」などと賞賛されています。果たして、どれほどの実力を発揮してくれるのでしょうか?

画像: 300円のダイソー商品の実力はいかに…?

300円のダイソー商品の実力はいかに…?

バッテリーや電池は必要ナシ!

ダイソーアイテムの中でも、300円(税抜)と少しお高い同商品。筒状の形をしており、白と緑色のカラーリングがとっても可愛らしい印象です。大きさは約7(直径)×10cm(高さ)ほどで、ボディの素材は“ポリスチレン”や“ABS樹脂”。頑丈な見た目ですが、軽々と持ち上がりますよ。

それでは、家にストックしていた“ピーナッツ”で検証スタート。まずは白い持ち手の部分を外し、中心の“くぼみ”に食材を投入してください。後は緑色のフタを被せて、持ち手の部分をセットすれば準備完了です。

画像: 中央のくぼみにピーナッツをイン!

中央のくぼみにピーナッツをイン!

画像: 緑色のフタをかぶせて後は捻るだけでOK

緑色のフタをかぶせて後は捻るだけでOK

実際にゴリゴリと回してみると、画像の通りナッツが細かく粉砕されました。持ち手を左右にひねるだけなので、力を入れる必要はありません。また内部に“刃”がついていないところも高ポイント。指を切る心配もなく、食器用のスポンジでラクラク洗浄できます。

画像: 女性でも簡単に粉々にできる優れモノ!

女性でも簡単に粉々にできる優れモノ!

他にもナッツ類はもちろん、にんにくなどを粉砕することが可能。これならパスタを作る際に、手の匂いを気にせずに細かく刻めますね。包丁で刻む手間がなくなり、さらに料理をパパっと作れるかも。

画像: 料理が面倒な人にピッタリ!「ハンディチョッパー」

料理が面倒な人にピッタリ!「ハンディチョッパー」

実際に「ハンディチョッパー」を購入した人たちからは、「簡単に食材を粉砕できるところが嬉しい!」「コンパクトな大きさなのでキッチンの引き出しに収納できますよ」「にんにくを料理で使う時はいつもお世話になってる」「捻るだけで固い食材を潰せるから女性なら絶対に気に入るはず!」といったコメントが寄せられています。同商品をダイソーで見つけた際は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか?

◆文・撮影=片山鈴(編集ライター)
※価格や情報は記事作成時のものです。
※記事中の商品サイズは実物と異なる場合があります。

This article is a sponsored article by
''.