【ネットの通信速度が遅い】対策にまず「ルーターの再起動」をしてみよう

ガジェット

混み合う時間帯ではないのに極端な速度低下が続くなら、Wi-Fiルーターが原因である可能性が高い。Wi-Fiルーターを長期間(数ヵ月~)稼働させ続けていると、処理能力が低下する場合がある。これは、Wi-Fiルーターを再起動させることで解消できる場合が多い。

突然、ネットの通信速度が遅くなった……

▶ルーターの再起動が有効

まず、考えられるのは回線の混雑。これは回線業者を変えるぐらいしかできることはない。

また、混み合う時間帯ではないのに極端な速度低下が続くなら、Wi-Fiルーターが原因である可能性が高い。Wi-Fiルーターを長期間(数ヵ月~)稼働させ続けていると、処理能力が低下する場合がある。これは、Wi-Fiルーターを再起動させることで解消できる場合が多い。また、Wi-Fiルーターに限らず、長期稼働による不調は珍しくないので、速度低下がなくても、宅内機器を2~3ヵ月ごとに再起動させると、好調を維持できるだろう。

ルーターを再起動してみよう

Wi-Fiルーターの電源を切り、再び電源を入れる。電源ボタンがなければ電源ケーブルを抜き差しする。

●解説/福多利夫(フリーライター)

ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース