果樹は苗木から年々生長して幼木から成木へと育つと、その後は四季のサイクルに合わせて、生育期と休眠期をくり返して成熟していきます。果樹栽培の基本の流れについて、書籍『おいしい果樹の育て方』著者で、千葉大学環境健康フィールド科学センター助教の野田勝二さん(農学博士)に解説していただきました。

解説者のプロフィール

野田勝二(のだ・かつじ)

千葉大学環境健康フィールド科学センター・助教。農学博士。
専門は果樹園芸学、健康機能園芸学。柑橘類の研究のほか、園芸療法・園芸福祉に関する研究も行っている。また市民とともに、サスナティブルな街づくりの活動にも参画している

本稿は『おいしい果樹の育て方 苗木選びから剪定、料理まで』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

イラスト/角しんさく、はやしゆうこ

果樹の育て方 基本の流れ

果樹は苗木から年々生長して幼木〜成木へと育つと、その後は四季のサイクルに合わせて、生育期と休眠期をくり返して成熟していきます。果樹栽培の基本の流れを追ってみましょう。

画像: 果樹の育て方 基本の流れ

①苗木を買う

すでに庭にある果樹を育てる人もいるでしょうが、多くの人は苗木を購入するところがスタートです。どんな苗をどこで手に入れたらいいか知っておきましょう。

果樹を選ぶポイント

果樹を選ぶ際には、栽培地の環境を知っておくことが大切です。気温や育てるスペースについて確認しておきましょう。

苗木を購入できる場所

苗木はどこで買うのがよいのか。購入できる場所によってメリット・デメリットを確認して自分の考えに合う場所を選びましょう。購入の適期もあります。

2品種以上の苗木が必要な果樹

果樹の種類によっては、2本以上の苗を一緒に植えなければいけないものもあります。

苗木の種類

苗木はさまざまな形で販売されています。それぞれの特徴を知っておくと選ぶ際の参考になります。よい苗の見分け方も覚えておきましょう。

画像: ▼苗木の種類

②苗木を植える

購入した苗木は早めに植えつけます。果樹栽培では地植えで育てる人と、鉢やコンテナで育てる人がいますので、それぞれの植えつけ方を確認しておきましょう。

よい土の条件を知ろう

植えつけの前に重要なのは土作りです。庭の土を確認し、果樹栽培に適した土にしましょう。鉢植えの場合の用土も確認しておきましょう。

庭に植える

地植えで育てたい人は、庭への植えつけ方を確認しましょう。

鉢に植える

鉢植えやコンテナで育てたい人は、鉢への植えつけ方を確認しましょう。

肥料と水やり

土作りと一緒に肥料や水やりについても確認しておくと安心です。肥料の種類を知り、植えつけの際に必要なものを用意しておきましょう。

画像: ▼肥料と水やり

本稿は『おいしい果樹の育て方 苗木選びから剪定、料理まで』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。



This article is a sponsored article by
''.