【光回線】光コンセントとは?ONUとは?利用するのに必要な機器と接続の流れ

ガジェット

「光コンセント」は、光回線の開通工事で宅内の壁に設置される専用差込口のこと。電話のモジュラージャックあたりに設置される場合が多いが、配線状況によっては異なる場合もある。ここでは、戸建ての場合の光回線の利用に必要な機器と接続の流れを解説する。

光コンセントとかONUって何?どこに設置する?

▶どちらも光回線の利用に必要なネットワーク機器

「光コンセント」は、光回線の開通工事で宅内の壁に設置される専用差込口のこと。電話のモジュラージャックあたりに設置される場合が多いが、配線状況によっては異なる場合もある。この光コンセントに、回線事業者からレンタルした「ONU」(回線終端装置)を光ケーブルでつなげば、インターネットを利用できる仕組みだ。

ONUは、光信号をスマホやパソコンで扱えるようにデジタル信号に変換する装置で、これに、ONUからの通信をパソコンなどの機器に振り分ける「ホームゲートウェイ」(業者やプランにより名称は異なる)を付属のケーブルで接続すればOK。ホームゲートウェイはONUやひかり電話、Wi-Fi機能などと一体化している場合多い。

光回線の利用に必要な機器と接続の流れ(戸建ての場合)

(1)光回線の基地局
光回線の工事では最寄りの基地局から宅内へ光ファイバーが引き込まれ、光コンセントが設置される。

(2)自宅の光コンセント
ここにONUなどのネットワーク機器を接続して利用する仕組みだ。

(3)ONU(回線終端装置、モデム)
ONU本体に付いている専用ケーブルを光コンセントに接続。

(4)ホームゲートウェイ(レンタルルーター)
ONUとホームゲートウェイ(レンタルルーター)はLANケーブルでつなぐ。最近は両者が一体化したタイプが多い。

(5)Wi-Fiルーター
自分で用意したWi-Fiルーターは、ホームゲートウェイにLANケーブルで接続すればいい。

(6)スマホやパソコンなど
Wi-Fiルーターとパソコンやスマホを接続すれば、無線でインターネットが使える。

●解説/宮下由多加(ITライター)

ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース