証券取引に関心のある人におすすめなのが、住信SBIネット銀行です。SBI証券と連携した預金口座を開設できるほか、資産運用に役立つ商品・サービスが豊富にそろっています。

別記事はコチラ→【ネット銀行はどこがいい?】選ぶときにチェックしたい7つのポイント

住信SBIネット銀行

https://www.netbk.co.jp/

預金総残高は7兆円超人気の高いネット銀行

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスの共同出資によって設立された銀行で、2007年に開業しました。2022年1月時点で預金総残高が7兆円を突破し、国内のネット銀行では最高額となっています。

口座を開設したら最初にやっておきたいのが、生体認証によるログイン機能「スマート認証NEO」の設定です。登録すると利用者ランク(スマプロランク)がランク2になり、振込やATM手数料の無料回数が増えるというメリットがあります。

預金金利および主な手数料

普通預金
金利
(税引き前、年率換算)
0.001%
定期預金
金利
(税引き前、年率換算)
1年0.020%
2年0.020%
3年0.020%
4年0.020%
ネット振込
手数料(税込)
同行宛無料
他行宛月1回まで無料(以降は77円/回)※1※2
ATM
入出金手数料
(税込)
メガバンク・
準メガバンク
ゆうちょ銀行:入出金合計で月2回
まで無料(以降は110円/回)※2
セブン銀行入出金合計で月2回まで
無料(以降は110円/回)
ローソン銀行
E-net
(ファミリーマート)
その他提携先イオン銀行、ビューア
ルッテ:月2回まで無料(以降
は110円/回)※2※3
※1:三井住友信託銀行宛は回数無制限で無料。
※2:スマプロランクに応じて、最大で月20回まで無料。
※3:ビューアルッテは預入には非対応(引出・残高照会のみ)。

利用者ランクの条件と特典

ランク名称条件※1特典
ランク1月末時点でスマート認証NEOの登録がない他行宛振込手数料:月1回まで無料
ATM入出金手数料:月2回まで無料
ランク2月末時点でスマート認証NEOの登録がある他行宛振込手数料:月5回まで無料
ATM入出金手数料:月5回まで無料
ランク3月末時点でスマート認証NEOの登録があり、次のいずれかの条件を満たす
・ 総預金の月末残高が300万円以上
・ ロボアドバイザー資産運用残高の合計が月末時点で100万円以上
・ 住宅ローンを利用
・「外貨預金の月末残高あり」「SBIハイブリッド預金の月末残高あり」「給与、
賞与または年金の月内ご入金あり」「ミライノデビットの月末時点の確定金額が
合計1万円以上」など11の条件のうち、3つ以上に該当
他行宛振込手数料:月10回まで無料
ATM入出金手数料:月10回まで無料
ランク4月末時点でスマート認証NEOの登録があり、次のいずれかの条件を満たす
・ 外貨預金と仕組預金の月末残高合計が500万円以上
・外貨預金と仕組預金の月末残高合計が300万円以上かつ住宅ローンを利用
・ ミライノデビットPLATINUM(Mastercard)の契約など
他行宛振込手数料:月20回まで無料
ATM入出金手数料:月20回まで無料
※1:ランク適用月は、ランク判定対象月の翌々月となる。
※2:口座を新規作成した場合、初月と翌月はランク2が適用される。

SBI証券との連携で効率よく資産運用

住信SBIネット銀行の大きな特徴は、SBI証券と連携した資産運用が可能なことです。アグリゲーションサービスを利用すれば、銀行のサイトやアプリで証券口座の残高や評価損益も確認でき、資産の状況を一括で管理できます。証券口座との連携がスムーズな「SBIハイブリッド預金」は、金利の面でも魅力的です。

また、特徴的な商品として「目的別口座」にも注目です。代表口座とは別に、目的に合わせた口座を10個まで作成できます。自動振替による積立も可能で、目標金額や期日を設定して達成状況を確認することもできるので、車の購入や旅行などの資金を貯めたいときに最適です。

このほか、外貨預金やFX、純金積立といった商品も取り扱っており、ウェルスナビと提携したロボアドバイザーのサービスも提供しています。セブン銀行やローソン銀行のATMをキャッシュカードなしで利用できる「アプリでATM」も便利です。

ココがおすすめ!
振込手数料が格安!ATM手数料もお得
SBI証券との連携口座で高金利な預金が可能
目的別口座などユニークな商品が充実

ココに注意!
メガバンクのATMでは入出金できない
資金が少ない場合はランク3以上へアップするのにミライノデビット※の契約が必要

※「ミライノデビットPLATINUM(Mastercard)」には年会費1万1000円がかかる。

POINT
金利もお得!「SBIハイブリッド預金」の魅力

SBIハイブリッド預金は、SBI証券と連携する円預金です。預入残高はSBI証券口座の買付余力に反映され、株や投資信託などの取引に利用できます。証券の売買にともなう代金の受け渡しは、SBIハイブリッド預金と証券口座の間で自動的に振り替えられるので、手間がかかりません。また、証券口座を経由すれば、メガバンクから振込手数料なしでSBIハイブリッド預金への資金移動が可能です。

SBIハイブリッド預金の金利は0.010%で、普通預金に比べて大幅に高くなっています。しかも毎月利払い(毎月第3土曜日に利息を計算し、翌日に入金)という点も魅力的です。使途の決まっていない資金は、とりあえずハイブリッド預金に預けておくのがおすすめです。

なお、住信SBIネット銀行の口座開設は、SBI証券の口座と同時に申し込むことができます。この方法だと、本人確認書類の提出などが1回で済むので便利です。申し込みは、SBI証券のサイトから行います。

SBI証券と同時に口座開設を申し込む

SBI証券のサイト(https://www.sbisec.co.jp/)で「ログイン」→「口座開設」をクリック。このあとメールアドレスを入力して認証を行い、申し込み画面へ進む。

画像1: POINT 金利もお得!「SBIハイブリッド預金」の魅力

口座開設の申し込み画面で、必要事項を入力する。「住信SBIネット銀行 口座開設同時申し込みの選択」で「申し込む」を選択しよう。

画像2: POINT 金利もお得!「SBIハイブリッド預金」の魅力

◆この記事は2022年3月12日発行の「絶対得する!ネット銀行の賢い選び方&使い方」(マキノ出版)から掲載しています。記事内の情報は発行日のものです。最新の情報は各銀行の公式サイト等をご確認ください。



This article is a sponsored article by
''.