大石アンドアソシエイツは、Cores(コレス)ブランドより、ポータブルサイズのコーヒーグラインダーとして「充電式ポータブルコーヒーグラインダー C350」を発売する。本機は、充電式のコーヒーグラインダーで、携帯性に優れ、コーン式ステンレス刃の採用により、挽きムラが少なく、トリップに最適な粒度に仕上げることができるモデルとなっている。

Cores
充電式ポータブルコーヒーグラインダー C350

●予定販売価格:1万7600円

大石アンドアソシエイツは、Cores(コレス)ブランドより、ポータブルサイズのコーヒーグラインダーとして「充電式ポータブルコーヒーグラインダー C350」を発売する。

画像1: Cores 充電式ポータブルコーヒーグラインダー C350

本機は、充電式のコーヒーグラインダーで、携帯性に優れ、コーン式ステンレス刃の採用により、挽きムラが少なく、トリップに最適な粒度に仕上げることができるモデルとなっている。

画像: コーン式の刃で挽くと、フラット式に比べて粒度にムラがなく、ドリップに最適な粒度に仕上げられる。

コーン式の刃で挽くと、フラット式に比べて粒度にムラがなく、ドリップに最適な粒度に仕上げられる。

本体は、伸縮式になっており、伸ばしたら後はスイッチを入れるだけと、とてもシンプルで簡単な操作で、コーヒー豆を挽くことができる。コーヒー豆の風味を失わないため、スペシャリティコーヒーに最適となっている。

画像2: Cores 充電式ポータブルコーヒーグラインダー C350

挽き目調節は、エスプレッソ用からドリップ用まで、メモリ調整で6段階から調節が可能となっており、好みに合わせて、調節して挽くことができる。

画像: メモリ調節で6段階から調節がかのうとなっている。

メモリ調節で6段階から調節がかのうとなっている。

別売のシングルカップ用ゴールドフィルター「C211」シリーズの上で使用すれば、挽いたコーヒー粉を直接フィルターに入れることもできる。

画像: 「C211」シリーズの上で使用すれば、挽いたコーヒー粉を直接フィルターに入れることができる。

「C211」シリーズの上で使用すれば、挽いたコーヒー粉を直接フィルターに入れることができる。

本機は、USB Type-Cでで充電して使用する充電式で、2~3時間程度でフ充電の状態になる。フル充電では、連続約20~30回程度の使用が可能だから、屋外に持ち出しても十分に使用できる。

使用後は、付属の掃除用ブラシを使って行う。グラインディング部分は、直下式構造になっているため、お手入れもとても簡単に行える。

画像: 付属のブラシでお手入れも簡単に行える。

付属のブラシでお手入れも簡単に行える。

本体サイズは、(約)幅60mm、奥行き60mm、高さ160mm、重さは、約450g。コーヒー豆の容量は20g。携帯用のポーチとUSB Type-Cケーブル、掃除用ブラシが付属する。

◆大石アンドアソシエイツ:「Cores コーヒー」 の公式サイト

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.