iPhone 13シリーズは、画面サイズや性能が異なる4モデルが発売されている。どれを選ぶべきかと迷っている人も少なくなかろう。ここでは、実際に4モデルを使ってみた筆者が、各モデルの特徴をあらためて整理。ユーザーのタイプ別に最適と思われるモデルを提案する。

iPhone 13とiPhone 13 Proの差分は?

画像: 左からiPhone 13 mini、iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max

左からiPhone 13 mini、iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max

iPhone 13シリーズは、大きく2つに分けられる。スタンダードモデルが「iPhone 13」で、そのサイズ違いのモデルとして「iPhone 13 mini」がある。そして、より高性能なモデルとして「iPhone 13 Pro」があり、サイズ違いの「iPhone 13 Pro Max」が用意されている。

となると、iPhone 13がライトユーザー向けで、iPhone 13 Proがヘヴィユーザー向けと思いがちだが、そうでもない。どちらもハイスペックで、最も安いiPhone 13 miniでも8万6800円~(アップル直販価格/以下同)と、かなり高額だ。自分の使い方に合わせて、最適な1台を選ぶように心がけたい。

画像: 左からiPhone 13 mini、iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max。iPhone 13とiPhone 13 Proはカメラが異なる

左からiPhone 13 mini、iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max。iPhone 13とiPhone 13 Proはカメラが異なる

最大の違いはカメラ

最適な1台を選ぶうえで、まず抑えておきたいのが、iPhone 13とiPhone 13 Proの差分だ。最も大きな違いはカメラ。iPhone 13は、超広角+広角のデュアルカメラだが、iPhone 13 Proは、超広角+広角+望遠のトリプルカメラを搭載している。iPhone 13でも、最大5倍のデジタルズームで撮れるが、iPhone 13 Proでは、光学3倍で撮れて、デジタルズームは最大15倍で撮れる。しかも、iPhone 13 Proは、新たにマクロ撮影にも対応した。

画像: iPhone 13の超広角カメラで撮影

iPhone 13の超広角カメラで撮影

画像: iPhone 13の広角カメラで撮影

iPhone 13の広角カメラで撮影

画像: iPhone 13 Proの超広角カメラで撮影

iPhone 13 Proの超広角カメラで撮影

画像: iPhone 13 Proの広角カメラで撮影

iPhone 13 Proの広角カメラで撮影

画像: iPhone 13 Proの望遠カメラ(3倍)で撮影

iPhone 13 Proの望遠カメラ(3倍)で撮影

画像: iPhone 13 Proはデジタルズームで最大15倍。しかも、結構鮮明に写る

iPhone 13 Proはデジタルズームで最大15倍。しかも、結構鮮明に写る

実際に撮り比べてみたところ、画質には大きな差は認められなかった。
iPhone 13 Proには、暗い場所でも被写体との距離を測定できる「LiDARスキャナ」が搭載されている。そのため、夜景を撮る際に、iPhone 13 Proのほうが、iPhone 13よりもシャッタースピードが短かくて済んだ。夜景ポートレートを撮影するうえでも、iPhone 13 Proのほうが有利だ。

画像: iPhone 13で撮った夜景

iPhone 13で撮った夜景

画像: iPhone 13 Proで撮った夜景

iPhone 13 Proで撮った夜景

「13 Pro」は120Hzのリフレッシュレートに対応

ディスプレイは、どちらも有機ELだが、iPhone 13は「Super Retina XDRディスプレイ」、iPhone 13 Proは「ProMotion搭載Super Retina XDRディスプレイ」という名称になっている。

「ProMotion」は、リフレッシュレート(画面の更新速度)が最大120Hzで、ユーザーの使い方によって速度が自動で変わる機能を意味する。リフレッシュレートが60HzのiPhone 13に比べると、より滑らかにスクロールでき、スクロール時の残像が少ないことがメリットだ。

画像: 左からiPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max。表示できる情報量に差があるだけで、画質には差はない

左からiPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max。表示できる情報量に差があるだけで、画質には差はない

電池持ちは「13 Pro」に軍配が上がる

アップルは、iPhoneのバッテリー容量を公表していない。しかし、スペックシートにビデオや音楽の連続再生時間は記されていて、電池持ちの目安を推し量ることができる。電池の消耗が激しいストリーミングでのビデオ再生時間は下記の通りだ。

・iPhone 13 mini:最大13時間
・iPhone 13:最大15時間
・iPhone 13 Pro:最大20時間
・iPhone 13 Pro Max:最大25時間

iPhone 13 Proのほうが電池持ちがよく、さらにサイズが大きいほど電池が持つと考えてよい。

「13 Pro」のほうが高級感があるが、13の軽さも魅力

端末の質感にも違いがある。
iPhone 13は、側面のフレームにアルミ素材を用いていて、背面は光沢のあるガラス仕上げ。一方、iPhone 13 Proは、側面がステンレススチールで、背面パネルはガラスだが、マットな質感だ。好みにもよるが、iPhone 13 Proのほうが高級感がある。ただし、ケースに入れて使うのなら、さほど意識する必要はないだろう。

画像: 上がiPhone 13で、下がiPhone 13 Pro。サイドフレームや背面パネルの質感が異なる

上がiPhone 13で、下がiPhone 13 Pro。サイドフレームや背面パネルの質感が異なる

iPhone 13とiPhone 13 Proの画面サイズは、どちらも6.1インチだが、iPhone 13の重さが173gであるのに対して、iPhone 13 Proは203g。軽さでは、iPhone 13に軍配が上がる。

どのモデルを選ぶべきかは「用途」で決まる!

