クレジットカードによる囲い込み感が少ないAmazonだが、Amazon Mastercardでポイントアップできる。また、JCBカードのOkiDokiポイントは、実はAmazonの支払いに利用できるのだ。

[別記事:【Amazon】利用時の注意点は?サクラレビューや高値商品があるってほんと?→

Amazonで使うクレジットカードはAmazonマスターカードが最有力

ネット通販は、代金引換、コンビニ払い、ATM払い、電子マネーなど各種支払い方法に対応しているが、やはり外せないのがクレジットカード。そして、楽天もYahoo!も自社カードで支払うと大幅にポイントアップしてお得感が増し、これによってユーザーの囲い込みを図っている。

一方でAmazonには、そこまで強力なカードがないように思われている。しかし、Amazon Mastercardクラシックを利用すると、プライム会員なら2%、非会員でも1.5%のポイント還元がある。

このカードはAmazon以外の買い物でも1%が還元される。さらに、ゴールドカードだとプライム会員でも非会員でもAmazonの買い物でポイント還元が2.5%に増える。

仮に、プライム会員がこのクラシックカードで10万円の買い物をした場合、ポイント還元は2000円。さらに、定期おトク便で定期的に日用品や消耗品を買っていれば、年間では意外に大きな金額になる。会費も十分まかなえるだろう。カードの年会費は、年に一度でも利用すれば翌年は無料になる。

申し込み後、すぐに買い物が可能

画像: クレカによる囲い込み感が少ないAmazonだが、Amazon Mastercardでポイントアップできる。申し込み後、すぐに仮カードで買い物が可能。

クレカによる囲い込み感が少ないAmazonだが、Amazon Mastercardでポイントアップできる。申し込み後、すぐに仮カードで買い物が可能。

ギフト券にチャージすれば大幅ポイントアップが可能

ギフト券というと、普通は商品券やコンビニなどで売っているカード型が思い浮かぶ。Amazonにも、こうしたギフト券があるが、ほかにチャージタイプのギフト券がある。これは、Amazonの中だけで使える電子マネーのようなもので、これを使うと最大2.5%のポイントを獲得できてお得だ。

例えば、プライム会員が10万円分を購入すると2500円分のポイントが還元されて、Amazon内で買い物に使える。利用は簡単で、Amazonギフト券チャージタイプを商品として購入すればいい。その際、チャージ金額を選べる。

自分で買って自分で使うギフト券でポイントをもらう

1回のチャージ金額通常会員プライム会員
9万円〜2.0%2.5%
4万円〜1.5%2.0%
2万円〜1.0%1.5%
5000円〜0.5%1.0%

JCBカードのポイントは、Amazonの決済に使える

クレジットカードのポイントは、一般に使い切るのが難しい。例えば、JCBカードのOkiDokiポイントは、ディズニー関連の利用には便利だが、通常の買い物で使うには商品券に交換したりスタバカードのポイントに変換したりする必要がある。

しかし、実はAmazonの支払いに利用できるのだ。レートは1ポイント=3.5円で、これはJCBカード利用額の0.35%に相当する。

また、条件や期間が限定されるものの、カードの種類ごとにOkiDokiポイントが2~30倍になるキャンペーンも随時実施されている。

対象カードで買い物すると自動的に登録

画像: Amazonで、OkiDokiポイント対象のJCBカードで買い物をすると自動的にポイント利用が可能になる。できないときは、この「パートナーポイントプログラム」のページで登録しよう。

Amazonで、OkiDokiポイント対象のJCBカードで買い物をすると自動的にポイント利用が可能になる。できないときは、この「パートナーポイントプログラム」のページで登録しよう。

※価格、サービス内容は記事作成時のものです。

■解説/下島 朗(エントラータ)

This article is a sponsored article by
''.