年末大掃除で出た不用品処分に困っていませんか?あなたがいらなくなったその不用品、他の誰かにとってはまだ価値があるかもしれません。今回はフリマアプリとして最も認知度の高い「メルカリ」をご紹介します。ぜひ、年末の不用品処分の参考にしてください!

年末大掃除にフリマアプリを利用しよう

2021年も後わずか。そろそろ大掃除を考えている方も多いのではないでしょうか。大掃除で厄介なのが不用品の処分。粗大ゴミを出すためには、回収費用がかかります。また、自治体の粗大ごみ回収の場合、事前に電話やインターネットで申し込み、有料粗大ごみ処理券を購入する必要があります。その後は自宅の前に粗大ごみを運び出さなければなりません。粗大ごみを処分するのは、時間と労力を必要とする作業なのです。

一方で、フリマアプリを活用して不用品を現金化するのが今のトレンド。今回はフリマアプリとして最も認知度の高い「メルカリ」をご紹介します。ぜひ、年末の不用品処分の参考にしてください!

本稿は『60歳からはじめるメルカリ』(マキノ出版ムック)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

自宅に眠る不用品には必ず価値がある

自分で気づかない"かくれ資産"に注目

断捨離や生前整理で出てきた不用品を処分するのはめんどうなものです。しかし、ただのごみだと思っていたものが〝資産"になる可能性があります。ある調査によると、日本には37兆円以上の〝かくれ資産"が眠っており、不用品こそ資産になりうるのです。

日本には37兆円以上のかくれ資産が眠っている

画像: 日本には37兆円以上のかくれ資産が眠っている

日本全国の家庭内の不用品は、推計総額37兆177万円に上ります。これは2018年度の日本の国家予算レベルです。品目の内訳は、「服飾雑貨」の金額が最も多く、数量ベースでは「書籍・雑誌・コミック」が最多の平均48.7冊(1人当たり)もあるそうです。自分の家にある"かくれ資産"を見直してみましょう。

かくれ資産は年齢を重ねるほど増える傾向にあり、服飾雑貨や書籍、家具、家電、趣味にまつわるアイテムなど、さまざまなものが含まれます。不用品は捨てるのにも手間と費用がかかるので、処分の仕方には注意が必要です。

そこで、かくれ資産を手放すのにピッタリなのが、「フリマアプリ」。スマホアプリを使って不用品を出品して買い手を探すので、売買のハードルが低いのが特徴です。不用品を効率よく処分しましょう。

粗大ごみを出すのは手間とお金がかかる

これまで使ってきたソファーやプリンターなど、買い替えや引っ越しといった事情でいらなくなるものはたくさんあります。こうしたアイテムを粗大ごみに出すには回収料金を支払わなければなりません。また、自治体の粗大ごみ回収の場合、事前に電話やインターネットで申し込み、有料粗大ごみ処理券を購入する必要があります。その後は自宅の前に粗大ごみを運び出さなければなりません。粗大ごみを処分するのは、時間と労力を必要とする作業なのです。

画像: 粗大ごみの回収料金例(東京)

粗大ごみの回収料金例(東京)

フリマアプリで不用品を手放すのがお得

フリマアプリの種類は豊富

不用品を処分するのに最適なのが、「フリマ」の活用です。フリマとは「フリーマーケット」の略称で、不用品を交換したり売買したりする蚤の市のこと。最近ではアプリ上で不用品を売買する「フリマアプリ」が人気です。スマホで商品の写真を撮影して、商品情報を入力するだけで出品でき、意外なものも売れます。最近はフリマアプリを利用する中高年層が増えており、生前整理に活用する人がいるほど。中でも「メルカリ」は、フリマアプリで最も人気があります。

画像1: 【年末大掃除】不用品処分はメルカリを活用しよう!自宅に眠る「かくれ資産」をフリマで賢く現金化

メルカリ

累計20億点以上が出品されているフリマアプリ。2013年の開始以来、利用者が増えている。
https://jp.mercari.com/

画像2: 【年末大掃除】不用品処分はメルカリを活用しよう!自宅に眠る「かくれ資産」をフリマで賢く現金化

ラクマ

楽天が運営するフリマアプリは、楽天ポイントで買い物が可能。販売手数料は6%でほかよりも安い。
https://fril.jp/

画像3: 【年末大掃除】不用品処分はメルカリを活用しよう!自宅に眠る「かくれ資産」をフリマで賢く現金化

PayPayフリマ

スマホ決済サービス「PayPay」が使える。2019年に開始し、「ヤフオク!」とも連携している。
https://paypayfleamarket.yahoo.co.jp/



This article is a sponsored article by
''.