格安SIMと呼ばれるMVNO(自らは回線を持たず、他社から通信回線を借りて運営する携帯通信事業者のこと。仮想移動体通信事業者ともいう。)も、続々と新料金プランを打ち出している。例えば、IIJmio(ミオ)は、「ギガプラン」を導入。2Gバイトから20Gバイトまでの5段階制だ。

20Gバイト2068円の新プランで大手に対抗!

格安SIMと呼ばれるMVNO(自らは回線を持たず、他社から通信回線を借りて運営する携帯通信事業者のこと。仮想移動体通信事業者ともいう。)も、続々と新料金プランを打ち出している。

例えば、IIJmio(ミオ)は、「ギガプラン」を導入。2Gバイトから20Gバイトまでの5段階制で、データ容量は繰り越しにも対応する。料金は2Gバイトで858円、20Gバイトで2068円。

IIJmioの新料金プランも段階制

IIJmio・ギガプラン(ドコモ、au回線に対応)
月額料金858(2Gバイト)~
2068円(20Gバイト)まで5段階
高速データ
通信容量
2G/4G/8G/15G/20Gバイト
(5G回線も利用可能※)
通話料22円/30秒
※月額660円のオプションで1回3分まで通話無料
※2021年6月以降提供予定。利用は無料

また、イオンモバイルは0.5Gバイトから50Gバイトまで17種類から選べる「さいてきプラン」を導入。料金は20Gバイトで2398円と、いずれも大手キャリアよりも安く、データ使用量の少ない人や、2回線めのユーザーにピッタリだ。

魅力的なSIMフリー端末が続々登場!

シャープ
AQUOS sense5 SH-M17
実売価格例:5万600円

格安SIMでは買いやすいミドルレンジモデルが売れ筋になっている。AQUOS sense5は、5Gも利用できるデュアルSIM対応端末だ。

画像: 20Gバイト2068円の新プランで大手に対抗!
ディスプレイメインカメラ
5.8型
液晶
1080×2280
1200万
1200万
800万

※価格は記事作成時のものです。

■解説/石野純也 (ジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.