車イスは「ただ押してあげればいい」と思っていませんか。介助する前に、あなた自身が車イスに座って誰かに押してもらってみてください。不安でしかたないはずです。車イス介助には、お年寄りへの「気配り」が必要です。【解説】三好春樹(生活とリハビリ研究所代表)

執筆者のプロフィール

画像: 執筆者のプロフィール

三好春樹(みよし・はるき)

1950年生まれ。生活とリハビリ研究所代表。1974年から特別養護老人ホームに生活相談員として勤務したのち、九州リハビリテーション大学で学ぶ。理学療法士(PT)として高齢者介護の現場でリハビリテーションに従事。1985年から「生活リハビリ講座」を開催、全国で年間150回以上の講座と実技指導を行い、人間性を重視した介護の在り方を伝えている。『関係障害論』(雲母書房)、『生活障害論』(雲母書房)、『ウンコ・シッコの介護学』(雲母書房)、『介護のススメ!希望と創造の老人ケア入門』(ちくまプリマー新書)など著書多数。
▼三好春樹(Wikipedia)
▼生活とリハビリ研究所(公式サイト)
▼@haruki344(Facebook)
▼専門分野と研究論文(CiNii)

本稿は『イラスト図解 いちばんわかりやすい介護術』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。

イラスト/ひらのんさ

車イス介助の勘違い
介助者のペースで
車イスを押していませんか?

画像: 車イス介助の勘違い 介助者のペースで 車イスを押していませんか?

ここがNG

お年寄りにとっては、運命を介助者に任せてしまった感じがして不安です。早く押されるほど恐怖心も増していきます。

車イス介助の基本動作

前に進むとき

車イスを押すスピードはお年寄りが歩くときの速さが基本。動き始め、止まるとき、曲がるときには必ず声をかけましょう。

車イスでの介助をすることになったら、一度「車イス体験」をしておきましょう。車イスに乗る人の気持ちがよくわかります。

画像: 前に進むとき

坂道を上がるとき

わずかな傾斜でも力がかなり必要です。「老老介護」では大変ですよね。若い人でも慎重に、決して手を離さないで。

画像: 坂道を上がるとき

坂道を下るとき

バランスを安定させるため、後ろ向きに下るのが原則です。ブレーキをかけるつもりでゆっくり下りましょう。

画像: 坂道を下るとき

車イスで段差を上がる&下りる方法

高さ20㎝ぐらいの段差なら、車イスで越えることができます。操作のコツを覚えましょう。

スロープより安全な車イス用階段

バリアフリーといっても、車イスで角度の大きいスロープを上り下りするのは力がいります。かといって、スロープの角度を小さくすると、車イスを押す距離が長くなるので介助も大変です。

意外と使いやすいのが「車イス用階段」です。車イスは、スロープでは常に力を入れていないといけませんが、階段なら力が必要なのは一瞬だけです。ただし、操作のコツをマスターする必要があります。また、電動車イスには使えません。

愛媛県松山市にある「在宅介護研修センター」のロビー、徳島県吉野川市の「宅老所生き活き家」に設置されて見学者の間で話題になって各地に広がっています。

▼車イス用階段

車イス1台と介助者が一緒に立てるよう一段のスペースがタテに長い階段。車イスの特性を生かした構造で、力を使わずに段を上ることができます。

段差を上がる

①前輪を浮かします

車イスの後ろに2本突き出したティッピングバーを片足で押し、両手で車イスを引くと前輪が浮きます。その前輪を段に上げます。

画像: ①前輪を浮かします

②後輪を段差に押しつけます

力任せに後輪を浮かせようとして持ち上げてはいけません。段差に後輪をぴったり押しつけたまま、前に進むのがポイントです。

前輪が段にしっかりのったことを確認しましょう。

画像: ②後輪を段差に押しつけます

③持ち上げないで押す

両手で押すと段差の角とタイヤの一点を接点にして後輪が上がってきます。

画像: ③持ち上げないで押す

段差を下りる

①後輪を段差の角に押しつける

力任せに持ち上げないで、後輪を段差の角に密着させたまま後退します。

画像: ①後輪を段差の角に押しつける

②ティッピングバーを踏んで
前輪を上げる

後輪が床についたら少し後ろに引き、前輪を軽く上げます。

必ず背後の安全を確認しましょう。

画像: ②ティッピングバーを踏んで 前輪を上げる

③ブレーキをかけて前輪を着地させる

このとき、前輪をドンと落とさないよう、片足でティッピングバーを踏んでブレーキをかけてください。

画像: ③ブレーキをかけて前輪を着地させる

高い段差や悪路の対処法

40㎝の段差がある場合、その前に20㎝の台を置いてください。ただし、車イスと介助者が乗れるよう、台には100㎝の長さが必要です。これで上で紹介した方法で上り下りできます。

画像: 高い段差や悪路の対処法

でこぼこ道の場合

画像1: でこぼこ道の場合
画像2: でこぼこ道の場合

でこぼこの道や砂浜、雪道では車イスの前輪が動かなくなります。そこで前輪を軽く浮かせて押す方法があります。大人数で持ち上げる前にぜひ試してみてください。

なお、本稿は『イラスト図解 いちばんわかりやすい介護術』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。詳しくは下記のリンクからご覧ください。

画像: 【車椅子介助の基本動作】段差を上る下りる 坂道を上がる下る技術 動くとき 止まるとき 曲がるときのコツを解説
イラスト図解 いちばんわかりやすい介護術
¥4,374
2020-12-15 9:21

※⑮「介助の基本 車イス移乗」はこちら

This article is a sponsored article by
''.