今回はチープカシオを愛用する筆者が、魅力や人気の理由について解説しつつ、おすすめモデルもご紹介します。「腕時計といえば高級ブランド」というイメージは過去のものになり、今では「チープカシオ」に代表される、安価でデザイン性の高いリーズナブルな時計が人気です。年齢や性別を問わず、日々のファッションやビジネスシーンで利用できるため、街なかで目にする機も多いのではないでしょうか。当記事を参考に、ぴったりなチープカシオを選んでくださいね。

チープカシオとは?

チープカシオとは、日本を代表する時計・電子機器メーカーのCASIOが販売している時計で、正式には「カシオスタンダード」と呼ばれるラインの製品群です。価格帯は約1000~5000円程度がメインで、時計としては非常に安価なため多くの人々に愛用されています。もともと「G-SHOCK」などの定番時計をリリースしているCASIO製のため品質にも優れており、数年前のノームコアファッション流行をきっかけに今では定番となっています。

画像: カシオの腕時計 pixabay.com

カシオの腕時計

pixabay.com

チープカシオはなぜ人気?

チープカシオが人気となった理由は、安価ながら高品質というコストパフォーマンスの高さです。1000円台から入手できるのに、防水機能や最大10年という電池寿命の長さ、ストップウォッチやアラームなど多彩な機能が備わっている時計は他にほとんど存在しません。

また、コスパだけでなくデザイン性にも優れていることがチープカシオの魅力です。多種多様なモデルが存在しているため、好みや服装、シーンに合わせて好きなモデルを選択可能。価格の安さから複数買いする方も珍しくありません。筆者も3本所持しており、気分やTPOに合わせて付け替えています。もちろん、高級時計に比べると見劣りする部分もあるのですが、その絶妙な「チープさ」や「レトロ感」が最近のトレンドと相性抜群で、ファッションの外しとしても上手く機能します。「この安っぽさがチープカシオの可愛さ!」ということで、ファッション業界であえて付ける人が続出したことも人気につながっているようです。

定番モデルのチープカシオおすすめ5選

ここからは、おすすめのチープカシオについて紹介していきます。まずは定番の人気モデルを5つご紹介します。

MQ-24-7B2LLJF

シンプルでクセの無い、チープカシオを代表するアナログウォッチです。価格はなんと驚きの978円!(Amazon調べ)。黒いバンドと白の文字盤のコントラストがモノトーンな雰囲気を演出しており、服装を選ばずに着用できます。色違いのモデルには黒×ゴールドの高級感あふれるカラーリングも。

画像1: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

F-91 W

こちらはデジタルウォッチの定番モデルです。1989年の販売開始以降、時計といえば高級品であった当時高い技術力と低価格さから世界中で大人気となりました。今では低価格時計のアイコン的な扱いを受けており、このモデルにまつわるさまざまな逸話も存在するほどです。

画像1: casio.jp
casio.jp

A158WA-1JF

シンプルなメタルバンドとポップな液晶が特徴的なデジタルウォッチです。アラームやストップウォッチ機能、LEDライトやオートカレンダー機能など、見た目に反して機能性に富んでいます。わずか46gという軽量さから、金属タイプなのに重さをほとんど感じないことも魅力的です。

画像2: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

CA-53W

通称「データバンク」と呼ばれる人気モデルです。文字盤と電卓が一体化したユニークなデザインが最大の特徴で、レトロフューチャー感あふれる雰囲気がファッションの外しアイテムとしても効果的です。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズなどにこっそり登場するなどのエピソードからも、愛されているモデルであることが分かります。

画像3: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

20WH-1CJF

通称「イルミネーター」と呼ばれるシリーズのアナログウォッチです。男女問わず着用できる小さめサイズで、ストップウォッチやアラーム、日常生活用防水やバックライトなどの機能が備わっています。カラーバリエーションが豊富なことも嬉しいポイントですね。

画像2: casio.jp
casio.jp

アウトドア向きのチープカシオ5選

ここからは、防水防水機能に優れたアウトドア向きのチープカシオをご紹介します。

HDA-600B

盤面を覆う2本のバンパーが特徴のモデルです。2000円以下で入手可能ながら10気圧防水・電池寿命10年という高性能ぶりで、登山やダイビングなどでも利用できます。日付表示や蓄光仕様の長針など、痒いところに手が届く機能も魅力的です。シンプルなデザインも相まって、「どこでも使える時計」と言っても過言ではないでしょう。筆者はこのモデルを3年ほど利用していますが、付けたままプールやサウナなどに入っても今のところ問題ありません。

