エクセルの表に並んだ数値の意味を読み取るには、グラフ化するのがおすすめです。増加や減少、全体に対する割合などを直感的に把握できます。おまかせで作るだけでなく、一手間かけてさらに理解しやすいグラフにする方法もマスターしましょう。

エクセルではどんなグラフを作れるのか

バリエーションを知っておこう!

エクセルで作成できるグラフの種類は多く、細かい設定の違いまで含めれば、バリエーションは無限ともいえます。どんなグラフが作れるのかをまずはチェックしておきましょう。

画像1: エクセルではどんなグラフを作れるのか

セル範囲を選択し()、「挿入」タブの「おすすめグラフ」ボタンをクリックすると()、「グラフの挿入」画面が表示される。「おすすめグラフ」タブでは()、左の一覧から種類を選択し、プレビューを確認しながらグラフを選べる。

画像2: エクセルではどんなグラフを作れるのか

「グラフの挿入」画面の「すべてのグラフ」タブでは()、膨大な種類からグラフを選択可能。まず左側で分類を選び()、右上の一覧で詳細な形状を選択する()。

グラフの見た目を簡単に整える

プリセットされたスタイルを切り替える

グラフは作成したあとも、形状や色合いなどを簡単に変更できます。また、棒グラフから折れ線グラフに変更するなど、まったく違った形状のグラフに作り直すことも可能です。

画像1: グラフの見た目を簡単に整える

グラフ全体のデザインを変更するには、グラフをクリックして選択し、「グラフのデザイン」 タブの「グラフのスタイル」から種類を選んでクリックする。

画像2: グラフの見た目を簡単に整える

色を変更するには、「グラフのデザイン」タブの「色の変更」ボタンをクリックし、好みのカラーを選んでクリックする。

画像3: グラフの見た目を簡単に整える

レイアウトを変更するには、「グラフのデザイン」タブの「クイックレイアウト」ボタンをクリックし、使用したいものを選んでクリックする。

画像4: グラフの見た目を簡単に整える

グラフの種類を変更するには、「グラフのデザイン」タブの「グラフの種類の変更」ボタンをクリックし、グラフの形状などを確認して選択する。

グラフの見た目を細かく変更する

系列や目盛りを変えるには

グラフの見た目は、構成する要素ごとに細かく変更できます。設定可能な項目が多いですが、読みやすいグラフにするためには必須の操作です。

画像1: グラフの見た目を細かく変更する

データ系列の要素(ここでは棒グラフの棒)をダブルクリックすると、右側に「データ系列の書式設定」パネルが表示されるので、「塗りつぶしと線」の「色」でカラーを選択する。

画像2: グラフの見た目を細かく変更する

目盛りの数値の部分をダブルクリックまたはクリックすると、「軸の書式設定」の「軸のオプション」で目盛りの最大値や単位などを設定できる。

画像3: グラフの見た目を細かく変更する

目盛りの線の部分をダブルクリックまたはクリックすると、「目盛線の書式設定」の「塗りつぶしと線」で目盛り線の太さや形状、色などを設定できる。

画像4: グラフの見た目を細かく変更する

グラフのタイトルを編集するには、タイトル部分をダブルクリックまたはクリックする。また、「グラフタイトルの書式設定」パネルでは、文字や背景のスタイルなどを変更できる。

グラフで表示する項目や系列を追加・削除する

いちいち作り直さなくても大丈夫!

グラフを作成したあとでデータが追加されたり、不要なデータが出てしまった場合にも、グラフを作成し直す必要はありません。グラフ化する範囲の再指定や一部のデータのスキップはグラフを表示したままで可能です。

「データソースの選択」で範囲を変更

画像1: グラフで表示する項目や系列を追加・削除する

グラフを選択してから()、「グラフのデザイン」タブの「データの選択」ボタンをクリック()。「データソースの選択」画面で「グラフデータの範囲」の入力欄をクリックし()、グラフ化するセル範囲をドラッグして選択し直す()。

画像2: グラフで表示する項目や系列を追加・削除する

「データソースの選択」画面で「グラフデータの範囲」の内容が変更されたことを確認し()、「OK」ボタンをクリックする()。グラフが新しいデータ範囲で再描画される()。

グラフで表示する項目を削除する

画像3: グラフで表示する項目や系列を追加・削除する

「データソースの選択」画面では、グラフに表示する項目を取捨選択できる。表示したくない項目のチェックを外し()、「OK」ボタンをクリックすると、グラフが再描画される()。

「グラフフィルター」で表示範囲を変更

画像4: グラフで表示する項目や系列を追加・削除する

グラフを選択し、右側に表示される「グラフフィルター」アイコンをクリックすると()、グラフに表示する要素(系列やカテゴリ)を絞り込める()。選択した要素は、セル範囲に表示される色でも確認できる()。

グラフの系列と要素を入れ替える

行列の項目を逆にしてグラフを描く

表のセル範囲を選択してグラフを作成すると、行の見出しと列の見出しの扱いが、意図したものと逆になってしまうことがあります。そんなときは、「グラフのデザイン」タブの「行/列の切り替え」ボタンをクリックして修正しましょう。

画像1: グラフの系列と要素を入れ替える

グラフを選択してから()、「グラフのデザイン」タブ()の「行/列の切り替え」ボタンをクリックする()。

画像2: グラフの系列と要素を入れ替える

行の見出しと列の見出しの扱いが入れ替わり、グラフが再描画される()。

グラフに数値を表示する

数値を知りたいときに便利!

