果樹の苗木は、専門の栽培家が接ぎ木や取り木、挿し木などの方法で作っています。よい苗木を購入して栽培を始めるのが確実です。ホームセンター、園芸店、オンラインショップなどで購入できます。苗木の買い方について、書籍『おいしい果樹の育て方』著者で、千葉大学環境健康フィールド科学センター助教の野田勝二さん(農学博士)に解説していただきました。

解説者のプロフィール

野田勝二(のだ・かつじ)

千葉大学環境健康フィールド科学センター・助教。農学博士。
専門は果樹園芸学、健康機能園芸学。柑橘類の研究のほか、園芸療法・園芸福祉に関する研究も行っている。また市民とともに、サスナティブルな街づくりの活動にも参画している

本稿は『おいしい果樹の育て方 苗木選びから剪定、料理まで』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

イラスト/角しんさく、はやしゆうこ

苗木を買う

果樹の苗木は、専門の栽培家が接ぎ木や取り木、挿し木などの方法で作っています。よい苗木を購入して栽培を始めるのが確実です。

苗木を購入できる場所

ホームセンター

直接苗木を観察できることと、専門の用土や鉢、支柱、肥料など必要な道具や資材を一緒に購入できるのがメリット。初心者には便利。

画像: ホームセンター

園芸店

人気の果樹なら、近所の小規模店で扱っていることも。大規模店なら、果樹にくわしいスタッフがいることもあるので、栽培方法などを相談するのもよい。

画像: 園芸店

オンラインショップ

種苗会社の通信販売サイト、苗木を作る専門業者のサイトなど専門的なショップが豊富。めずらしい品種を手に入れることができるのも魅力のひとつ。

画像: オンラインショップ

苗木の購入に最適な時期

苗木は植えつけに適した時期に購入するのがベストです。
落葉果樹は、葉が落ちたあとの休眠期となる11〜3月が植えつけの適期。寒い地域では、年明け以降で厳冬期が過ぎるのを待ちます。
常緑果樹は、新しい芽が動き始める前の3月ごろが適期です。お店でも植えつけの適期に出荷されるのが一般的です。
オンラインショップの場合は、植えつけに適した時期に畑から掘り上げて送られてくるため、注文時が適期でない場合は、苗木が届くまでに時間がかかることがあります。

果樹ごとの適期

果樹植えつけ適期果樹植えつけ適期
イチジク12〜3月ブドウ11〜4月
ウメ12〜3月ブルーベリー10〜3月
(真冬は避ける)
カキ暖地    11〜12月
または    2〜3月
それ以外  2〜3月
ラズベリー10月中旬〜3月中旬
(真冬は避ける)
リンゴ11〜3月
(真冬は避ける)
ウンシュウミカン暖地  3月
低温地 4月
ナシ12〜  3月
雑柑3〜4月西洋ナシ11〜12月
キンカン3月下旬〜5月上旬モモ12〜  3月
ユズ3〜4月クリ12〜  3月
レモン3月中旬〜4月中旬サクランボ11〜  3月
キウイ
フルーツ
暖地 10〜12月
低温地  3〜4月
オリーブ暖地 4〜5月
または9〜10月
低温地 4〜5月
ビワ3〜4月ザクロ12〜  3月

本稿は『おいしい果樹の育て方 苗木選びから剪定、料理まで』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。



This article is a sponsored article by
''.