キャンプの楽しさに限界はありません。キャンプでは「調理」すらも遊びになります。ガスやIH、電子レンジを使った料理とは一味違う、自分で起こした火で作るキャンプならではの料理をご紹介します。起こすのに二時間かかった炭火も、焦げついてしまったごはんも、不思議と楽しい思い出にしてくれるでしょう。書籍『キャンプでしたい100のこと』(西東社)の中から一部を紹介します。

本稿は『キャンプでしたい100のこと』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

外だとなお美味!本格スパイスカレーを作る

画像: 外だとなお美味!本格スパイスカレーを作る

手順さえわかれば難しくない!スパイスの使い方

キャンプといえばカレーという方、ぜひスパイスで本格カレーを作ってみてください。香り高いスパイスカレーは外で食べると格別おいしい!
スパイスの使い方は次の3つのコツをおさえておけばOKです。

①ホールスパイスはテンパリングする
油の中にスパイスを入れたら、加熱して油に香りを移す。

②パウダースパイスは仕上がり直前に
パウダーは香りや風味が飛びやすいので、ホールスパイスとは別にしておき、後入れする。

③「香り」「色」「辛さ」の3つを使う
香りの強いスパイス、色づけに適しているスパイス、辛みづけスパイスの3種類を組み合わせることで、カレーの味が決まる。

カレーで使うスパイス

▼カルダモン
清涼感のあるピリッとした香りと味。カレーには欠かせない。

画像1: カレーで使うスパイス

▼シナモン
甘い香りとスパイシーな味。深みのある味に仕上がる。

画像2: カレーで使うスパイス

▼クローブ
バニラのような香りと痺れるような味でカレーにコクが出る。

画像3: カレーで使うスパイス

▼ターメリック
色づけに使う。炊飯するときに加え、黄色いごはんにしても。

画像4: カレーで使うスパイス

▼カイエンペッパー
唐辛子の実を乾燥させたもの。辛みづけに使う。

画像5: カレーで使うスパイス

▼ガラムマサラ
インド料理で使うミックススパイス。辛みがある。

画像6: カレーで使うスパイス

▼クミン
独特な芳香でカレーがぐんと香り高くなる。

画像7: カレーで使うスパイス

▼ローリエ
月桂樹の葉。肉や魚の臭み消しになる。

画像8: カレーで使うスパイス

スパイスで作る基本のカレー

▼材料(2人分)

鶏もも肉 200g
トマト 1個
玉ねぎ 1/2個
サラダ油 大さじ2
カルダモン(ホール)  1粒
クミン(ホール) 小さじ1
にんにく(すりおろし) 小さじ1
生姜(すりおろし) 小さじ1
ターメリック(パウダー) 小さじ1
カイエンペッパー(パウダー) 小さじ1~
ヨーグルト 50g
水 100ml
塩 小さじ1/2~

▼作り方

鶏もも肉は一口大、トマトはサイの目、玉ねぎはみじん切りにする。

深めのフライパンか鍋にサラダ油をひき、カルダモンとクミンを入れて強火で加熱する。焦げないように注意。

画像1: ▼作り方

香りが出てきたら、玉ねぎを入れてさっと一度混ぜる。そのまま触らずに焼きつける。

玉ねぎに焼き色がしっかりついたらひっくり返し、裏側にも焼き色をつける。

にんにくと生姜、トマトを入れて炒める。

トマトが柔らかくなったら、ターメリックとカイエンペッパーを入れ、水分が飛ぶまでよく炒める。

画像2: ▼作り方

鶏もも肉とヨーグルト、水を入れて中火で10分煮込む。

画像3: ▼作り方

塩で味をととのえる。

画像4: ▼作り方

アレンジスパイスはお好みでプラス!

▼シナモン スパイシーな香りがほしいとき

▼コリアンダー 甘い香りがほしいとき

▼パプリカパウダー 燻製のような香りがほしいとき

▼ブラックペッパー 強い刺激がほしいとき

生地から絶品ピザを焼き上げる

アウトドアで食べる炭火の香りのピザ

外でも、オーブンがなくても、ピザは焼けるんです! スキレットやダッチオーブンを使えば、高温の窯で焼いたようにこんがりおいしくできあがります。大切なのは、上火と下火で加熱すること。いずれの場合も蓋の上に炭をのせて焼きます。

春夏なら生地をこねて外に置いておき、気温が低いときはシュラフの中に入れて発酵させましょう。家で準備していって、キャンプ場に着いたらすぐ焼くというのもいいですね。

画像: アウトドアで食べる炭火の香りのピザ

基本のピザの作り方

生地から手作りするピザは格別の味! 生地はこねて置いておくだけで簡単です。トッピングのアレンジも楽しんで。

▼材料(直径20cm 2枚分)

強力粉 200g
薄力粉 100g
ドライイースト 5g
塩 小さじ1/2
水 180ml

トッピング
ピザソース/チーズ/ピーマン/ミニトマト/バジル/サラミなど
※火が通るのに時間がかかるものは、あらかじめゆでておく。

▼道具

  • ボウル
  • ラップ
  • クッキングシート
  • 麺棒
  • フォーク
  • 蓋つきのスキレットまたはダッチオーブン

▼作り方

ボウルにすべての材料を入れ、10分ほどよくこねる。生地がふくらむので大きめのボウルで。

ベタベタしていた生地が手から離れるようになってきたら、ラップをしてあたたかい場所(25℃くらいの場所)に1時間置く。

画像5: ▼作り方

2倍の大きさにふくらんだら生地を取り出し、半分に切って、表面がつるりとするように丸める。

まな板にクッキングシートを敷き、打ち粉をして麺棒か手で直径20cmに丸く伸ばす。具材をのせる部分にだけフォークで穴を開ける。

画像6: ▼作り方

ピザソースや野菜、チーズをのせる。余熱しておいたダッチオーブンや蓋つきスキレットに生地を入れたら、上下に炭を置いて、焼き色がつくまで10分ほど焼く。

画像7: ▼作り方

具材アレンジ

照り焼きチキン+玉ねぎ+コーン+マヨ
ブルーチーズ+モッツアレラチーズ+はちみつ
じゃがいも+明太子+もち

サクッもちっ!究極の炭火トーストを焼く

おいしいトーストの肝は食パンの水分量にあり

外はサクッと香ばしく、中はふっくらもちっと! そんなトーストをキャンプで味わいたいなら、食パンの選び方と焼き方にこだわってみましょう。

もっちりふっくらとした食感を楽しむためには、パンの水分量が大切。一般的には、頭が山の形をしている山食ではなく、四角い角食の方がしっとりしています。

また、パンは切ると水分が抜けて乾燥しやすいので、かたまりで買い、トースト前に自分でスライスするのが理想です。

画像: おいしいトーストの肝は食パンの水分量にあり

シンプルで究極! 炭火トーストの焼き方

炭火は強めにし、網や鉄板をよく温めておく。

食パンは厚め(30mm程度)にスライスする。焼く直前に全体を霧吹きで軽く濡らし、中央に、厚さの半分くらいまで十字の切り込みを入れる。

網または鉄板を炭火から少し遠ざけてから食パンをのせ、焼き色がついたらひっくり返す。

※焦げやすいので注意深く様子を見る。
※短時間で香ばしく焼くのが、水分の蒸発しすぎを防ぐポイント。

トーストアレンジ12選

画像: トーストアレンジ12選

◇◇◇◇◇

なお、本稿は書籍『キャンプでしたい100のこと』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。本書は、キャンプの楽しみや喜びがさらに増すように、試行錯誤がより充実したものになるように「キャンプでしたいアイデア」を集めた、191ページに及ぶ良書です。掲載されているさまざまなアイデアを試して、ぜひ自分のスタイルを作り上げてください。詳しくは下記のリンクからご覧ください。

画像: 【キャンプの絶品料理】本格スパイスカレー・ピザ・炭火トーストの材料と作り方を紹介|キャンプのアイデア
キャンプでしたい100のこと
¥1,430
2021-09-06 11:31

This article is a sponsored article by
''.