「働く人の相棒コーヒー」としておなじみの、サントリー「BOSS(ボス)」は、今年で30周年を迎えるそうです。発売は1992年。初代のBOSSは、外回りの営業マン、タクシーやトラックのドライバー、職人さん達が仕事の合間に一服する時の「相棒」として発売されたのだとか。「そう言えばよく飲んでたなー」と懐かしい人も多いのでは。そこで気になってくるのが、「あの頃よく飲んでいたドリンク」たちの、現在の姿。ロングセラーたちの今を調べてみました。

B O S S

多様な働き方や価値観に合わせ「クラフトボス」も進化!

今年30周年のBOSS。缶コーヒーはもちろん健在ですが、2017年には「現代の働く人を快適にする新しい相棒」として「クラフトボス」を発売。すっきりとした味わいとスタイリッシュなボトルデザインで、ペットボトルコーヒーという新たな市場を開拓しました。最近はコーヒーだけではなく、フルーツティーや抹茶オレなどバリエーションも豊富に。現在は、30年で培ったクラフトマンシップを集結したという、「クラフトボス オールドブラック」「クラフトボス メローラテ」が発売しています。

画像: www.suntory.co.jp
www.suntory.co.jp

オロナミンC

現在は「オロポ」がサウナーの定番ドリンクに!

「元気ハツラツ!」でおなじみのオロナミンCは、1965年に発売。おいしい炭酸栄養ドリンクを追求して誕生したこの商品は、今もほとんど変わらないボトルデザインで今も健在です。最近では、このオロナミンCでポカリスエットを割った飲み物、「オロポ」がサウナ愛好者の間で人気に。新しい飲み方で進化を遂げていました。

画像: www.otsuka.co.jp
www.otsuka.co.jp

リゲイン

「24時間戦えますか」から「若々しさを保つ」に進化!

1988年の誕生以来、ビジネスパーソンをはじめ、“元気に頑張る人”をサポートしてきたリゲイン。「Re(再び)+gain(獲得する)」、または「Regain(取り戻す)」という意味があり、疲れた身体に再びパワーを与える、という意味が込められているそうです。「24時間戦えますか」のキャッチコピーは、1989年の流行語大賞「銅賞」も受賞しました。そして時代の変化、ライフスタイルの変化から、2019年に生まれたのが「リゲイン トリプルフォース」。再び元気になる、「若々しさを保つ」という新たなブランドコンセプトのもと、エイジングケアをサポートする製品へと進化していました。

画像: regain-suppli.jp
regain-suppli.jp

眠眠打破(みんみんだは)

現在は「デジタルに打ち勝ちたい人」も応援!

「ロードサイドでリフレッシュしているドライバー達の応援ができないか」と考え、コンビニでも手に入る「清涼飲料水」として、1997年に誕生したのが眠眠打破。ロングドライブの時や、ここぞの時に飲んでいた人も多いのでは? 2022年7月に発売された「眠眠炭酸 パープルミッション」では、「デジタルに打ち勝て!」がキーワード。ポップなデザインとともに、ゲームやプログラミング、SNS…現在はデジタルに打ち勝ちたい人の応援もしていました。

画像: minmin.tv
minmin.tv

いかがでしたでしょうか? ちょっと一息つきたい時、まだまだ頑張りたい時…そばにいてくれたロングセラードリンクたちは、それぞれに独自の進化を遂げていました。最近飲んでいなかったなーという人も、今の気分にフィットするものに出会えるはず。ぜひ色々と試してみてはいかがでしょうか。



This article is a sponsored article by
''.