【タイガー魔法瓶】釜の厚みが従来モデル比約3倍!ふっくらごはんと本格調理が楽しめるマイコンタイプの炊飯器「JBS-A055」

調理家電

タイガー魔法瓶は、炊飯器の新製品として、マイコンジャー炊飯器「炊きたて JBS-A055」を発売した。本製品は、マイコンジャー炊飯器の中では最も厚みのある約3mmの「遠赤黒特厚釜」を採用しているのが特徴で、高い蓄熱性と遠赤効果の「釜包み高火力炊きあげ」で炊きムラを抑えて、ふっくらおいしく炊きあげることができる。

タイガー魔法瓶
炊きたて JBS-A055

●実売価格:1万4800円程度

一人暮らしにピッタリ!ふっくらおいしいごはんと本格調理が楽しめるマイコンジャー炊飯器

タイガー魔法瓶は、マイコンジャー炊飯器「炊きたて JBS-A055」を発売した。カラーは、マットブラックとマットホワイトの2色展開。

写真左から、マットブラック、マットホワイト

「JBS-A055」は、厚さ約3mmの「遠赤黒特厚釜」を採用しているのが特徴で、従来機種と比べて、釜の厚みが約3倍厚くなったことで、お米の芯まで炊きムラを少なくふっくら炊きあげることが可能になっている。また、粘りが約25%、かみごたえ(弾力)は約10%と大幅にアップしている。

さらに、マイコンタイプのジャー炊飯器では初となる同社独自の「極うま」メニューを搭載。通常の「白米」メニューの約2倍の時間をかけて吸水するこだわりの炊飯プログラムで、旨みのある味わい深いごはんを炊きあげることができる。同社の温度コントロールのノウハウを活かせば、高温で加熱する時短調理だけではなく、新たに搭載した「クッキング低温」メニューで、ローストビーフなどの本格的な料理も簡単につくれる、マルチクッカーとしても活躍する。

「クッキング高温」メニューでは、これまで難しかった、レトルト食品のあたためにも対応。手入れが必要な部品の点数は、たったの2点(内蓋&内鍋)と毎日の使い心地の良さを重視している。天面はフラットで見やすく、コンパクトサイズながら上質感のあるフォルムは、インテリアにもマッチする。

「遠赤黒特厚釜」と「釜包み高火力炊きあげ」でおいしく炊きあげる

「JBS-A055」は、マイコンジャー炊飯器の中では最も厚みのある約3mmの「遠赤黒特厚釜」を採用。高い蓄熱性と遠赤効果の「釜包み高火力炊きあげ」で炊きムラを抑えて、ふっくらおいしく炊きあげてくれる。

また、時間をかけて吸水してから、高火力で加熱し、より長く沸騰を続けて甘みを引き出す同社独自の「極うま」メニューをマイコンタイプでは初めて搭載。「おいしいごはん」に必要な甘み、弾力、香り、粘り、柔らかさなどを、引き出す贅沢なメニューで、白米のおいしさをじっくり堪能することができる。

イメージ図「釜包み高火力炊きあげ」

1台で何役もこなすマルチクッカーとしても大活躍

炊飯器の温度コントロール技術を活かして、低温調理も簡単につくれる「クッキング低温」メニューを新たに搭載。温度調節が難しいローストビーフなどの本格調理も可能だ。また、従来の調理機能である「クッキング高温」メニューでは、炊飯器に材料を入れておけば、約10分で完成する時短調理からじっくり加熱する煮込み料理まで、さまざまな料理を作ることができる。

低温調理例(「クッキング低温」メニュー)

さらに、蒸気孔を塞がない構造でレトルト食品の温めをすることも可能だ。内鍋に水とレトルトパックを入れて、キーを押すだけで、後はブザーが鳴るまでほったらかしで良いので、忙しいときや手軽に食事を済ませたいときにも役立つ。

温度管理が難しい「パン発酵」「パン焼き」メニューもキーを押すだけで発酵や焼きあげを自動的にできる。外は香ばしく、中はふんわり柔らかい手作りパンを自宅で楽しむことができる。

手入れをする部品はたったの2点、マットで洗練されたデザイン
「JBS-A055」は、省スペースの部屋にもスッキリと収まる、コンパクトサイズで、落ち着いたマット調と光沢のコントラストで上質感を演出してくれる。手入れが必要な部品は、内鍋と内蓋の2点のみで、凹凸が少ないフラット天面パネルを採用しているから、さっと一拭きで清潔に保つことができる。

本体サイズは約幅24.7cm、奥行き27.8cm、高さ19.2cm、質量は約2.7kg。最大炊飯容量は0.54lL(3合炊き)。

※価格は記事作成当時のものです。

調理家電暮らし・生活・ペット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース