近年、大きく注目されている「ナッジ」とは、ヒトが望ましい行動を取れるように後押しするアプローチのことです。あくまで自発的に、その人にとって望ましい行動に誘導することが特徴です。ナッジについて、著者で多摩大学特別招聘教授の真壁昭夫さんに解説していただきました。

解説者のプロフィール

真壁昭夫(まかべ・あきお)

多摩大学特別招聘教授。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員、信州大学経済学部教授、法政大学大学院政策創造研究科教授などを経て、2022年から現職。「行動経済学会」創設メンバー。『ディープインパクト不況』(講談社+α新書)、『2050年世界経済の未来史: 経済、産業、技術、構造の変化を読む!』(徳間書店)、『MMT(現代貨幣理論)の教科書』(ビジネス教育出版社)、『仮想通貨で銀行が消える日』(祥伝社新書)など著書多数。

本稿は『イラスト&図解 知識ゼロでも楽しく読める! 行動経済学のしくみ』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

イラスト/桔川シン、栗生ゑゐこ、フクイサチヨ、北嶋京輔

よりよい選択に誘導?「ナッジ」とは

行動経済学を使って、ヒトが望ましい行動を取れるように、後押しするアプローチのこと!

ヒトには、「自分で決めたい」という欲求があるので、他人から禁止されたり、命令されたりすると反発したくなります。
例えば、持病が悪化している人が、他人から「早く病院に行くべき」と忠告されても反発して先延ばしにする…といったことがありますね。

そこで、近年、大きく注目されているのが「ナッジ」です。
ナッジとは、行動経済学の知見から、ヒトが望ましい行動を取れるように後押しするアプローチのことで、「肘でそっと押す」という意味の英語です。
報酬や、規制・罰則などで誘導するのではなく、あくまで自発的に、その人にとって望ましい行動に誘導することが特徴です。
ナッジを発案したのは、ノーベル経済学賞を受賞したセイラー教授らで、世界各国で導入されています。

画像: 行動経済学を使って、ヒトが望ましい行動を取れるように、後押しするアプローチのこと!

ナッジで有名なのが、オランダのスキポール空港のトイレです。
ここの男性用小便器には小さなハエの絵が描かれています。用を足すとき、男性は無意識にこのハエを目標にします。
この結果、飛散による汚れは80%も減少し、清掃コストを20%も削減できたのです。
このほか、スウェーデンのストックホルムでは、地下鉄駅の階段をピアノの鍵盤のようにデザインして、階段を踏むたびに音が出るようにしました。
住民の健康のため、エスカレーターではなく階段の利用を促進するのがねらいでした。この結果、階段利用率は、66%も上昇したのです。

本稿は『イラスト&図解 知識ゼロでも楽しく読める! 行動経済学のしくみ』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。



This article is a sponsored article by
''.