ネット通販の「専門ショップ」は、大手通販サイトのような幅広いジャンルの網羅性をすっぱりと切り捨てたぶん、得意ジャンルについては微に入り細を穿つ品ぞろえを実現している。ここでは、注目ショップをパソコン&家電、日曜大工の工具などジャンル別にピックアップして紹介する。

ネット通販
ジャンルを絞った「専門ショップ」に注目!ほかにもあるおすすめショップガイド

Amazonや楽天のような大手の総合通販サイトは、さまざまなジャンルを扱っているため、手間なく目当ての商品を見つけられるのが大きなメリットといえる。ただし、当然、あらゆるジャンルの商品をすべて取り扱うわけにもいかないため、傾向としては「広く浅く」になりがちだ。

特定のジャンルを深く求めたいときに役立つのが、「専門ショップ」だ。大手通販サイトのような幅広いジャンルの網羅性をすっぱりと切り捨てたぶん、得意ジャンルについては微に入り細を穿つ品ぞろえを実現。しかし、専門ショップは個別にサイトを構えているため、なかなか見つけにくいのが難点だ。ここでは、注目ショップをジャンル別にピックアップして紹介する。

まず、パソコンや家電は「NTT-X Store」と「ひかりTVショッピング」が一見の価値あり。両者ともにお得な割引クーポンを頻繁に配布しているほか、ひかりTVショッピングではポイント還元も実施。通常は1%だが、セール期間中は20%などの高還元率の商品も用意している。

パソコン&家電がとにかく安い!

画像: 「NTT-X Store」は、NTTグループだが、パソコンや家電が特に充実しているほか、クーポンによる値引きセールも多数開催している。

「NTT-X Store」は、NTTグループだが、パソコンや家電が特に充実しているほか、クーポンによる値引きセールも多数開催している。

また、ヘッドホンなら「サウンドハウス」や「e-イヤホン」が充実の品ぞろえ。国内モデルはもちろん、海外モデルも豊富に取りそろえており、大手通販サイトでは不足を感じる愛好家でも、大いに満足すること請け合いだ。

人気の海外ブランドもお任せ!

画像: 「サウンドハウス」は音響機器や楽器などを扱い、海外製のヘッドホンやイヤホンも数多く取り扱っている。価格もリーズナブルだ。

「サウンドハウス」は音響機器や楽器などを扱い、海外製のヘッドホンやイヤホンも数多く取り扱っている。価格もリーズナブルだ。

巣ごもり需要の日曜大工で引っ張りだこの工具なら、「モノタロウ」が強い。取り扱い商品はなんと1800万点に及ぶ。現在では個人でも購入可能だが、もともとは業者向けなので、プロ向け工具も多数取り扱っている点も心強い。

プロの職人向けの工具も買える!

画像: 「モノタロウ」は、本来プロの職人向けの通販サイトだけあって、工具はもちろん、専門的な部材などを割引価格で多数販売。個人でも購入可能だ。

「モノタロウ」は、本来プロの職人向けの通販サイトだけあって、工具はもちろん、専門的な部材などを割引価格で多数販売。個人でも購入可能だ。

さらに、「アップルストア」では、iPhoneシリーズを購入可能だが、実は一括価格を比べた場合、モデルによってはキャリア版より2万円ほど安い場合もある。しかも、アップルストアで買えば、初めからSIMフリー仕様なので、キャリアを選ばず利用できる点も魅力だ。

さらに、定番ファストファッションの「ユニクロ」も要注目。実はオンラインストアでは実店舗にはない「XXL」以上のサイズもある。支払い方法に「ユニクロ店舗レジ支払い」を選択すれば、店舗での無料返品も可能だ。

店舗では買えないサイズも販売!

画像: 「ユニクロ」のオンラインショップでは、「XXL」以上のサイズも販売。ちょうどいいサイズを手間なく見つけられるので便利だ。

「ユニクロ」のオンラインショップでは、「XXL」以上のサイズも販売。ちょうどいいサイズを手間なく見つけられるので便利だ。

最後に、少々ハードルは高いが、海外通販を利用すれば、高額な輸入品も現地価格で購入可能。例えば、中国製品の通販なら「AliExpress(アリエクスプレス)」が、品ぞろえ豊富で安く、日本語にも対応していて使いやすい。Amazonの海外サイト「Amazon.com」も、表記が英語になるが、日本への配送に対応している商品は思いのほか多いので、チェックしてみよう。

気になる輸入品を現地価格でゲット!

画像: 「AliExpress」は、中国の大手通販サイトで、家電からおもちゃまで多彩なジャンルの商品を販売。現地価格で買えるので非常にお得だ。

「AliExpress」は、中国の大手通販サイトで、家電からおもちゃまで多彩なジャンルの商品を販売。現地価格で買えるので非常にお得だ。

ネット通販
コロナ時代の今、最適なパソコンは直販サイトで好みの仕様を選べ!

新型コロナ禍ということで、大手量販店などの実店舗で、さまざまなモデルを触って比較・検討するのは厳しいところ。とはいえ、自分にとって最適なスペックのパソコンを手に入れるのが不可能かというと、そんなことはない。パソコンメーカーの直販サイトを利用すればいい。

実際、新型コロナ感染予防の一環としてテレワークが広く普及し、パソコン需要が伸びた結果、パソコンメーカーでもかつてないほど「直販」に力を注いでいる。パソコンのスペックをカスタマイズして購入できる、BTOやCTO販売といえば、かつてはグローバルメーカーの十八番だったが、現在は、店頭販売中心だったNECや富士通などの国内メーカーにも幅広く普及。家にいながらにして、希望するスペックのパソコンや店頭にはない個性的なモデルを自由に選べるようになっている。

しかも、煩雑な流通を経ないぶん、店頭モデルより価格もお手ごろ。納期が気になる人には即納モデルも販売していることが多いので、チェックしてみる価値は大いにあるはずだ。

直販モデルで好みの一台に仕上げる!

画像: メーカー直販でもスペックのカスタマイズが可能な場合は多い。わざわざ店頭に行かなくても、最適なモデルを十分購入可能だ。

メーカー直販でもスペックのカスタマイズが可能な場合は多い。わざわざ店頭に行かなくても、最適なモデルを十分購入可能だ。

※価格、サービス内容は記事作成時のものです。

■解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.