各項目の細かい数値を知りたいときは、表示する設定に変更しましょう。表示する数値の位置を選択することもできます。

画像: グラフに数値を表示する

グラフを選択してから()、「グラフのデザイン」タブの「グラフ要素を追加」ボタンをクリックし()、「データラベル」()から要素を選んでクリックすると()、数値を追加できる。

グラフの項目名をうまく表示する

項目名を縦書きにしたい!

グラフを構成するバーなどの要素の間隔が狭くなると、軸の見出しが自動的に斜めに表示されます。斜めではなく、縦書きや90度回転した状態にしたいなら、設定を変更します。

画像1: グラフの項目名をうまく表示する

まず、グラフの軸のラベルをダブルクリックする()。

画像2: グラフの項目名をうまく表示する

「軸の書式設定」パネルで「軸のオプション」の「サイズとプロパティ」を表示し()、「文字列の方向」メニューで「縦書き」を選んでクリックする()。

画像3: グラフの項目名をうまく表示する

軸の見出しが縦書き表示になり、グラフのどの部分と対応しているのかがわかりやすくなる。

半角英数混じりなら90度回転

画像4: グラフの項目名をうまく表示する

見出しに半角の数字やアルファベットなどが含まれていると、横書きの文字が縦に表示されて見づらくなる。その場合は、「文字列の方向」で「右へ90度回転」を選ぶといい。

複数のグラフのサイズを統一したい

簡単に大きさをそろえるには

複数のグラフを扱う場合、グラフごとにサイズがまちまちだと、見栄えがよくありません。なるべく、サイズは共通にしておいたほうがいいでしょう。

画像1: 複数のグラフのサイズを統一したい

[Shift]キーを押しながら、複数のグラフをクリックして選択し()、「図形の書式」タブの「図形の幅」と「図形の高さ」にサイズを入力する()。

画像2: 複数のグラフのサイズを統一したい

グラフのサイズが変更され()、「書式」タブで入力した幅と高さ()に統一される。

グラフだけのシートを作りたい

グラフを大きく見せたい!

グラフは、通常のシート上に配置する以外に、グラフだけのシートを作って配置する方法もあります。複雑なグラフを大きく見せたいときなどに使うと便利です。

画像1: グラフだけのシートを作りたい

グラフを選択し、「グラフのデザイン」タブの「グラフの移動」ボタンをクリックする。

画像2: グラフだけのシートを作りたい

「グラフの移動」画面で「新しいシート」を選択し、必要に応じてシート名を入力する。「OK」ボタンをクリックすると、実際にグラフが移動する。

棒グラフと折れ線グラフを一緒に表示する

複合グラフで異なる要素を対比

例えば「年間の気温と降水量」のようなグラフでは、月ごとの平均気温の変化を折れ線グラフ、月間の積算降水量を棒グラフで示し、関連性を表す手法が使われます。このように異なる要素で構成されたグラフを「複合グラフ」または「組み合わせグラフ」と呼びます。

画像1: 棒グラフと折れ線グラフを一緒に表示する

セル範囲を選択してから「挿入」タブの「おすすめグラフ」をクリックする。データが組み合わせグラフに適していれば、最適な構成のグラフが自動的に生成されてプレビューで確認できる。

系列名とグラフの種類を手動で指定

画像2: 棒グラフと折れ線グラフを一緒に表示する

「おすすめグラフ」でうまくいかない場合は「挿入」タブ()の「複合グラフの挿入」ボタンをクリックし()、各アイコンにマウスポインターを合わせてプレビューを確認しながら選択するか、または「ユーザー設定の複合グラフを作成する」を選ぶ()。

画像3: 棒グラフと折れ線グラフを一緒に表示する

複合グラフを修正するには「グラフのデザイン」タブ()の「行/列の切り替え」や「グラフの種類の変更」ボタンを使う()。「グラフの種類の変更」画面にある「すべてのグラフ」()の「組み合わせ」()では、データ系列ごとにグラフの種類を選択できる。

※この記事は『エクセルが2週間で身につく(楽)上達講座』(マキノ出版)に掲載されています。



This article is a sponsored article by
''.