【Windows10】タスクバーの通知領域に出るアイコンを表示・非表示にする方法

ガジェット

通知領域(タスクバーの右側にある小さなアイコンが並んでいるエリア)に入っている項目には、意外と重要なものが多い。タスクバーの通知領域に出るアイコンが多すぎると感じていたら、非表示にすることもできるので、その方法をわかりやすく解説していく。

タスクバーの通知領域に出るアイコンが多すぎる

通知領域とは、タスクバーの右側にある小さなアイコンが並んでいるエリアのこと。ここに入っている項目は、主にパソコンやWindowsの管理・設定に関するもので、意外に重要なものが多い。また、状況に応じて必要なときだけ表示されるものもある。なお、右端の日時表示周辺の小さなアイコンは、システムアイコンと呼ばれて区別されている。

これらの項目は、表示/非表示の選択が可能だ。「スタート」→「設定」→「個人用設定」→「タスクバー」を開き、その画面を下にスクロール。中ほどの「通知領域」で「タスクバーに表示するアイコンを選択します」か「システムアイコンのオン/オフの切り替え」を押すと、表示項目を選ぶことができる。オフにした項目は、通知領域にある上矢印「隠れているインジケーターを表示します」を押せば利用できる。

●タスクバーに表示されるアイコンはオン/オフできる

(1)「タスクバーに表示するアイコンを~」の画面。通知領域の表示項目は、この画面で選択できる。意味がわからない項目は、そのままでいい。

(2)こちらは「システムアイコンのオン/オフの切り替え」画面。「オン」になっていても、そのとき必要なければ表示されないものもある。

■解説/下島朗(エントラータ)

ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース