「仮想通貨(暗号資産)」は、社会情勢などから値動きが判断しづらく、需給関係だけで価格が乱高下するので、短期的な「投機」の対象と考えたほうがいいでしょう。もし取引するなら、金融庁の認可を受けた取引所を使うのが安全です。

仮想通貨は投資といえるの?

値動きが予想しづらく、乱高下が激しいので投機に近い

ビットコインなどの「仮想通貨(暗号資産)」は、中央銀行が発行した「法定通貨」ではなく、ネット上にしか存在しない通貨です。近年は法改正によって顧客保護の姿勢が強化されてきており、投資商品の側面が強くなってきています。

しかし、仮想通貨は社会情勢などから値動きが判断しづらく、需給関係だけで価格が乱高下するので、短期的な「投機」の対象と考えたほうがいいでしょう。もし取引するなら、金融庁の認可を受けた取引所を使うのが安全です。

仮想通貨は値動きが予想しづらい

代表的な仮想通貨「ビットコイン」「イーサリアム」のチャート。急騰と急落を繰り返している。

画像1: 値動きが予想しづらく、乱高下が激しいので投機に近い

取引は金融庁認可の取引所を使う

仮想通貨を購入するには暗号資産取引所を介するのが一般的だ。取引所は国内外にあるが、金融庁の厳しい条件をクリアして認可を受けた国内の事業者を使うのが安全。

画像2: 値動きが予想しづらく、乱高下が激しいので投機に近い

※本書および本記事に記載された内容は、特に記載のない限り、2021年10月現在のものです。
※本書および本記事に記載された内容は情報提供を目的としています。生じた損害については、著者及び弊社は一切の責任を負いかねます。投資については個人の責任で判断してください。
※最新の情報や商品の詳細については、弊社ではお答えいたしかねます。



This article is a sponsored article by
''.