認知症の後期は、意思疎通がむずかしくなってきます。家族の顔がわからなくなり、話しかけても返事が返ってこないなど、コミュニケーションが取りづらくなります。基本的な生活動作も徐々にできなくなり、最終的には寝たきりになります。家族にとって認知症の後期は「在宅介護の限界をどこに置くか」という判断を迫られる時期でもあります。認知症後期について、著者で認知症心理学専門家・大阪大学名誉教授の佐藤眞一さんに解説していただきました。

解説者のプロフィール

佐藤眞一(さとう・しんいち)

1956年東京生まれ。大阪大学名誉教授。大阪府社会福祉事業団特別顧問。博士(医学)。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学後、1999年に埼玉医科大学より博士号授与。明治学院大学心理学部教授、マックスプランク研究所上級客員研究員などを経て、2009年に大阪大学教授に就任し、2022年に定年退職。著書・共著は『認知症の人の心の中はどうなっているのか?』(光文社新書)、『認知症「不可解な行動」には理由がある』(SBクリエイティブ)、『マンガ 認知症』(ちくま新書)、『認知症plusコミュニケーション 怒らない・否定しない・共感する』(日本看護協会出版会)、『心理老年学と臨床死生学』(ミネルヴァ書房)など多数。

本稿は『〇×マンガで対応策がすぐわかる 身近な人が認知症になったら』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

イラスト/ねこまき(ミューズワーク)

認知症後期は、家族の顔がわからなくなり鏡に話しかけたりします

画像: 認知症後期は、家族の顔がわからなくなり鏡に話しかけたりします

顔全体を把握できず、相手が誰なのか認識できません

人物の見当識障害が進むと、毎日接している家族の顔もわからなくなることがあり、これを「失認」といいます。
目や鼻など顔の断片は認識できるものの、顔全体をまとめて捉えることができないのが原因で、相手が誰なのか認識できなくなってしまいます。

ほかに鏡に向かって話しかける「鏡現象」という症状が現れることもあります。
目の前の鏡に自分が映っても、本人のなかでは若いころの自分に戻っているため、鏡に映った高齢者が自分であると考えません。
また、一般の人なら背景に連続性がないことから鏡と鏡以外を正確に認識しますが、認知症の人は目に見える情報を断片的にしか処理できないため、それが鏡であることに気づきません。
そのため、誰かが近づいてくると思って鏡に話しかけたり、物を渡そうとしたりします。

どうする?失認

本人の世界に合わせてコミュニケーションを

鏡現象が起きると、周囲の人は気味悪く感じ、「鏡を隠したほうがいいのか」と悩んだりします。
しかし、本人が機嫌よく鏡と話しているようであれば、あえて隠す必要はありません。
むしろ本人のなかにコミュニケーション力が残っている証ですので、いい話し相手ができたと考えてはいかがでしょうか。

家族を認識できず、娘を「お母さん」と呼んだりする場合も否定せず、本人の世界に合わせてお母さんを演じることをおすすめします。
切ない気持ちになりますが、認知症の後期になると残された時間はそう長くありません。
健康なときとは様子が違いますが、家族の絆を改めて感じる機会にもなります。

画像: 本人の世界に合わせてコミュニケーションを

鏡を布などで隠す家庭もありますが、神経質になる必要はない。ただし、鏡を見ると怒りだしたり、攻撃的になったりする場合は隠すほうがいい。

本稿は『〇×マンガで対応策がすぐわかる 身近な人が認知症になったら』(西東社)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。



This article is a sponsored article by
''.