車イスはまず、「自走用」か「介助用」かで選びます。自分で動かすのなら、「駆動輪」と呼ばれるタイプです。自分では動かさないで介助してもらうだけなら、駆動輪が小さいタイプのものを選びます。大切なのは「一人ひとりの体格に合わせること」です。【解説】三好春樹(生活とリハビリ研究所代表)

執筆者のプロフィール

画像: 執筆者のプロフィール

三好春樹(みよし・はるき)

1950年生まれ。生活とリハビリ研究所代表。1974年から特別養護老人ホームに生活相談員として勤務したのち、九州リハビリテーション大学で学ぶ。理学療法士(PT)として高齢者介護の現場でリハビリテーションに従事。1985年から「生活リハビリ講座」を開催、全国で年間150回以上の講座と実技指導を行い、人間性を重視した介護の在り方を伝えている。『関係障害論』(雲母書房)、『生活障害論』(雲母書房)、『ウンコ・シッコの介護学』(雲母書房)、『介護のススメ!希望と創造の老人ケア入門』(ちくまプリマー新書)など著書多数。
▼三好春樹(Wikipedia)
▼生活とリハビリ研究所(公式サイト)
▼@haruki344(Facebook)
▼専門分野と研究論文(CiNii)

本稿は『イラスト図解 いちばんわかりやすい介護術』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。

イラスト/ひらのんさ

安全で快適な車イスの選び方

用途と体格に合わせて

車イスはまず、自走用か介助用かで選びます。自分で動かすのなら、駆動輪と呼ばれる後ろの車輪の大きいタイプです。もちろん介助用としても使えます。自分では動かさないで介助してもらうだけなら、駆動輪が小さいタイプのものを選びます。

大切なのは一人ひとりの体格に合わせることです。車イス選びでは、「大は小を兼ねる」は通用しません。特にシートの奥行きが深すぎると上向き姿勢になってしまい、お尻がずり落ちてしまいます。横幅も広すぎると不安定なバランスになります。

私のおすすめは、北欧製のREVOというセミモジュールタイプの小さいサイズのものです。小柄な日本の女性にもぴったりです。

車イス(自走用)の各部の名称

自分で動かすこともできますが、介護用として一般的なタイプ。

画像: 車イス(自走用)の各部の名称

▼アームレスト

ひじ当てです。取り外せるものを選ぶと移乗介助が楽にできます。

▼駆動輪

大きな車輪です。取り外せるタイプのものは車に収納するときに便利です。

▼ティッピングバー

段差を越えたいときに介護者がこれを足で踏んでキャスターを持ち上げます。

▼車軸

駆動輪の位置を前後・上下に変えられるタイプがおすすめです。

▼ブレーキ

ベッドから車イスに移動するときなどはブレーキがかかっていることを確認します。

▼フットレスト

足のせです。位置を調節できることが大切です。さらに取り外せると、移乗動作や持ち運びが楽になります。

車イス選び4つのポイント

①シートの奥行き

奥行が深すぎると、お尻が前にずれて姿勢が安定しません。体に合った奥行きの車イスを選ぶか、背あてにクッションを入れて調節してください。

画像: ①シートの奥行き

②フットレストの位置

フットレストの位置を、一人ひとりの下腿(ひざから足首までの部分)の長さに合わせてください。体を安定させられるよう、ひざが浮かず、かかとがしっかりつく位置に調節します。

画像: ②フットレストの位置

③体に合った座面の幅

多くの車イスの座幅は広すぎます。「大は小を兼ねる」は通用しません。左右バランスのとれない人は、上体が横に倒れてしまいます。左右に2㎝程度余裕のあるものを選びましょう。

画像: ③体に合った座面の幅

④車軸の前後・上下調節

車軸を前方にすると自力で車イスを動かしやすくなります。後ろの方にすると車輪が後ろに移動するので、アームレストを外しての移乗介助がしやすくなります。

画像: ④車軸の前後・上下調節

ここに注意!
車イス介助によくある
マナー違反

①スピード違反

車イスを若い人の感覚で押して速く走ると、お年寄りにとってはジェットコースターのように恐怖を感じます。お年寄りが歩くゆっくりしたスピードが基本です。

②無免許運転

車イスには免許制度はありません。でも、取り扱い方法も知らず、車イスで介助される「車イス体験」もせず、介助するのは違法じゃなくてもマナー違反です。

③駐車違反

車イスから手を離さないでください。平坦に見える場所でも、傾斜が少しでもあれば、車イスは動いてしまいます。特に駅のプラットホームが危険です。止まったら必ずブレーキを!

④傷害致傷罪

片マヒの人のマヒのある側の手が、ひじ当てから落ちて車輪にからまれてしまうケースがあります。特に感覚がマヒしている場合には大きなケガになることもあるので、必ず確認しましょう!

⑤一旦停止違反

画像: ⑤一旦停止違反

見通しの悪い曲り角では必ず一旦停止を。介助者は体をのり出して、歩行者や自転車が来ないかを必ず確認しましょう!

なお、本稿は『イラスト図解 いちばんわかりやすい介護術』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。詳しくは下記のリンクからご覧ください。

画像: 【車椅子の選び方】種類と各部の名称 車椅子を選ぶ時のポイント 用途と体格に合わせて安全優先に
イラスト図解 いちばんわかりやすい介護術
¥1,650
2020-12-15 9:33

※⑯「介助の基本 車イス」はこちら

This article is a sponsored article by
''.