この記事では、無印良品の人気商品を実際に購入して使用した感想をレポートしていきます。今回は、裏地にボアを使用した「裏ボアフリースカーディガン 婦人M~L・ベージュ」をレビュー。ボア素材カーディガンの選び方、同商品の基本情報、実際に着てみた個人的な感想や評価もまとめました。ぜひ参考にしてみてください。(無印良品調査隊29)

評価者のプロフィール

画像: 評価者のプロフィール

2児の母として子育てに励むワーキングマザー。生活を快適にするグッズ、おしゃれな最新商品に常に目を光らせている。子どもの頃から釣りが好きで、アウトドア系の商品もリサーチ中。物欲を抑えるためにものすごいパワーを使っている。

ボア素材カーディガンの選び方

厚手アウターの意外なデメリット

先日大きなショッピングモールで買い物をするため、いつものようにコートやマフラーを着込んで外出した私。しかし電車やショッピングモールの中はとても暖かく、防寒アイテムが邪魔な荷物になってしまいました。厚手のアウターは保温性が高くて安心ですが、脱いだら邪魔になってしまうのが大きなデメリット。そんな時には、サッと羽織れて動きやすいボア素材のカーディガンがぴったりです。今回は寒い日でも身軽にお出かけするために、ボア素材カーディガンの選び方や着こなし方をチェックしていきましょう。

インナーの組み合わせ次第で大人コーデに!

ボア素材は起毛生地の一種で、長い毛足をくるんとカールさせた羊毛のような見た目が特徴。柔らかくて手触りがいいだけでなく、保温性が高いため冬のファッションによく使われています。ボア素材を使ったカーディガンは一般的なカーディガンより厚みが出ますが、伸縮性が高いので見た目より扱いやすいアウターに。ほどよいもこもこ感で女性らしい可愛さを取り入れながら、しっかりと防寒することが可能です。

ショート丈のカーディガンは汎用性が高く、パンツともスカートとも相性が抜群。オーバーサイズでゆったり着こなせば華奢な印象になります。アウターとインナーのカラーを揃えると着ぶくれして見える恐れがあるので、あえて全く違うカラーを重ねるコーデがおすすめ。インナーにレースやシースルー素材などを合わせると、大人の色気漂うスタイルが完成しますよ。

より暖かくて大人っぽいコーデを目指すなら、ロング丈カーディガンがぴったり。カジュアルな印象の強いボア素材でも、上品できれいな印象にまとまります。ショート丈よりもボリューム感が出るため、ボトムスはスリムなパンツかタイトスカートでバランスを取りましょう。

私が今回購入した無印良品の「裏ボアフリースカーディガン」は、裏地にたっぷりボア生地を使ったロング丈カーディガン。オーガニックコットンを使用した肌に優しいアウターです。

画像: インナーの組み合わせ次第で大人コーデに!

「裏ボアフリースカーディガン」を買ってみた

価格は?

ボアはポリエステル100%素材ですが、表側は綿とポリエステルを50%ずつ配合したなめらかな生地。4990円(税込)と少し高めの価格ではあるものの、その分長く着られる丈夫な1着です。

画像: www.muji.com
www.muji.com

特徴は?

カラーはミルクティーのように優しい色合いの「ベージュ」をチョイス。大きなフードや襟元からボアがさりげなく見えるデザインがおしゃれですね。袖が太めなので、中に着こんでもゆったりと着こなせます。

画像1: 特徴は?
画像2: 特徴は?

M~Lサイズを着てみた

160cmの私にはM~Lサイズがピッタリ

さっそく羽織ってみたところ、ボアが優しく体を包み込んで暖かい着心地。肩回りにも余裕があり、動きの邪魔になる心配がありません。

画像: 身長160cm、体重46kgの女性が着用

身長160cm、体重46kgの女性が着用

画像1: 160cmの私にはM~Lサイズがピッタリ

袖の丈も長く、手首が寒くないのも嬉しいポイント。両サイドにはポケットもついていて、機能性もばっちりでした。

画像2: 160cmの私にはM~Lサイズがピッタリ
画像3: 160cmの私にはM~Lサイズがピッタリ

【無印良品調査隊㉙】
購入レビューまとめ

軽量なアウターで気軽にお出かけ!

画像: 羽織るだけで暖かい「裏ボアフリースカーディガン」

羽織るだけで暖かい「裏ボアフリースカーディガン」

実際に購入した人からも、「内側がボアなだけでこんなに暖かいなんて驚き!」「甘すぎないデザインだから気兼ねなく普段着に使える」「中が薄着でもかなり暖かい」と好評の声が。軽くて暖かい「裏ボアフリースカーディガン」があれば、お出かけがもっと楽しくなるかも?

画像: 【無印良品】見た目以上に軽くて暖かい「裏ボアフリースカーディガン」購入レビュー
裏ボアフリースカーディガン
▼内側に軽く柔らかなボアを使ったあたたかな素材が特長です▼綿はオーガニックコットンです▼表地:綿50%、ポリエステル50%、裏地:ポリエステル100%、背見返し:綿60%、ポリエステル40%▼原産国・地域:ベトナム

◆文・撮影=井上琴美(編集ライター)
※価格や情報は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.