ツインバード工業は、同社が2021年に立ち上げた「感動シンプル」ブランドラインから、コードレススティッククリーナーの新製品として「コードレススティック型クリーナー(TC-E264B)」を発売した。本機は、「TC-E263GY」(2020年11月)のリニューアルモデルで、製品カラーをモノトーンにし、質感をアップさせたモデルとなっている。

ツインバード工業
コードレススティック型クリーナー TC-E264B

●実売価格:2万8800円程度

ツインバード工業は、同社が2021年に立ち上げた「感動シンプル」ブランドラインから、コードレススティッククリーナーの新製品として「コードレススティック型クリーナー(TC-E264B)」を発売した。本機は、「TC-E263GY」(2020年11月)のリニューアルモデルで、製品カラーをモノトーンにし、質感をアップさせたモデルとなっている。

画像: ツインバード工業 コードレススティック型クリーナー TC-E264B

1.4kgの軽量ボディと自走式のヘッドにより、軽い力でも前に進み、掃除の負担を軽減してくれる。また、独自の関節ジョイント構造とボールキャスターを搭載したヘッドにより、小回りの利く動きを可能とし、フルフラットにもなることから、ベッドやソファーの下など、これまで掃除がしずらかった場所の掃除も便利におこなえるようになっている。

画像: 独自のヘッドにより、小回りの利く動きが可能になっている。

独自のヘッドにより、小回りの利く動きが可能になっている。

使い捨てのダストパック式を採用しており、微細な粉末を99.6%キャッチする不織布素材を使用しているから、クリーンな排気を実現している。また、ワンタッチでゴミ捨てが可能な「ラクステ」機能の搭載により、ホコリが舞い散りやすいゴミ捨て時も、ホコリの舞い散りを抑えることが可能となっている。

画像: ダストパックには、微細な粉末を99.6%キャッチする不織布素材を採用している。

ダストパックには、微細な粉末を99.6%キャッチする不織布素材を採用している。

ゴミを検知すると自動でパワーアップする「ゴミセンサー」を搭載。ハンドル部分のLEDライトが赤く光って知らせてくれるため、ソファーの奥など見えない場所のゴミもしっかりと掃除することができる。最大70Wの吸引力と、パワーブラシを強力回転させることでゴミを掻き出し、マットについた髪の毛などの小さなゴミも残さず吸い取ってくれる。

画像: ゴミを検知すると自動でパワーがアップし、マットについた小さなゴミも掻き出しながら吸い取ってくれる。

ゴミを検知すると自動でパワーがアップし、マットについた小さなゴミも掻き出しながら吸い取ってくれる。

本体は、充電時間約2.5時間で、標準モードなら約30分、強モードでも約7分の連続使用が可能となっている。

本体サイズは、(約)幅235mm、奥行き135mm、高さは1050mm、重さは、1.4kg(本体+延長管+パワーブラシ)。集じん方式はダストパック式で、本機を購入するとダストパックが13枚付属する。本体カラーは、ブラックのみ。

◆ツインバード工業:「コードレススティック型クリーナー TC-E264B」 の公式サイト



This article is a sponsored article by
''.