お茶や紅茶を淹れることができる温度コントロールタイプの電気ケトル「テイエール 1.5L」は、取り外しができる茶こしやロック式のフタなど、お茶を淹れるのに適した仕様。タッチパネル式の電源プレートは、飲み物に合わせて7段階の温度設定が可能。本体は割れにくい耐熱強化ガラスだ。

緑茶からフルーツティーまで多彩なお茶を堪能できる温度コントロール可能なケトル

ティファールから、同社初となる、お茶や紅茶を淹れることができる温度コントロールタイプの電気ケトル「テイエール 1.5L」が登場した。

ティファール
テイエール 1.5L
標準価格:1万5813円

いろいろなお茶レシピに挑戦!

画像: 緑茶からフルーツティーまで多彩なお茶を堪能できる温度コントロール可能なケトル

取り外しができる"茶こし"に緑茶や紅茶などの茶葉を入れて、そのままティーポットとして使うことが可能。

さらに、1~10分まで1分単位での煮出し時間を設定できる"煮出しボタン"を使って、紅茶などを淹れたあとにフルーツを加えて煮出し、フルーツティーなどを手軽に作ることができるのもうれしい。

タッチパネル式の電源プレートは、7段階(60、70、80、85、90、95、100℃)の温度コントロールに対応。好みの温度に設定してお湯を沸かしたあとは、5~60分間まで5分単位で保温することができる。

画像: 取り外しができる茶こしやロック式のフタなど、お茶を淹れるのに適した仕様。タッチパネル式の電源プレートは、飲み物に合わせて7段階の温度設定ができる。本体は割れにくい耐熱強化ガラスを採用。

取り外しができる茶こしやロック式のフタなど、お茶を淹れるのに適した仕様。タッチパネル式の電源プレートは、飲み物に合わせて7段階の温度設定ができる。本体は割れにくい耐熱強化ガラスを採用。

①取り外しができる茶こし
取り外しができる茶こしがついて、ティーポットいらず。さらに茶こしの底が取れるので、お手入れも簡単です。

②取り外しができるフタ(ロック式)
フタを取り外せるので、ケトル内側の手入れがしやすく清潔に保つことができます。

③耐熱強化ガラス
割れにくい耐熱強化ガラスを使用(※耐熱温度は170℃)

④タッチパネル式電源プレート
飲み物に合わせて7段階の温度設定ができます。

※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.