エクセルのセルに値や数式を入力したとき、左上に緑色の三角形が表示されることがある。このマークは、セルの内容にエラーが含まれている可能性を示している。しかし、数字を文字列として書式設定した場合など、実際にはエラーに該当しないことも多い。入力内容に問題がなければ、エラーを無視して表示を消去するといい。

三角形マークが気になる!

セルの左上に現れたエラー表示を消す

セルに値や数式を入力したとき、左上に緑色の三角形が表示されることがあります。このマークは、セルの内容にエラーが含まれている可能性を示します。しかし、数字を文字列として書式設定した場合など、実際にはエラーに該当しないケースもあります。入力内容に問題がなければ、エラーを無視して表示を消去しましょう。

緑色の三角形マーク()が表示されたセルを選択するとエラーチェックボタンが出現する()。これをクリックし、データに問題がない場合は「エラーを無視する」を選択しよう()。

画像1: セルの左上に現れたエラー表示を消す

エラーが無視され、セルの左上角にあったエラー表示が消える。

画像2: セルの左上に現れたエラー表示を消す

※この記事は『エクセルが2週間で身につく(楽)上達講座』(マキノ出版)に掲載されています。



This article is a sponsored article by
''.