パナソニックは、煙を気にせず手軽に燻製が作れる燻製器の新製品として「けむらん亭 NF-RT1100」を発売した。本製品は、前モデル(2015年8月発売)よりも燻製メニューを拡充させているのが特徴で、好みに合わせて「弱め」や「強め」にして調整することができる。また塩、粒こしょう、みそ、ごまの4種類の調味料の燻製が可能だから、ポテトサラダやステーキにちょい足しして手軽に燻香を楽しむことができる。

パナソニック
けむらん亭 NF-RT1100

●実売価格:4万3800円程度

煙を気にせず手軽に燻製が作れる燻製器

パナソニックは、煙を気にせず手軽に燻製が作れる燻製器「けむらん亭 NF-RT1100」を発売した。

画像1: 煙を気にせず手軽に燻製が作れる燻製器

本製品は、2015年に発売された「けむらん亭 NF-RT1000」の後継機種で、煙を気にせず部屋で手軽に燻製を楽しむことができる製品だ。従来モデルから、燻製メニューが拡充され、好みに合わせて「弱め」「強め」で調整することができる。

燻製メニュー
「弱め」:溶けやすいカマンベールチーズ、燻製の香りをほんのりやわらかくつけたいとき
「強め」:燻製の香りを強く味わいたい手羽先やうずらの卵に

ふだんの調味料を燻製して、手軽に燻香をたのしむ
塩、粒こしょう、みそ、ごまの4種類の調味料の燻製が可能で、ポテトサラダやステーキにちょい足しして、手軽に燻香を楽しむことができる。また、燻製できない料理も風味豊かにすることも可能だ。

画像: 粒こしょう・ごま・みそ・塩も燻製して燻香を楽しめる。

粒こしょう・ごま・みそ・塩も燻製して燻香を楽しめる。

魚も肉もおまかせで、炭火焼きのようにパリッとジューシーに仕上げることができる
魚はもちろん、とり肉や焼きいもなどメニューに応じて火力や時間をきめ細かくコントロールし、遠赤ブラックヒーターと備長炭コートで炭火焼きのようなおいしさに仕上げてくれる。

6つのオートメニューを搭載。マイコンがメニューに応じて、火力・温度・時間をきめ細かくコントロールし、難しい火加減もおまかせでおいしく焼き上げることが可能だ。焼き加減は3段階で、材料に合わせて調整できる。

画像2: 煙を気にせず手軽に燻製が作れる燻製器

さらに、遠赤ブラックヒーターと庫内セラミック備長炭コートを4面に採用しており、魚も肉も自動で炭火焼きのようにパリッとジューシーに仕上げることができる。

画像3: 煙を気にせず手軽に燻製が作れる燻製器

においを軽減 、煙も約90%カット
14層の触媒フィルターと強制排気ファンを搭載。強制排気ファンが煙を触媒フィルターへ誘導すると、においと煙のもとを分解し、においを軽減したうえ煙も約90%カットしてくれる。

セルフクリーニングコート&お手入れモード
使用後のメンテナンスを簡単にするために、庫内に触媒入りのセルフクリーニングコートを採用。専用の「お手入れ」モードで触媒を熱すると、飛び散った脂を分解し、庫内をキレイにしてくれる。受け皿とガラス窓は、外して丸洗いすることができるうえ、焼き網は、フッ素加工が施されているので、掃除も楽に済ませることができる。

画像: 焼き網は、こびりつきにくいフッ素加工なので手入れもラクラク。

焼き網は、こびりつきにくいフッ素加工なので手入れもラクラク。

本体サイズは幅45cm、奥行き35.5cm、高さ18.5cm。庫内のサイズは、幅32.8cm、奥行き22.3cm、高さ5.2cm。重さは5.7㎏。燻製用の容器と網が付属する。

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.