【SSIDの変更方法】自分のWi-FiルーターのSSIDを見つけづらい時の対処方法

ガジェット

同じメーカーのルーターが近くにあると自分のルーターのSSIDを見分けにくい。そんなときは、自分のWi-FiルーターのSSIDを好みのものに変更するといい。取扱説明書に従い、スマホの専用アプリやパソコンのウェブブラウザーで、Wi-Fiルーターの設定画面にアクセスしてみよう。

似ているSSIDが多くて見つけづらい……

▶設定でSSIDを変更しよう

Wi-Fiルーターの工場出荷時のSSIDは、先頭の文字列がメーカー名などと決まっており、同じメーカーのルーターが近くにあると自分のルーターのSSIDを見分けにくい。

こんなときは、自分のWi-FiルーターのSSIDを好みのものに変更しよう。取扱説明書に従い、スマホの専用アプリやパソコンのウエブブラウザーで、Wi-Fiルーターの設定画面にアクセス。SSID欄に自分で考えたSSIDを入力し、「設定」や「保存」を押せばいい。ただし、SSIDを変更したら、今まで接続した端末との接続設定はやり直しとなる。

スマホやパソコンで設定画面からSSIDを変更しよう

ルーターの設定変更はスマホでも可能。SSIDを独自のものに書き替えて、端末との接続設定をやり直す

●解説/福多利夫(フリーライター)

ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース