今回は、昨年の夏以来となるレゴの記事になる。作るモデルは、「大人向けレゴシリーズ」のなかでもミドルクラスになるのだろうか。総ピース数が5509ピースからなり、昨年の夏に作成した「スペースシャトル」(2354ピース)からからすると、単純計算でおよそ2.4倍にも及ぶ、巨大なレゴになる。今回は、そんな巨大なレゴにどっぷりつかった3日間の様子を動画を交えながらお伝えできればと思う。

レゴの由来

大人向けレゴ「スペースシャトル」沼にハマった4日間ルポでも書いたが、レゴ社は、デンマークのビルンという人口6300人ほどの小さな町に1932年に誕生した玩具メーカーで、創業90年となる今でも、創業当時と同じくビルンに本社を構える。レゴという名は、デンマーク語で「よく遊べ」を意味する「LEg GOdt」に由来している。世界140ヵ国以上で販売されているレゴブロックは、誰もが知る玩具メーカーだ。

「大人レゴ」について

レゴには、さまざまな大人の趣味に合わせてカタチにした「大人レゴ」というシリーズが存在する。レゴは、子供だけのおもちゃではなく、大人でも存分に楽しめるように、リアリティに富んだ商品ラインアップが特徴だ。

「大人レゴ」のパッケージには、対応する年齢が記されており、「18+」と表示された商品がいわゆる「大人レゴ」の商品になる。忠実に再現された様々な商品は、ピース数も多く、細かな作業を繰り返し行うため、それなりの集中力を要する。それゆえ、日常から離れ、自分だけの趣味の時間を存分に楽しむことができる、そんなアイテムになっている。

画像: 「大人レゴ」は、パッケージに「18+」という表記がされている

「大人レゴ」は、パッケージに「18+」という表記がされている

今回作るのは「レゴ カンプ・ノウ-FCバルセロナ」という商品

カンプ・ノウは、スペイン・バルセロナのサッカー専用のスタジアムで、FCバルセロナのホームスタジアムとして使用されている。スタジアムの高さは48メートルで敷地面積は5万5000平方メートル、収容人数は9万9354人となっている。サッカーに疎い私でも、このスタジアムがとても大きな建造物だということは、わかる。この巨大なスタジアムを1/240にスケールダウンしたものが、今回作成する「レゴ®クリエイターエキスパート カンプ・ノウ-FCバルセロナ」になる。

出典:https://www.fcbarcelona.jp/ja/club/facilities/camp-nou

画像: パッケージの箱は、かなり大きく、ずっしりと重い

パッケージの箱は、かなり大きく、ずっしりと重い

「レゴ カンプ・ノウ - FCバルセロナ」の概要

「レゴ カンプ・ノウ - FCバルセロナ」は、5つのセクションに分けられており、それぞれの構造を細部まで確認することができる。それは、ピッチから観客席、入場口、プレスルームや選手入場トンネルにいたるまで、ディテールにこだわって作られている。そして、それぞれのセクションが組み上がったら、最後に合体させることで完成する。完成サイズは、幅20cm、奥行き46cm、高さ20cmと迫力の大きさで、重さは約4.5kgにもなるから、存在感、重量感ともに抜群だ。

画像: 写真提供:レゴジャパン

写真提供:レゴジャパン

作り始める前に説明書の確認

説明書は2冊ある。それもかなり分厚い説明書だ。それぞれ、312ページと288ページからなり、1冊目の組み込み工程数は296、そして2冊目の組み込み工程数は287で、合計583もの工程数がある。過去に作ったスペースシャトルが503工程だったことを考えると、80工程も増えることになる。ただ、ピース数が5509ピースの割には、工程数が少なくも感じるが、ブロックの入った袋は32袋もあるから、やはり数に圧倒されてしまう。とはいえ、前回作成したスペースシャトルである程度の免疫があるので、圧倒はされたが驚くほどのことでもなかった。説明書をパラパラとめくって確認し、さぁ、本格的な作成の開始だ。

画像: ダイニングテーブルを埋め尽くすほど大量のブロックに圧倒される

ダイニングテーブルを埋め尽くすほど大量のブロックに圧倒される

制作をスタート!1日目は…?

前述したように「レゴカンプ・ノウ - FCバルセロナ」は、5つのセクションで構成されている。一日目は、スタジアムのメインともいうべきピッチの制作から始めた。ピッチの制作は9つの工程を経て作り上げる。これはとても簡単だから、わずかな時間で作ることができる。次の工程は、4分割されるスタジアムの観客席を、淡々と作り上げる工程だ。

意外なほど早い組み立てスピード

スペースシャトルの作成と今回作る「レゴカンプ・ノウ - FCバルセロナ」の大きな違いは、「レゴカンプ・ノウ - FCバルセロナ」は、ピース数が多い割には、比較的簡単に作り進めることができるということだ。観客席の作成がメインとなるため、同じような組み立て作業工程が続くためだろう。そのため、最初のうちは手間取っていた組み立てのスピードも、次第に速くなり、1日目にして全体の1/3ほどの工程を進めることができた。

画像: 1日目の進み具合。

1日目の進み具合。

作業時間的には4時間ほどだっただろうか。作業に没頭していたこともあり、4時間も経過していることに全く気が付かなかった。ちなみに昨年の夏に作成したスペースシャトルは、ピース数こそ今回作っているモデルの半分程度ながら、同じ工程が少ないこともあり、製作日数も、進むスピードも、遅かったことを記憶している。

画像: レゴ カンプ・ノウ-FCバルセロナ」の制作1日目(BGM:MusMus) youtu.be

レゴ カンプ・ノウ-FCバルセロナ」の制作1日目(BGM:MusMus)

youtu.be

2日目

さて、制作を開始して2日目に突入したのだが、2日目のメイン作業も、やはり観客製の制作がメインとなる。1日目の作業とほぼ同じ作業を坦々と繰り返していく。

改めてレゴの質感を味わう

それにしても、以前の記事でも書いたが、ブロック同士の組み込みが、実に心地が良い。カチッと組み込めるのに、実際に組み込む際は、カチッという音が殆どしない。しっとりと、静かに、そして正確に組み込めるのだ。これがなんとも言えず、気持ちが良い。

画像: 組み込み時の感触がとても気持ちが良い

組み込み時の感触がとても気持ちが良い

説明書にいたっても、使用するブロックごとに色分けされているから、パッと見て、直感的に組み込むことができる。物理的な部分、視覚的な部分のいずれもが高いレベルで作られているから、淡々と繰り返す同じ作業でも、飽きることなく続けられるのだと思われる。

当たり前だが、ブロックを組み込んでいくことで作り上がるので、接着剤などは一切使用しない。そのため、部屋に接着剤の臭いが充満することも無く、とてもクリーンな環境下で制作に集中することができる。

2日目の進行具合

さて、話を戻して2日目の制作進行具合だが、とても順調に進める事が出来ている。3日目で完成をさせるために、2日目は、ある程度完成形に近い状態にしておきたい。

組み込み作業を進めること6時間。この間コーヒーを2杯飲んだだけで、後は、なにも口にすることなく、組み込み工程を進めた。人間の集中力は、得意な分野でこそ発揮されるのだろう。組み込み工程に何のストレスも感じることなく、作り進められたことが、最大の要因かと思われるが、それでもよくもまぁ6時間も集中したものだと、少々自分自身に呆れてしまった。

画像: 2日目の進行具合。ここまででくれば、残りはわずかだ。

2日目の進行具合。ここまででくれば、残りはわずかだ。



This article is a sponsored article by
''.