じめじめした梅雨の時期を前に、子どもの水分の消費量が急に多くなる。筆者も5月に入ってから「お母さん、のど乾いた~」と、子どもの声を聞く回数が急に多くなった。暑い夏を前に、水筒の買い替え、買い足しを検討する家庭が多いことから、実際に選ばれている「子ども向けの水筒」を現役ママに緊急調査。サーモス、タイガー、象印など、オシャレでかっこいい直飲みタイプの水筒を紹介する。

はじめに

一昔前は、遠足や運動会の時に必要だというイメージだったが、今や毎日の通園、通学に欠かせない水筒。メーカーや飲み口のタイプ(直飲み、コップ、ストロー等)、容量も様々で、どのような水筒が我が子に最適なのか、迷うところだ。そこで、現役ママに購入した水筒を教えてもらい、実際に選ばれている水筒を調べることにした。

現役ママ45人に調査!
「子供が使っている水筒のメーカー、教えて下さい!」

人気No1メーカーは「サーモス」

幼児(4才~)・小学生(低学年)の子どもがいるママ45人に、実際に幼稚園や小学校に持っていく水筒をアンケートしたところ、以下のような結果となった。

画像1: 子どもがいるママ45人に、実際に幼稚園や小学校に持っていく水筒をアンケート(筆者調査)

子どもがいるママ45人に、実際に幼稚園や小学校に持っていく水筒をアンケート(筆者調査)

45人中、約半数の23人の子供が、サーモスの水筒を使用していると答えた。続いて、タイガー8人、スケーター7人、象印3人、OSK2人、その他2人という結果になった。

飲み口は、直飲み派が大多数

45人に実際使用している飲み口を聞いたところ、43人が直飲みと答え、コップとストローと答えたのは、それぞれ1人だった。
※幼稚園や小学校側から、飲み口についての指定はされていない。

画像2: 子どもがいるママ45人に、実際に幼稚園や小学校に持っていく水筒をアンケート(筆者調査)

子どもがいるママ45人に、実際に幼稚園や小学校に持っていく水筒をアンケート(筆者調査)

2wayでも直飲み派が多数

直飲みと答えた43人のうち、29人は直飲み専用、14人はコップと直飲みの2通りが可能な2wayタイプの水筒を使用していた。つまり、2wayタイプを所持していても、実際に使われているのは直飲みの飲み口だということがわかった。

筆者の子どもも、2wayを使用しているが、9割は直飲み、残り1割がコップ仕様で出かけている。 

結果は…

子供が使用している水筒の約半数は、「サーモスの直飲み」だった。

水筒買い替えのタイミング、実は年長クラス?!

ある幼稚園では、年中クラス男子の水筒は、容量500ml以下のキャラクター系ボトルが目立つが、年長クラス男子になるとキャラクター系は少数派になり、容量も800ml以上のスポーツボトルが多く使われるようになっている。同学年を2年にわたり追跡した結果ではないものの、筆者は次のように考えた。

一般的に、幼稚園入園時、小学校入学時に水筒を買い替えるのではないかと想像していたが、幼稚園の3年間での子供の体格の成長は著しく、年少&年中では容量500ml以下のキャラクター系ボトルを使用し、年長以降で小学生になっても使える容量800ml以上のスポーツボトルタイプに買い替える家庭が多いのではないだろうか。

画像: ※上下とも2021年5月同日に撮影

※上下とも2021年5月同日に撮影

This article is a sponsored article by
''.