スマホは、毎日のように使うものだ。スペックだけでなく、実際の使い勝手も考慮して選ぶべきだ。そこで、筆者が使い比べた印象を含めて、4機種それぞれに適したユーザーを考えてみた。

iPhone 13 miniは、SNSをメインで使うユーザーに最適!

画面サイズが5.4インチのiPhone 13 miniは、横幅が64.2mmで、重さは140g。片手で楽に操作でき、メールやSNSをよく使う人には最適だ。基本性能としては、あらゆる用途に向くが、画面が小さく、電池持ちはさほどよくはないので、映像コンテンツやゲームを存分に楽しみたい人には向かないだろう。

画像: iPhone 13 miniは片手で持っても、画面の隅々にまで指先が届く

iPhone 13 miniは片手で持っても、画面の隅々にまで指先が届く

iPhone 13はコスパ◎。 迷ったら、これを選んで間違いなし!

iPhone 13は、昨今の主流ともいえる6.1インチ画面で、どんなアプリを楽しむにもちょうどいいサイズ感だ。同じく、6.1インチの上位モデルiPhone 13 Proが12万2800円〜なのに対して、iPhone 13は9万8800円〜と、かなり割安。望遠カメラやマクロ撮影が不要であれば、iPhone 13を選んだほうがお得だ。背景をナチュラルにぼかす「シネマティックモード」など、最新のビデオ撮影モードも楽しめる。

画像: iPhone 13は画面の大きさと操作性が両立する、最もバランスがよいモデルという印象

iPhone 13は画面の大きさと操作性が両立する、最もバランスがよいモデルという印象

iPhone 13 Proは、カメラ重視派&トレンドに乗りたい人に!

前世代のiPhone 12 Proは、Pro Maxより画面が小さいだけでなく、カメラ性能にも差があった。具体的には、広角カメラのピクセルサイズがPro Maxのほうが大きく、センサーシフトの手ブレ補正にも対応していた。しかし、iPhone 13 Proでは、これらの差分は解消された。となると、サイズ的には、片手でも撮りやすいiPhone 13 Proのほうが使い勝手はよい。

画像: iPhone 13 Proのサイズ感はiPhone 13と同等

iPhone 13 Proのサイズ感はiPhone 13と同等

画像: iPhone 13 Pro(右)は、iPhone史上最強のカメラがアドバンテージ。筆者はこれまで2年前に購入したiPhone 11 Pro(左)を使っていたが、レンズが大きくなっており、進化は一目瞭然だ

iPhone 13 Pro(右)は、iPhone史上最強のカメラがアドバンテージ。筆者はこれまで2年前に購入したiPhone 11 Pro(左)を使っていたが、レンズが大きくなっており、進化は一目瞭然だ

とにかく最高グレードの性能を備えたiPhoneが欲しい! という人も、今回はPro Maxを選ぶ必要はない。iPhone 13 Pro(12万2800円〜)は、コンパクトなボディに最先端の機能が凝縮されており、iPhone 13 Pro Max(13万4800円〜)よりも経済的だ。

iPhone 13 Pro Maxは、タブレット代わりに使いたい人に!

6.7インチ画面のiPhone 13 Pro Maxの利点は、大画面と高性能カメラ。だが、ただ単にカメラ性能を重視するなら、扱いやすいサイズ感で価格も安いiPhone 13 Proを選ぶのが得策だ。

画像: iPhone 13 Pro Maxは、片手での操作は難しい

iPhone 13 Pro Maxは、片手での操作は難しい

iPhone 13 Pro Maxは、6.7インチの広い画面をタブレットのように使うことができる。これは4機種の中で唯一無二の特徴だ。6.7インチともなると、ウェブや映像の視認性がグンと向上し、映画の字幕も見やすくなる。電子書籍を読むにも適している。もし、iPadなどのタブレットを持っているのであれば、ここまで大画面のスマホは必要ないが、タブレットを持っていないのであれば、iPhone 13 Pro Maxがスマホとタブレットの1台2役をこなしてくれること請け合いだ。

画像: 左がiPhone 13 Proで、右がiPhone 13 Pro Max。Pro Maxはこのように横向きにして、タブレットのように両手で操作することも可能

左がiPhone 13 Proで、右がiPhone 13 Pro Max。Pro Maxはこのように横向きにして、タブレットのように両手で操作することも可能

以上、あくまでも4機種を並行して1週間ほど使い比べてみた筆者の個人的な提案ではあるが、参考にしていただけると幸いだ。

This article is a sponsored article by
''.