【オンライン会議】部屋を見られたくない時の「バーチャル背景」とは?

ガジェット

オンライン会議で自室の様子を見られたくない人も多いはず。「Zoom」のバーチャル背景機能を使ってみよう。「Zoomミーティング」の設定画面の「背景とフィルター」を開き、画像をクリックすると背景として事前に設定できる。「グリーンバック」と呼ばれる緑色の背景用スクリーンが必要な場合もある。

オンライン会議で自室の様子を見られたくない

自宅からオンライン会議に参加する場合、部屋の様子を見られたくないという人も多いだろう。そこで使いたいのが、「Zoom」のバーチャル背景機能。画像や動画を背景として設定でき、背後を隠すことができる。背景素材はあらかじめ備えてあるものに加え、手持ちの画像や動画をアップロードして使うこともできる。

●「Zoom」でバーチャル背景を利用する

「Zoomミーティング」の設定画面の「背景とフィルター」を開き、画像をクリックすると背景として事前に設定できる。

ただし、そのままバーチャル背景を使うには、パソコンのCPU性能など、スペック条件を満たすことが必要。スペックが足りない場合は、別途「グリーンバック」と呼ばれる緑色の背景用スクリーンを設置する必要がある。

グリーンバックはAmazonなどで多数取り扱っている。背後に設置すれば、スペック条件を満たさない場合でもバーチャル背景が使える。

※価格は記事作成当時のものです。

■解説/宮下由多加(ITライター)

ガジェット知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース