無印良品のサブスクが注目を集めています。月額500円程度で家具をレンタルできるサービスなのですが、いまいち仕組みがわからない方も多いはずです。そこで本記事では、無印良品のサブスクのメリットや注意点を解説します。結局のとろこお得なのかという点にも触れているので、ぜひ参考にしてください。

無印良品のサブスクとは?押さえておきたいメリット

無印良品のサブスクとは、「買ってもよし。借りてもよし。」をコンセプトにした家具のサブスクリプションサービスです。月額制でベッドやチェアをレンタルでき、契約期間が終了した後はそのまま購入することもできます。

しかし、家具をレンタルできるといっても、いまいち何が魅力なのかピンときませんよね。そのような方のために、ここでは無印良品のサブスクを利用するメリットをご紹介します。

低コストで家具を揃えられる

無印良品のサブスクを利用すれば、低コストで様々な家具を揃えられます。

画像1: www.muji.com
www.muji.com

一人暮らしを始める場合、家具をすべて揃えるとかなりの金額になります。私の場合はデスクが1万円、マットレスが1万円、チェアが1万5,000円でした。それに加えてラックや収納グッズも用意する必要があり、出費がかさんだ記憶があります。

しかし、無印良品のサブスクなら、1商品あたり月額500円前後で利用可能です。ベッド・デスク・チェアを3つ揃えても、月額1,500円程度に収まります。

シンプルな家具が多い

シンプルな家具が多いのも、無印良品のサブスクを利用するメリットです。白やベージュ、黒を基調とした家具ばかりなので、どのような部屋の雰囲気を壊しません。かといってデザイン性が低いわけでもなく、誰が見てもオシャレさを感じる見た目になっています。

また、ベッドに関しては、スモール・シングル・セミダブル・ダブルサイズまで用意。一人暮らしの大学生、3人暮らしのファミリー層など、幅広い方に満足していただけるでしょう。

家具の処分に困らない

画像2: www.muji.com
www.muji.com

無印良品のサブスクでは、契約期間の終了とともに家具を返却することが可能です。返却時の送料や家具の梱包も不要で、自宅まで取りに来てくれます。

もちろん、家具が気に入ればそのまま買い取ることも可能です。契約期間が3年以下の場合、4年間までならサブスクの期間を延長できます。

例)チェアを2年契約→2年延長して合計4年間の利用

無印良品のサブスクの注意点

ここでは、無印良品のサブスクを利用するにあたっての注意点を解説します。

契約期間は1年単位

画像3: www.muji.com
www.muji.com

無印良品のサブスクは契約期間が定められており、1年・2年・3年・4年から選ぶ仕組みです。1ヵ月単位での契約は行っておらず、利用する際は長期間の契約が前提になります。

また、契約期間の途中でサブスクを解約する場合、途中解約金が発生するので注意してください。

申し込みは店舗窓口のみ

無印良品のサブスクの申し込みは店舗のみです。オンラインはもちろん、電話やメールで申し込むことができません。また、すべての無印良品店舗がサブスクを展開しているわけではなく、対応店舗というものが存在します。

お近くの対応店舗を知りたい方は、公式サイトを参考にしてください。

送料は別料金

無印良品のサブスクでは、レンタルした家具を自宅まで届ける際に送料が発生します。送料は商品によって異なり、店舗での契約時に支払う仕組みです。具体的な料金に関しては窓口で確認できますが、参考までに無印良品(通常時)の送料を添付しておきます。

画像: www.muji.net
www.muji.net

無印良品のサブスクは高い?おすすめ?

画像: 無印良品のサブスクは高い?おすすめ?

「結局のところ、無印良品のサブスクは高いの?おすすめなの?」と気になる方は多いと思います。結論、これから一人暮らしを始める大学生、ワンポイントでの利用を検討しているファミリー層におすすめです。

大学生の一人暮らしの場合、マットレス(シングル)、コンパクトなデスク、収納ラックあたりがあれば生活できます。その場合の料金シミュレーションは以下の通りです。

【大学4年間にわたって利用】

月額1,500円で無印良品の家具を利用でき、処分の手間も必要ないと考えればかなり得だと思います。ただ、これは大学4年間にわたって無印良品のサブスクを契約した際の金額です。契約期間が2年の場合は月額2,980円、1年の場合は月額5,730円になります。つまり、契約期間が短くなるほど、毎月の費用が増える仕組みです。

無印良品のサブスクは、1年契約でも4年契約でもトータルで支払う料金はそこまで変わりません。しかし、4年未満の契約の場合、低コストで家具をレンタルできるといった本サービスの魅力が薄れてしまいます。

大学生の一人暮らしであれば、4年契約でも使い続ける可能性が高いですし、就職等で引っ越しする際も家具の処分に困りません。

またファミリー層の場合、無印良品のサブスクだけでは必要な家具を揃えられないと思います。マットレスやラックなど、ワンポイントの利用にとどめておくといいでしょう。

※一括で家具を購入した場合、無印良品のサブスクよりもお得になるケースもあります。

無印良品のサブスクにベビー用品が追加!

無印良品のサブスクではベビー用品もレンタルできます。中でもおすすめなのがベビーベッドです。

画像4: www.muji.com
www.muji.com

育児の必須アイテムともいえるベビーベッドですが、使える期間はそこまで長くありません。また一括で購入してしまうと、処分の際に困るといったデメリットがあります。

無印良品のサブスクなら、月額3,000円からベビーベッドをレンタル可能です。興味のある方は、ベビーベッドの取扱店舗まで足を運んでみてください。

まとめ

無印良品のサブスクは大学生におすすめ

今回は無印良品のサブスクについて解説しました。最大の魅力は、低コストで家具をレンタルできるの点です。一括購入が難しい人も、無印良品のサブスクなら月額1,500円程度で利用できます。これから新生活を始める大学生にぴったりでしょう。

ただ、商品のバリエーションはそこまで豊富じゃないので、ファミリー層の方には物足りないかもしれません。その場合はマットレスだけ、デスクだけといった使い方もできるので、ワンポイントでの利用もおすすめです。

This article is a sponsored article by
''.