LINEに新しい機能「Keepメモ」が追加された。これは自分専用のトークルームを作り、そこにメッセージを送ることでメモ帳的に利用する機能。他人に内容をみられる心配はないし、自動的にLINEのクラウドストレージである「Keep」に保存される。LINEを日常的に使っている人なら絶対便利な「Keepメモの使い方」を解説する。

LINEの裏技がついに「正式」機能化!

Keepメモとは

LINEで自分用のメモを残す方法として、「自分1人のトークルームを作って、そこにメッセージを送る」というヘビーユーザーが使っていた裏技があった。今回追加された「Keepメモ」は、その裏技が正式機能化されたものと考えればいいだろう。

自分ためのトークルームが「Keepメモ」

簡単に言えば、「Keepメモ」は、自分しかいないトークルームである。ここに買い物メモや備忘録、テレビ画面を撮影した料理の材料・分量といった、個人的なテキスト(文章)や、写真・画像、ウエブサイトのURLといったものをメッセージとして送信する。ときどきこれをチェックすることで、メモ帳として機能させることができるわけだ。

自分以外に読まれることはない

トークルームとはいえ、自分しかいないので、ほかの「友だち」に、ここに送信したメッセージを読まれることはない。ただし「Keepメモ」に送信したつもりで、「友だち」に送信してしまう、いわゆる「誤爆」の可能性はあるので、その点だけは注意したい

Keepメモの保存先は?

Keepメモはクラウドに保存される

Keepメモに送信されたメッセージは、従来からある「Keep」という機能に保存される。
Keepは、LINEが提供しているユーザー用のクラウドストレージと考えればいいだろう。無料で使える容量は1Gバイト。友だちとのトークや、グループLINEで保存しておきたいメッセージや写真・画像、URLなどを長タップしてメニューを表示させ、「Keep」を選択するとそれがクラウドのKeepに保存される。
Keepメモに送信したメッセージも、Keepに保存され、Keepの一覧から見ることもできる

実践!Keepメモを使ってみよう

Keepメモを実際に使ってみる。使い方は簡単なので、一度使えば、操作方法はすぐに覚えてしまうはずだ。
なお、ここでは、iPhoneのLINEアプリ(バージョン 10.11.0)を使って解説をする。Android版のLINEアプリも画面デザインに若干の違いはあるが、操作方法自体は同じだ。

Keepメモの使い方

「トーク」タブから使う

「Keepメモ」は、通常のトークルームと同じように、「トーク」タブから利用する。
LINEアプリを起動したら下部の「トーク」を選択し、ルームのなかから「Keepメモ」を見つける
もし「Keepメモ」のトークルームが見つからない場合は、この記事の後半『もし「トーク」タブに「Keepメモ」がなかったら』の方法で探すといいだろう。

画像: 「Keepメモ」は、トークルームとして自動的に追加されている。LINEが最新バージョンならば、トークルームが並んでいるなかのどこかにKeepメモのルームがあるはずだ。

「Keepメモ」は、トークルームとして自動的に追加されている。LINEが最新バージョンならば、トークルームが並んでいるなかのどこかにKeepメモのルームがあるはずだ。

自分のためのメッセージを送信する

「Keepメモ」のトークルームを開き、ここに自分のためのメッセージを送信する。
内容はなんでもいい。買い物メモや、備忘録、料理番組の材料を撮影したもの、あとでじっくり読みたいウエブサイトのURLなど、自分のためのメモ帳として使う。

画像: ①Keepメモのトークルームに、自分のためのメモを入力して「送信」する。

①Keepメモのトークルームに、自分のためのメモを入力して「送信」する。

画像: ②Keepメモの画面に、送信したメッセージが表示される。

②Keepメモの画面に、送信したメッセージが表示される。

トークタブ画面に最新メッセージが表示される

Keepメモは、通常のトークルームと同じように機能するので、LINEアプリのトークタブ画面を見ると、Keepメモの項目には最新のメッセージが表示される。これを見て、今日やらなければならないことを思い出したり、Keepメモのルームを開いて内容を確認をする。

画像: メッセージが送信されたKeepメモがある場合、Keepメモの項目には最新メッセージが表示される。

メッセージが送信されたKeepメモがある場合、Keepメモの項目には最新メッセージが表示される。

自動的に「Keep」に保存される

Keepメモに送信されたメッセージは、自動的にクラウドの「Keep」に保存される。通常の友だちとのトークでは、ユーザー自身が保存したいメッセージを長タップして「Keep」を選択しないと、Keepに保存されないのに対して、Keepメモは自動的にKeepに保存される点が大きな違いとなる。
Keepに保存した項目は、「ホーム」タブの自分のアイコンの右側にある「Keep」ボタンをタップすると見ることができる。