画像4: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

MRW-200HJ-1BJF

太めの文字盤が目を引くダイバーズウォッチタイプの時計です。こちらも10気圧防水でシーンを選ばず活用できます。チープカシオの中では大きめサイズのため、ストリートファッションとも相性抜群です。

画像5: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

W-735H-1AJF

10気圧防水対応のデジタルウォッチ。設定したアラームなどを振動で通知するバイブレーション機能が備わっているユニークなモデルで、他にも2つの時刻を表示するデュアルタイム機能や通常のモデルよりも高輝度のLEDライトを備えているなど、パフォーマンスの高さが魅力です。

画像3: casio.jp
casio.jp

AQW-101J-1AJF

チープカシオの中でも特に高機能な「SPORTS GEAR」ラインの1本です。20気圧防水で温度計付き、世界50都市の時刻表示に対応し月齢まで表示可能…と、もはやオーバースペック感すらある充実っぷりが魅力。また、ユニークなところでは月の満ち欠けと時刻に応じて魚が釣れやすい時間帯を知らせるフィッシング機能も備えており、釣りが趣味な方はぜひ持っておきたい1本です。

画像6: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

AW-80V-3BJF

ミリタリーライクなデザインが魅力のデジタル/アナログ混合モデルです。チープカシオでは比較的珍しい布バンドを採用しており、夏場やスポーツ時にもストレスを感じさせません。電話番号のメモリー機能や時報など、今ではあまり使わなさそうなオプションが備わっているのもチープカシオらしさをグッと上げています。

画像7: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

ビジネスシーンで使えるチープカシオ5選

ここまで、定番モデルやハイスペックモデルなど、「CASIOらしさ」が魅力的なチープカシオをご紹介しました。続いてはチープカシオとは思えない高級感が魅力のモデルをご紹介します。

MTP-1228DJ-2AJF

シルバー×ブルーの上品なデザインが目を引くモデル。チープカシオらしい低価格ながら、ビジネスシーンなどでも浮かない高級感が魅力です。こちらも筆者所持モデルですが、時計好きの人にはリーズナブルさに驚かれ、そうでない人には高級ブランドに思われるほどのデザインで、「買いの1本」と断言できるおすすめモデルです。

画像8: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

EFA-116D-1A1JF

レトロフューチャー感満載の丸みを帯びたデザインが新鮮なアナデジ時計。無機ガラスを採用した風防など、高級腕時計のような意匠が随所に凝らされています。文字盤の視認性も高く、コスパ・機能・デザインを両立しているモデルです。

画像9: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

MDV-100D-1AJF

オールステンレスの重厚感が魅力のダイバーズウォッチタイプです。ダイバー仕様のため20気圧防水に対応しており、フォーマルな場だけでなくアウトドアシーンでも優れたパフォーマンスを発揮します。

画像10: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

MTD-1047A-2AJF

「本当にチープカシオ…?」と思ってしまうような、高級感あふれるクロノグラフモデルです。ブルーの色味や本格ダイバーズウォッチさながらの逆回転防止ベゼルなど、チープなのに一生付けていられそうな雰囲気が魅力的です。

画像11: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

LTP-1177A-2A

薄めのブルーが上品な印象を与える、レディースモデルのチープカシオです。全体的にシンプルなデザインのためコーディネートを損なうことなく着用でき、約46gという軽さのため負担にもなりません。ピンクカラーも存在するので、お好きなタイプをお選びください。安価なので2個持ちしても◎。

画像12: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

まとめ

今回はチープカシオの魅力や筆者おすすめのモデルをご紹介しました。
一つひとつが安価なため、調べるうちについついたくさん購入してしまいそうな誘惑に駆られたのではないでしょうか?高級時計では中々難しいコレクションを楽しめるのも、チープカシオならではの魅力です。腕時計初心者の方も時計マニアの方も、この機会にぜひお気に入りの1本を見つけてみてください。

This article is a sponsored article by
''.