【箱根の新名所・はこにわオープン】箱根ドールハウス美術館がリニューアル!宿泊や大人も子供も楽しめる施設に

暮らし・生活・ペット

株式会社ピエロタが運営する箱根ドールハウス美術館を含む広大な約9,500平米の敷地が、ミュージアム・パーク【はこにわ】として新たに生まれ変わります。

ミュージアムパーク【はこにわ】とは

コンセプトは~子供と一緒にコドモになれる場所~

【はこにわ 】の前進となる《箱根ドールハウス美術館》は、2016年夏に箱根町の歴史ある温泉地・芦之湯にオープン。

prtimes.jp

日本では、“子供の玩具”というイメージが強いドールハウスですが、本家の海外では大人が趣味の領域を超え、本気になって取り組むミニチュアの美術工芸品*です。

箱根・小田原ゆかりの童謡作家、北原白秋の「子供に還ることです。子供に還らなければ、何一つこの忝い(かたじけない)大自然のいのちの流をほんたうにわかる筈はありません。」という言葉のように、ドールハウスの世界を通して「子供と一緒にコドモになれる」、遊んで学べる場所を作りたい!と考え、まるでおもちゃ箱のような世界を箱根の地につくり上げました。

施設全体イメージイラスト

prtimes.jp

大人も乗れる乗り物と大人数で泊まれる宿泊施設を新たに増設

そしてこのたび美術館に加え、“大人も乗れる ”乗り物と“大人数で泊まれる ”宿泊施設を新たに増設。

広々とした自然を生かし、外庭に敷いた線路の上にはミニSL列車を走らせ、さらに公道走行可能なミニカー での周遊も楽しめるようになりました。

また美術館鑑賞にじっくり時間をかけたい人には、アート空間にグループで滞在できる一棟貸しコンドミニアム《はこヴィラ 》がお薦め。家族や友人たちと余韻に浸りつつ、別荘感覚でゆったりと過ごすことができます。

ミュージアムパーク【はこにわ】概要

施設名:はこにわ
箱根ドールハウス美術館
電話:0460-85-1321
住所:神奈川県足柄下郡箱根町芦ノ湯84-55
アクセス:小田原・箱根湯本駅より元箱根行きバス下車すぐ
営業時間:10:00~17:30 (11〜3月は17:00まで)※最終入館30分前
定休日:火曜日(祝日は営業)※8月は無休
座席数:45席 テラス席 30席
駐車場:45台(施設利用者無料)※大型バス可
URL:http://hakonedollhouse.jp
※はこにわ専用サイト4月中旬オープン予定

大人も乗れる!箱根の自然の中で憧れのミニクラシックカーやミニSL列車

【はこにわ 】の施設内、美術館の外庭に広がる、池のある散歩道〈ノームの森 〉。自然豊かなその場所に増設された開放感のある〈駅舎テラス〉とイベントの実施が可能な〈停車場ステージ 〉の脇に、子供から大人まで乗れるミニ機関車《SLピクシー号 》が運行します。

prtimes.jp

さらに、憧れの名車・ACコブラを複製したクラシック・ミニオープンカー 2台と、3輪スポーツカー・ウォンイット(二人乗り可)などのレンタルも可能となり、芦ノ湖など箱根の名所をドライヴ することができます。

prtimes.jp

prtimes.jp

完全貸切!箱根のアート空間を満喫できる一棟貸し宿泊施設「はこヴィラ」

「箱根ドールハウス美術館」の裏手にひっそりと佇む完全貸切の一棟貸し宿泊施設「はこヴィラ」では、約50平米のお部屋でプライベートな時間を過ごすことができます。

最大で5名まで宿泊することができ、自炊可能なキッチン (食器・調理器具付)や洗濯機などの家電も完備したコンドミニアム・タイプの客室内には、東京都中央区銀座で40年以上の歴史を持つ牧神画廊オーナーのセレクトした絵画作品(購入可)が飾られています。

prtimes.jp

prtimes.jp

prtimes.jp

館長が20年以上渡って世界中を駆け巡り収集した、世界二大コレクション と呼ばれる“ヴィヴィアン・グリーンコレクション (イギリス)”や“モッツ・ミニチュアコレクション (アメリカ)”をはじめ、アンティークから現代作家のものに至る世界各国100以上のドールハウス を展観しています。

prtimes.jp

今回の企画展昭和の家と懐かしの国産名車 』(会期:2023年4月26日〜2024年1月15日 )では、1/43スケールのミニチュアカーとともに古き良き昭和の時代を彷彿とさせるドールハウスを展観。

ほか数々のミニチュア・グッズが並ぶミュージアム・ショップ軽食を楽しめるカフェcha cha 』、そしてハリー・ポッターに登場する「ホグワーツ特急」や、アルプスを縦断するスイスのパノラマ列車「ベルニナ急行」のミニチュア鉄道模型が走るジオラマウンテン 』など、内容はそのままに進化した姿をご披露します。

prtimes.

◉料金

prtimes.jp

はこにわ入場料金 (箱根ドールハウス美術館入館料)】
大人1800円、学生(中高大)1,500円、小学生1,200円、小学生未満無料
※はこにわ施設全てご利用いただけます(箱根ドールハウス美術館の鑑賞料、SL列車利用料を含む)
※団体客は大人1,500円、学生(中高大)1,200円、小学生900円
※障害者手帳をお持ちの方、および同伴者1名まで半額
※宿泊者の方は1泊につき2名様分のチケットで宿泊日は何度でも入館可能。

ミニ機関車 (SLピクシー号)乗車料金 】:大人300円、小学生以下100円(※一往復の料金)
はこにわ入場料および箱根ドールハウス美術館を利用されている方は無料

ミニカーレンタル料金 (税込)】
(1)ミニコブラRED (AT車 / 1人乗)(2)ミニコブラBLUE (AT車 / 1人乗)
(3)3輪スポーツカー・ウォンイット (MT車/2人乗)
2時間プラン 】:6,500円(1台)/ 12,000円(2台)
貸出時間:10:00〜12:00 / 12:30〜14:30 / 15:00〜17:30
5時間プラン 】:15,000円(1台)/ 28,000円(2台)
貸出時間:10:00〜13:00 / 13:30〜17:30
※別途お客様保険料500円 / 1台と燃料費を一律いただきます。(2時間プラン:+1,000円、5時間プラン:+2,000円)

はこヴィラ宿泊料金 (税込)】
※一棟丸ごと貸しオープン特別価格
土日祝日:75,000円〜 / 平日:52,000円〜 ※はこにわチケット2名様分付き (宿泊期間有効)

駐車料金 】:無料 (施設利用者のみ)※駐車場利用のみ:普通車 1,000円 / 大型バス 3,000円

【その他 特記事項】
※年末年始(12月31〜1月3日休館 ※駅伝による臨時開館あり)
※展示替えのために臨時休館あり
※施設内・テラスへの他店飲食持ち込みはご遠慮ください
※カフェ・ショップの利用可(無料)
※全館禁煙

暮らし・生活・ペット子供
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース