2021年10月21日に日本でローンチされたばかりのアプリ「Miles」。シリコンバレー発の、「すべての移動でマイル(ポイント)がたまるアプリ」として今注目を集めています。実際に利用してみた感想や、利点などをレポートしていきます。あらゆる移動経路をつぶさに計測できることはもちろん、実際にどんな特典が得られるかまでをお伝えします。

注目のアプリ「Miles」とは

移動距離をクーポンなどに換えられるアプリ

コロナ禍以降すっかり出不精になり、自宅近くを自転車などで曖昧に移動する何気ない日々が続いた2021年。オミクロン株をはじめとする変異株なども考慮すると、未だ予断を許さない状況が続くものの、今までと比べ、外出へのハードルもずいぶんと下がりました。そこで気になっていたのが、「移動が価値に変わる」アプリこと、Milesの存在です。

徒歩で、自転車で、公共交通機関で…。身の周りのさまざまな移動手段で動いた距離を、クーポンなどに換えられるという注目のアプリ。早速ダウンロードし、1ヶ月ほど運用してみました。

画像: Milesを実際に使ってみた。

Milesを実際に使ってみた。

無料でさまざまな特典を得られる

スマートフォンのGPS情報をリアルタイムで収集することで、AIが移動距離を自動で算出してくれます。それだけでなく、よりエコな交通手段にはボーナスポイントも付与されるといった特徴もあり、今までにない生活習慣をiPhoneに備えることができます。

具体的には、

自動車での移動:約1.6㎞(マイル)ごとに1マイル付与

電車・バスでの移動:約1.6㎞ごとに3マイル付与

自転車での移動:約1.6㎞ごとに5マイル付与

ランニング・徒歩での移動:約1.6㎞ごとに10マイル付与

と、移動手段の省エネルギー度合に比例して、マイルのボーナスが加算されていくシステムです。

マイルはクーポンとの引き換えのほか、寄付や抽選プログラムにも活用でき、無料でさまざまな特典を得られます。リリース時点で100以上の交換先が用意されており、今後もさらなる拡大に向けて動いているようです。

アプリは、以下のボタンからダウンロード(インストール)できます。iOSの場合は「App Store」から、Androidの場合は「Google Play」から行ってください。

AppStoreからダウンロード Google Play で手に入れよう

Milesを実際に利用してみた

1ヶ月で「プラチナステータス」を付与された

Milesをインストールし、1ヶ月ほどお試しで利用してみました。結果は以下のとおりです。

筆者の主要な移動手段が自転車であること、そして、取材等で遠方への移動も重なったことが功を奏しました。なんと、1ヶ月足らずで2000マイルを突破!「プラチナステータス」が付与されました。

画像: Milesを1ヶ月使ってみると…?

Milesを1ヶ月使ってみると…?

どうやら、750マイル未満で「シルバーステータス」、750以上2000マイル未満で「ゴールドステータス」、2000マイル以上で筆者が到達した「プラチナステータス」となるようです。

実を言うと筆者は、友人から招待を受けたのちにMilesの利用を始めました。招待コードを打ち込んでアプリをダウンロードをすると、招待した側と招待された側、双方に特典が入ります。

期限ごとに招待特典は変動するようですが、筆者は新規登録時にデフォルトで貰える300マイルのほか、招待特典で500マイルを手にしました。つまり、最初から計800マイルを得ていたことを前提として記しておきます。

そして、上記の画像にあるとおり、Milesは会員グレードが上がれば上がるほど、より特典が発生するシステムとなっています。特に、都心部を自転車移動や徒歩移動中心で駆け巡る方は、ぜひ導入すべきアプリであることが伺えます。

忘れ物や落とし物の回収にも役立つ

また、自身の移動時間や立ち寄ったスポットの数、移動距離などが一目で計測できる機能も備わっているため、ビジュアル面でも日々の行動を振り返ることができます。日々の移動に意味を見出し、行動することを楽しめるようになる、生活をプラスに導いてくれる要素も感じられました。

画像: 移動時間や立ち寄ったスポットの数などが一目でわかる。

移動時間や立ち寄ったスポットの数などが一目でわかる。

実際の移動計測画面は下記のとおりです。かなり具体的に「どこからどこへ移動したか」を計測してくれています。日々の外出の中でつい忘れがちな「そういえばここに立ち寄ったな」という記憶をアーカイブするのにも便利です。

画像: 「どこからどこへ移動したか」が記録されている。

「どこからどこへ移動したか」が記録されている。

なお、筆者は忘れ物をしたことをMiles経由で思い出し、無事回収に至りました。行動履歴の記録が思わぬ方向で役立ったケースを経験し、「もはや必需品?」と感じつつある今日この頃です。

実際にどんなものと交換できる?

こちらはMiles交換画面から遷移したカテゴリ一覧です。「おすすめの特典」には、豪華なものも存在しています。ほかにも、日用品等を安価で調達できるクーポンや、抽選キャンペーンへの応募などが揃っています。中には、タクシーアプリの1500円OFFコードなども存在していました。

画像: いろいろな特典が揃っている。

いろいろな特典が揃っている。

いずれも50~200マイル程度で交換可能となるため、月々の移動で溜めたポイントをさまざまな用途で活用することが可能です。とはいえ、普段なかなか利用機会に恵まれないサービスがまだまだ多いのも事実。日本にローンチしたばかりなので、こちらは今後のサービス拡大にも期待したいところでした。

まとめ

今回は注目のアプリ「Miles」について、実際に1ヶ月ほど利用してみた感想を、スクリーンショット付きでお伝えしました。「ただの移動に価値が生まれる」という革新的なサービスであり、なおかつGPS機能さえオンにしておけば、アプリを立ち上げなくても自動で計測されるので気軽に始められます。特典の増加に期待しつつ、ぜひこの機会に利用していただきたいサービスです。



This article is a sponsored article by
''.