画像: ①LINEアプリの下部で「ホーム」タブをタップ。自分のアイコンの右側にある「Keep」のボタン(文字列)をタップする。

①LINEアプリの下部で「ホーム」タブをタップ。自分のアイコンの右側にある「Keep」のボタン(文字列)をタップする。

画像: ②Keepに保存してある項目(コレクション)が表示される。そのなかにKeepメモに送信したメッセージも自動的に追加されている。

②Keepに保存してある項目(コレクション)が表示される。そのなかにKeepメモに送信したメッセージも自動的に追加されている。


便利ワザ
「Keepメモ」を常に先頭に表示する

Keepメモは、通常のトークルームと同じ扱いなので、ほかのトークルームに新しいメッセージが着信すると、表示順がどんどん下がってしまう。自分用のメモなので、表示順が下がってしまうとチェックするのが面倒になるし、チェック忘れの原因にもなる。そこで、Keepメモを常に先頭に表示されるワザを使う。

「ピン留め」を使うと先頭に固定される

Keepメモに限らず、トークルームには「ピン留め」という機能があり、ピン留めしたルームはリストの先頭に固定される。複数のルームをピン留めした場合は、後からピン留めしたルームが上になる。
「Keepメモ」のルームを右にスワイプすると「ピン留め」マークが出てくるので、これをタップすればいい。これでKeepメモが常に先頭に表示される。ピン留めを外したい場合は、ピン留めしたルームを右スワイプして「ピン留め解除」のマークをタップすればいい。

画像: ①ルームタブの画面で、Keepルームを右にスワイプすると「ピン留め」のマークが出てくる。これをタップする

①ルームタブの画面で、Keepルームを右にスワイプすると「ピン留め」のマークが出てくる。これをタップする

画像: ②Keepルームがリストの先頭になる。ピン留めしたルームにはアイコンにピンのマークが付く

②Keepルームがリストの先頭になる。ピン留めしたルームにはアイコンにピンのマークが付く

もし「トーク」タブに「Keepメモ」がなかったら

通常、KeepメモはLINEアプリの「トーク」タブのリストのどこかにあるはずだが、これが見つからないという場合もある。ここでは、Keepメモが見つからない場合の対処方法を教えよう。

アプリのバージョンを確認する

Keepルームは、2020年7月8日に追加された機能である。
アプリのバージョンとしては
・iPhone(iOS)は「10.11.0」以上
・Androidは「10.11.0」以上
でないと利用できない。LINEアプリの「設定」からアプリのバージョンを調べ、まだアップデートしていない場合には、アップデートを実行する。

画像: ①LINEアプリの「ホーム」タブに行き、上部の設定ボタン(歯車マーク)をタップする

①LINEアプリの「ホーム」タブに行き、上部の設定ボタン(歯車マーク)をタップする

画像: ②「設定」画面の最下部「LINEについて」をタップする

②「設定」画面の最下部「LINEについて」をタップする

画像: ③「現在のバージョン」を確認する

③「現在のバージョン」を確認する

非表示のトークルームを探す

LINEには、ユーザーが見たくないと思ったトークルームをリスト上に表示させない「非表示」機能がある。通常は広告のトークルームなどを整理するために使う機能だが、Keepメモの機能が自動的に追加されたときに、使わない機能だと思って無意識に自分で非表示にしている可能性もある。
この場合、「設定」→「トーク」→「非表示リスト」を開き、Keepメモが見つかったら非表示を解除することで、「トーク」タブ内にKeepメモを復活させることができる。

画像: ①ホームタブ画面の上部「設定」ボタンをタップ

①ホームタブ画面の上部「設定」ボタンをタップ

画像: ②設定画面で「トーク」項目をタップ

②設定画面で「トーク」項目をタップ

画像: ③「非表示リスト」項目をタップ

③「非表示リスト」項目をタップ

画像: ④リスト内に「Keepメモ」があったら「編集」をタップ

④リスト内に「Keepメモ」があったら「編集」をタップ

画像: ⑤「トークリストを再表示」をタップする

⑤「トークリストを再表示」をタップする

まとめ

Keepメモは、自分のためにメモしたいことを、通常の友だちとのトークと同じようにメッセージを送信することで利用できる機能。普段からLINEを使っているユーザーならば、だれでもすぐに使いこなせる、かゆい所に手で届く感覚の便利な機能である

◆福多利夫(フリーライター)
デジタル家電関連の記事を得意とする、モノ系ホビー系のフリーライター。一般財団法人家電製品協会認定の家電総合アドバイザーでもある。長年にわたり月刊『特選街』の制作に携わり、パソコン関連の著書も多い。

This article is a sponsored article by
''.