今回は、Jリーグで圧倒的な強さを誇る川崎フロンターレの「フロ桶」をご紹介します。はい、見間違いでも書き間違いでもなく「フロ(風呂)桶」です。J1王者でサッカー日本代表にも数々選手を送り出すフロンターレには、優勝するたびに「フロ桶」を掲げる変わった伝統があります。優勝を重ねるごとに、ひのき、漆塗り、芝生風、プラスチック、アルミ、石、コルクと素材を変えているため、担当者は「次の素材は何にするか」という謎のプレッシャーにさらされているとか。フロンターレがフロ桶を掲げるようになった経緯と、歴代のフロ桶にせまります。

なぜフロンターレはフロ桶を掲げるのか

なぜ、J1王者のフロンターレは優勝時にフロ桶を掲げる伝統ができたのでしょうか? まず最初にその理由について解説します。

悲願の初タイトル獲得時に起きたこと

現在では、1点差での勝利や引き分けでも「失速」と言われるほどの強者となったフロンターレですが、2017年にJ1リーグで優勝するまでは、優勝にあと一歩で届かない「シルバーコレクター」と揶揄されてきました。

同2017年だけでも、フロンターレは元日に行われた天皇杯と11月に行われたYBCルヴァンカップで2度の準優勝を喫しています。J1リーグ最終節で勝ち取った奇跡的な逆転優勝は、選手、チーム、フロンターレを応援するサポーター全員にとって待ちに待った悲願の初タイトルだったのです。

優勝セレモニーで、フロンターレに渡されたのは、シャーレ(優勝銀皿)がプリントされたパネルでした。J1チャンピオンに王者の証として授与されるシャーレは、最終節の開始時点で首位に立っていた鹿島アントラーズの試合開催地に運ばれていたからです。

初タイトルに歓喜しながらも「あー、パネルなんだ」「ちょっと残念だね」と囁きあっていた我々サポーターは、高々と掲げられた “あるモノ” を見て一気に沸き立ちました。

「え、ケンゴ(中村憲剛選手)が何か掲げてるよ」「…風呂桶?」「風呂桶だ!シャーレの柄が描かれてる!」

初戴冠でフロ桶を掲げるなんてフロンターレらしい、と観客席のあちこちで楽しそうな笑い声があがります。本物のシャーレがないという本来ならばマイナスになる要素を、エンターテイメントに転換させるユニークな一手。まさにこのときに、「優勝をするとフロ桶を掲げる」というフロンターレの伝統が生まれたのです。

ほかにはない「らしさ」を求めて

では、なぜフロ桶だったのでしょうか。それは、フロンターレが地域と密接に関わりながら地道に人気を獲得してきたそれまでの歩みゆえでした。

フロンターレは、地域貢献活動に力を入れているチームとしても知られています。その一環で「Jリーグで唯一チーム名に『フロ』がつくクラブですから」と、2010年から川崎浴場組合と協力して川崎市内にある銭湯の利用促進キャンペーン「いっしょにおフロんた~れ」を行ってきました。

各種イベントで「フロ」をアピールしていたため、フロ桶はサポーターにとっても馴染みのあるグッズだったのです。

「サポーターにもシャーレを掲げる喜びを味わってもらいたい」「フロ桶ならお風呂で毎日掲げられる」「形もシャーレと同じく丸い」という理由で、フロ桶は優勝記念グッズとして商品化されました。

当初「50個ぐらい」と想定していた売上個数は、初優勝特需もあり、伸びに伸びて約3000個に達したといいます。イベントにもグッズ販売にもほかにはないフロンターレ「らしさ」を出すことが、強さだけではない魅力を生み出しているのです。



This article is a sponsored article by
''.