一目見て「かっこいい!」と思わせるシンプルで洗練されたコンパクトなボディは、オリンパスPENシリーズのDNAをしっかり継承している。ボディカラーはシルバーとホワイトの2色展開。新会社、OMデジタルソリューションズとして再出発したオリンパスブランドに注目だ。

オリンパスPENの新機種、E-P7がOMデジタルソリューションズから発売

新会社、OMデジタルソリューションズとして再出発したオリンパスブランドから、待望のPENシリーズニューモデル、E-P7が登場した。

OMデジタルソリューションズ
OLYMPUS PEN E-P7
実売価格例:10万7800円(ボディ)

画像: OLYMPUS PEN E-P7(ブラック)

OLYMPUS PEN E-P7(ブラック)

一目見て「かっこいい!」と思わせるシンプルで洗練されたコンパクトなボディは、オリンパスPENシリーズのDNAをしっかり継承している。ボディカラーはシルバーとホワイトの2色展開。

画像: OLYMPUS PEN E-P7(ホワイト)

OLYMPUS PEN E-P7(ホワイト)

2013年発売のE-P5の後継となるモデルで、有効画素数は2030万画素、画像エンジンはTruePicⅧを搭載。センサーシフト式のボディ内5軸手ブレ補正機構は、最大4.5段分の補正効果を発揮。

画像: コンパクトなボディながら、天面にはフロントとリアの二つの操作ダイヤルを装備。絞り値やシャッタースピード、感度などをコントロールして本格的な撮影ができる。

コンパクトなボディながら、天面にはフロントとリアの二つの操作ダイヤルを装備。絞り値やシャッタースピード、感度などをコントロールして本格的な撮影ができる。

何より目を引くのは、コンパクトで上質な仕上げの洗練されたボディ。ボディ単体で337グラム、標準ズームと組み合わせても430グラムという軽さ。フロントとリアのダイヤルにアルミ削り出しのパーツを使用するなど、デザインへの徹底したこだわりは、オリンパスブランドの健在ぶりを感じさせる。

画像: 下方向に180度、上方向に80度まで動かせるチルト式液晶モニター。下開きにした際には自動的に自分撮りモードに切り替わる。

下方向に180度、上方向に80度まで動かせるチルト式液晶モニター。下開きにした際には自動的に自分撮りモードに切り替わる。

※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.