昆虫を食べると温暖化を防げるでしょうか? 昆虫を食べるなんて考えられない、と思う人もいるかもしれませんね。しかし昆虫は、東南アジアやアフリカでは、いまでも広く食べられていますし、日本にもイナゴやハチの幼虫を食べる地域があります。じつは昆虫を食べる「昆虫食」は、エネルギー問題の観点からもとても注目されています。「昆虫食」について解説します。

解説者のプロフィール

一般財団法人 エネルギー総合工学研究所

1978年4月1日「財団法人エネルギー総合工学研究所」として設立。「エネルギーの未来を拓くのは技術である」との認識のもと、シンクタンクとしての研究活動を続けている。対象分野は地球環境、新エネルギー、電力システム、水素エネルギー、炭素循環エネルギー、原子力と多岐にわたり、とくに昨今では、CO2 の有効利用技術開発推進やカーボンニュートラルなど、脱炭素エネルギーシステム分野での最先端の情報を有する。著書に『図解でわかるカーボンニュートラル』(技術評論社)など。

本稿は『イラスト&図解 知識ゼロでも楽しく読める! エネルギーのしくみ』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

イラスト/添田あき、堀口順一朗、北嶋京輔

昆虫を食べると温暖化を防げる?

昆虫は育てる過程で、森林伐採しなくてよいので環境にやさしい!

昆虫を食べるなんて考えられない、と思う人もいるかもしれませんね。
しかし昆虫は、東南アジアやアフリカでは、いまでも広く食べられていますし、日本にもイナゴやハチの幼虫を食べる地域があります。
じつは昆虫を食べる「昆虫食」は、エネルギー問題の観点からもとても注目されています。どうしてでしょうか?

昆虫食のメリット

まず、昆虫を育てる場合には、農場や農地のような広い敷地を必要としません。
そのため、新たに森林を切り開く必要がありません
また、国内に生息する昆虫を食べることにすれば、えさを輸入しなくても済みますし、加工にも特別な設備は必要ありません。
昆虫の温室効果ガス排出量は、家畜の場合の数十分の1から数百分の1に抑えられると推測されています。
固体数が多く成長のスピードが速いこともメリットです。
また、昆虫は高タンパク質でビタミンやミネラルも豊富なので、健康食としてもおおいに期待されています。

画像: 昆虫食のメリット

本稿は『イラスト&図解 知識ゼロでも楽しく読める! エネルギーのしくみ』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。



This article is a sponsored article by
''.